クラシック音楽、オペラの道を極める!

ウェストファリア条約、じゃなくて、ヴェストファーレン条約って呼ぼうよ、ねえ。

全体表示

[ リスト ]

2013/11/2 インバル都響

2013年11月2日  東京都交響楽団   横浜みなとみらいホール
マーラーツィクルス第Ⅱ期
指揮  エリアフ・インバル
マーラー  交響曲第6番
 
 
 ビックリするような事がいくつもあって異様なコンサートだったが、とにかくインバルのマーラーについて語る。本質と違う所で騒ぎ立てることはとりあえず控える。(何が起こったかを知りたい方は、ネットやツイッターで検索すれば、すぐに見つけられる。)
 
 これまでのチクルス演奏で示してきたとおり、この日の6番の演奏もインバルらしい力強い統率力によって白熱の演奏が繰り広げられた。その巨大さと高揚感は「さすがインバル、まさにインバル」というもの。スケールの大きさという意味では他のどんな演奏も足元に及ばないだろう。完全に別格、孤高、異次元の世界だ。
 それでいて、ただむやみに大きく鳴らしているだけでなく、陰影があって、豊かな叙情性と感傷性が備わっている。狂おしいほどの咆哮の中に突然に現れるメランコリーに、聴いていて何度もゾクゾクした。
 
 こんなことを言ったら「何を大げさな」と笑われるかもしれないが、「インバルによるマーラーの演奏」ではなく、もはや「インバルそのものがマーラー自身」なのではないかとさえ思える。インバルがマーラーを演奏するとき、そこにマーラーが現れてインバルの身体に乗り移っているのではあるまいか。聴こえてくるのはインバルの解釈ではなく、マーラー本人の心情の吐露ではあるまいか。だからこそマーラーの音楽がストレートにダイレクトに我々の心に響くのではないだろうか。
 
 これはインバルに対する最大級の褒め言葉だろう。
 だが、実際彼はこの褒め言葉に相応しい演奏をこれまで何度も何度も披露し、本物であることを証明し続けてきた。だからこそ、熱狂的なマーラーファンが毎度彼のコンサートに集結するわけである。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

3日の公演に行って来ました。インバルはスコアを紐解くかのように、この曲に鏤められた音を出現させました。これこそマーラーという演奏。

ところで、この日の芸劇は客席が水を打ったように静まり返り、咳一つ聞こえてきません。前方の人の体が左右に揺れるほどの地震が発生した時も全く動じることなく、インバル都響の演奏としっかり向かい合っていました。

この日の名演はステージと客席双方の集中力の賜物ですね。

2013/11/4(月) 午前 9:05 [ Bassionist ] 返信する

顔アイコン

Bassionistさま

客席の集中力という意味では、3日の公演が大正解でしたね。
でも、インバルのマーラーは本当にすごい。偉大。

今、普通に彼のマーラーを享受していますけど、将来インバルの演奏を聴けなくなった時、ものすごく喪失感があると思います。その時が来るのが怖いくらいです。

2013/11/4(月) 午前 10:51 [ サンジ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事