全体表示

[ リスト ]

オークションで入手した方には無線LANカードが入っていたが・・・
イメージ 1
しかし以前から使用しているPCにはことごとく無線LANカードが入ってお
らず、せっかく内蔵できるのにUSBタイプを取り付けるのは・・・
と言う事で、上図の様なカードを入手した。
イメージ 2
東芝等は通常品を入れても問題無いのだが、HPは販用品では全く認識
してくれない為に、HP用に販売されている物を利用するしかない。
こちらの無線LANカードには上図の様にHPのスペアパーツであるシール
が貼られているが・・・
イメージ 3
今回はオークションで入手したPCに無線LANカードが入っていた為に、
とりあえず同じ物を用意する為に上図の左下にある型式でHP用の物を
探して入手した。
イメージ 4
無線LANカードはメモリー交換の時に開けたPC本体底面の中央にある
カバーを開けるが、ネジが1本ある為に緩めてからカバーを開ける。
イメージ 5
カバーを開けると上図の様にメモリーカードが見えるが・・・
イメージ 6
本来はメモリーカードの右側に無線LANカードがあるのだが、上図の様に
何も無く幸いにアンテナ線だけは出ている様であった。
アンテナ線は上図の様に黒いテープで固定されている為に、このテープを
剥がしてアンテナ線を使える状態にしておく。
イメージ 7
そしてこのアンテナ線のコネクターを無線LANカードのアンテナコネクター
と接続するが、コネクター同士をまっすぐに合わせて押し込まないと入らず
、軽く左右に回しながら入れると入り易いかも知れない。
またアンテナ線は白と灰の2本があるが、液晶表示器の左右に付いてい
る為に、どちらを接続しても問題は無いだろう。
イメージ 8
そして無線LANカードはメモリーと同様な取り付け方法で取り付けるが、
上図の様にコネクターに対して斜めに挿し込んでから倒す様にする。
イメージ 9
無線LANカードを倒したらネジで固定するが、その前にアンテナ線がはみ
出ない様に上図の様にカバーの下に潜らせる。
イメージ 10
以前、無線LANカードを入手した際には固定ネジが付いて来た時もあった
のだが、今回の物には付属していなかった為に余っていたネジから探して
1本だけで固定してみた。
イメージ 11
あとはWindowsを起動して無線LANカードを認識させてみて、使えない
場合にはドライバーのインストールが必要となる。
イメージ 12
今回のPCではWindowsを起動すると認識してドライバーが組み込まれ
た様で、上図の様にワイヤレスネットワークが接続されていないメッセー
ジが表示された。
イメージ 13
デバイスマネージャを開いてみると上図の様にブロードコムの802.11b/gの
無線LANカードドライバーがインストールされているのがわかるだろう。
イメージ 14
そして上図の様なワイヤレスネットワーク選択画面には現在使用中の無
線LANルータが表示される為に、あとは選択してパスワードを入れるだ
けで接続されて使える様になる。
イメージ 15
そう言えばこのPCには上図の様に無線LANのON/OFFスイッチがあり
、これがONになって青いLEDが点灯していないと無線LANが使えない為
に、もしもこの表示灯が点灯していない時にはボタンを押してONにする。
イメージ 16
この無線LANの表示灯は上図の様に液晶表示器を閉じていても確認で
きる様になっており、ここも点灯するがスイッチではない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事