兼業主夫・主婦のための簡単料理

朝晩は冷えますね。体を冷やさないようにしたいです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

一個で10cm以上の長さのある餃子です。包むのが楽なのと大きいので包む回数も少なくて済みます。一人前は1個か2個で十分の大きさです。生焼けにならないように時間をかけてゆっくり焼くのがコツですが軽く焼いたものを電子レンジにかけるというのも時間が無いときの一つの手です。

食材:6個
(皮)
1、小麦粉(強力1:薄力1)200g
2、塩少々
3、サラダ油小さじ1

(具)
1、豚肉200g
2、葱少々
3、生姜(チューブ入りでOK)少々
4、玉ねぎ1/4
5、舞茸1/5
6、キャベツ1、2枚
7、酒少々
8、塩、胡椒少々
9、醤油大匙1くらい
10、片栗粉小さじ1

レシピ
1、水を入れる前に生地素材全てボールに入れてよくかき混ぜる。
2、水を徐々に入れて捏ねる。耳たぶより柔らかいくらい。
3、100回捏ねる。柔らかいので捏ねるのが楽。
4、打ち粉(小麦粉または上新粉)をして生地を6-8等分してこれらを丸める。更にこれらを打ち粉をしたまな板の上で丸く伸ばす。麺棒またはスリコギを使うと楽。大体手のひら大の大きさにする。かなり大きい。
5、中に入れる具材作り。葱、玉ねぎ、舞茸を全てみじん切りにする。クッキングカッターがあれば楽チンだが今回は包丁で。
6、キャベツをお皿に載せて電子レンジで2分熱処理。これを冷ましてみじん切りにして水分を絞る。
7、上記食材全てを別ボールに入れてかき混ぜる。かき混ぜるほど弾力がでて美味しくなるが10分もやればOK。
8、上記4で作った皮と同じ数に等分して具を皮に包んでゆく。
9、油を引いたフライパンに火を入れて煙が出てきたら火を弱火にして餃子を並べてゆく。
10、狐色の焦げ目が付いたら餃子の高さの半分くらまで水を入れて蓋をする。 強火で焼くこと約20分。水が減ってきたら弱火にして焦がさないように注意。水がなくなったところで火を止めて盛り付ける。完成。

手抜き度評価(◎:楽ちん、○:まあよい、△:ちょっとイラつく、×:やってられない)
食材準備:○
下ごしらえ:△
調理:○
盛り付け:○
後片付け:○
料理レベル評価 B または D (A:朝食、B:昼食またはおやつ、D:晩御飯)

メモ:餃子の名店、東京八重洲泰興楼や銀座天龍に負けない感じの出来栄えになります。手作りの皮にするだけでいつもの餃子がグレードアップします。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事