兼業主夫・主婦のための簡単料理

朝晩は冷えますね。体を冷やさないようにしたいです。

魚介(普通)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

白菜トマトスープ

イメージ 1
白菜と魚介とトマトジュースを煮てコンソメで味を調えて完成。
 

メカジキのフライ

イメージ 1
           メカジキをさっくり揚げたフライです。中がふんわりしていて最高です。
【食材】
メカジキ切り身2枚
玉子1個
小麦粉適量
塩少々
胡椒少々
パン粉適量
揚げ油適量
【レシピ】
1、メカジキの切り身両面に塩と胡椒を振る。
2、小麦粉を全面にまぶす。
3、玉子を溶いてこれに切り身全体をくぐらせる。
4、パン粉をまんべんなくつける。
5、揚げ油を中華鍋等に満たして温める。
6、パン粉を落としてさっと泡立つくらいになったら入れて揚げる。
7、紙を敷いたお皿に取り分けてソースなどで頂く。
【ポイント】
中火で焦がさないように。全体がきつね色になって揚げあがりの音は
パチパチ言いますのですぐわかります。
揚がったら、金網などを載せたバットなどでしばらく3分—5分くらい放置します。
余熱で芯まで熱を通します。

ムロアジの刺身

 
イメージ 1
刺身の中でも最高の旨みを持つ部類のムロアジの刺身です。あまりにも鮮度落ちが早いため今まで自宅で作ることが困難でしたが出来るようになりましたのでご紹介します。
【食材】 (4人分)
大型(40cmくらい)のムロアジ1本
【調達】
1、まずは離島で釣るか購入する。たまに熱海辺りの港にも出ていることがある。
2、クーラーボックスがあれば問題ないが普通は無いので宿で冷蔵庫保管(最長1日、つまり帰りの前の日に調達出来た物であればOK。)
3、出発間際1時間前に冷凍庫へ移動。表面を冷凍。
4、取り出して新聞でぐるぐる巻きにしてビニールに入れる。更にカチカチに凍らせた500ccペットボトルを
再びビニール袋に一緒に入れて縛る。
5、リュック等に入れて、周りを衣類等で覆う。
6、自宅に戻り、ペットボトルの水が冷たければ成功。温かったら刺身は諦める。
7、直ぐに冷蔵。料理を待つ。
レシピ】
1、腹を割いて頭を落として内蔵を抜く。
2、冷水で内蔵を洗って落す。
3、三枚に卸す。
4、まな板をよく洗って乾いた手ぬぐいで拭き表面の水分を取り去ったら皮を下にして身をおいて
包丁の背を皮と身の間に入れてまな板と包丁が垂直になるように滑らせるようにして頭から尾にかけて皮を引く。
7、血合い骨を取って、一口サイズに切り分けてお好みに並べて完成。
【仕込みと後片付けのコツ】
■調理
身が柔らかいので冷たい内に捌きます。温まると身が崩れます。
後片付け
特になし。
メモ:島唐辛子で頂くのが一般的ですが私はわさびでも頂きます。とにかく鮮度落ちが早いので旨いムロを食べるためには努力が要ります。いくらお金を出しても東京では中々味わえない一品です。自分で料理が難しいという方でも、もし、信用の高い店で鮮度の良いものがあったら是非ご賞味下さい。関鯵などが裸足で逃げ出す旨さです。一食の価値あること請け合いです。

鰯の刺身漁師風

イメージ 1
今年の鰯は大きくて美味しいですね。というわけで造って見ました。美味しかったですよ。
【食材】 (4人分)
大型のマイワシ4本
レシピ】
1、腹を割いて頭を落として内蔵を抜く。
2、冷水で内蔵を洗って落す。
3、三枚に卸す。
4、まな板をよく洗って乾いた手ぬぐいで拭き表面の水分を取り去ったら皮を下にして身をおいて
包丁の背を皮と身の間に入れてまな板と包丁が垂直になるように滑らせるようにして頭から尾にかけて皮を引く。
7、一口サイズに切り分けてお好みに並べて完成。
【仕込みと後片付けのコツ】
■調理
身が柔らかいので冷たい内に捌きます。温まると身が崩れます。
後片付け
特になし。
メモ:生姜醤油で頂くのが一般的ですが私はわさびや唐辛子などでも頂きます。

絶品−ハギの刺し身

イメージ 1
これもまた寒い時期に作ったかなり前のお刺し身レシピです。刺し身は手早さと丁寧な扱いがポイントです。
【食材】 (4人分)
大型のハギ(ウスバハギ、ウマズラハギなど)
レシピ】
1、大型のハギの頭を落とし、内蔵を綺麗にとってからよく冷水で洗う。
2、外皮を剥く。ハギ系は手で力づくで簡単に剥ける。ヒレも鋏などで切っておく。
3、冷水でよく洗い、乾いた手ぬぐいで水分をふき取った後に三枚におろす。
4、身をペーパータオル等に巻いて冷蔵庫で半日ほど寝かせる。(ラップはしない)
5、魚の薄皮表面が乾いていればOK。
6、まな板をよく洗って乾いた手ぬぐいで拭き表面の水分を取り去ったら薄皮のついている外側をまな板に貼り付けるように置き、薄皮を残してそぎ取るように身を切ってゆく。
7、お好みに並べて完成。
【仕込みと後片付けのコツ】
■調理
薄く切って並べれば河豚刺しのようです。味は河豚を凌ぐと言われています。
後片付け
特になし。
【メモ】 蛇足ですが河豚が美味しいのは魚の旨みもありますがそれ以上に専門家が調理し、魚の扱いが丁寧なためです。ハギを同様の料理人が調理すれば驚く美味しさになります。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事