たいまつ

体調不調により、ブログをお休みします。

全体表示

[ リスト ]

こころたび




ご無沙汰しています。
 
今日は、久しぶりに小康を得。
それで、少しだけ書いてみようと思い立ちました。
今回の曲とねんごろではない、“不爽やか”な記事ですが(苦笑)。
 
書きたいことがあるようでない気もするし、その逆かもしれない。
仕事量の増加に伴い、8月、9月と、月を追うごとにかつて経験したことがないほどに
体調が悪化してしまい、主体性の伴わない苦役としての労働に翻弄され、
僕としてのあれこれが壊れゆく日々の中で、心の中に留めておくべき多くのものが
あっけなく揮発したことだけは事実だと思う。

 
唐突だけれど、事件・事故、或いは、ゴシップネタなどの即物的事柄を話題にして、
寄生虫のようにそれらにすがり、ものを書くのは易い。
そうではなく、何の事件性もドラマもない至極、個人的で凡庸な身振り手振りを振り返り、
いわば「無」から、普遍に通じる実存的価値のようなものを探り導くことの方が、僕には難しく感じられる。
そうした意識の多くが揮発したものだから、内面の病は身体的な痛みよりも根深く深刻だ。
 
そう思う別の理由は、極論や断定、或いは、強いメッセージ性などから遠ざかるほど、
思考や思想はより分かりにくく相対化して深まって行き、大衆から敬遠されればされるほど、
すなわち、孤絶の淵に立たされるほど、個としての知性はむしろ、輝きを際立たせると確信しているから。
 
それは、「盛り土」や「賭博」を喜々として糾弾するより、或いは自らの体調不良を露骨に嘆くことより、
例えば、気づかぬうちに肩口に張り付いたひとひらの木の葉を、
心寄せる異性に、そっと払ってもらった時の彼や彼女の指先の微細な所作や感触と、
払われた時の自らの心の動きにどこまでもこだわることから生まれてくる、
他と交わることのない分類不可能な個としての自律した感情。
 
或いは、理非曲直を問わない、倫理や道徳に阿らない、体調という身体性に縛られない、
それでいて、別の意味での”身体性”を率直に担保しているがゆえに、容易には揮発しない言葉。
無論、それらは、「写真の撮り方」にも当てはまると思う。
 
だから、痛くてもキツくても、もとめる文に程遠くても、体調不良を言い訳に、
僕自身がまるごと揮発してしまわないよう言い聞かす。
「言葉を吐け!」と。
想い、ではなく、事柄を。微温を帯びたことがらを。
 
 
今日、左患側に片麻痺を抱える利用者さんの買い物援助に入る。
不運にも、呼んだタクシーが、狭隘な路地で立ち往生し、身動きが取れなくなる。
とにかくバックして車の体勢を整えようと、運ちゃんが後ろへアクセルを踏み込むのに合わせ、
僕は車を前から押すが、あいにくそこは急な勾配で、タイヤがスリップしてズルズルと前進し、
僕の身体が、危うく、車と民家の塀の間に挟まれそうになる。
つられて、心身の”余裕のなさ”も、どんどん狭まる。 

様子を見ていたのか、近くで土木作業をしていた屈強な体つきをした二人の若い男性が、
木の葉がふっと離れるような自然な動作で助太刀に入り、僕と三人で車を後ろへと押し返し、
何とかタクシーは息を吹き返した。
「運転のプロか?」と、タクシーの運ちゃんの腕を訝る前に、二人の好青年に軽く会釈する。
正確には、二人の青年の「目」に。
 
ふと、かつてインドの旅で出会った人々の「目」を想う。
「してあげた」が混在しない、人の喜びを共に有しようとする素直な心の働きが、
刹那にせよ、あきらかに二人の眼差しへ映し出されていることが見てとれた。
同時にそれは、「してあげた」と断定していない緩やかなものであるにも関わらず、
「してもらった」ことにどこかで媚びている僕の目つきを真似ない、ないしは、
他者の悲惨さに連帯しない確固としたものを含みもつ、したたかなゆるやかさを伴うものだった。

「彼らの無償が束の間であることも良い」と思った。
言うまでもなく、人の善性は永続しない方がまっとうだから。
 

買い物が済んで帰宅した後、その利用者さんは早速、買ったお肉を鍋に入れてゆで始める。
僕は、沖縄名産の「三枚肉」の香ばしいささやかなかおりに気づけるだけの余裕を取り戻していた。
そして、「ささやかなものがささやかなものを取り戻す」などと簡単にまとめようとしない方が、
二人の純粋な眼差しに近づけるような気がした。
 
ただ、人は、高邁な思想や潔癖な哲学よりも、「おいしい匂い」という肉感的な俗情によってこそ、
案外、「揮発したもの」を取り戻せるのかもしれない。











..::.::.*゜ .+:(*´`*).+:。 ..::.::.*
 
 
こころたび
 
詞:池田綾子
曲:平井真美子
唄:池田綾子
 
..::.::.*゜ .+:(*´`*).+:。 ..::.::.*
 
 
 
 
 
 


 
誰だってあるんだろう
 
こころの奥に
 
宝物の地図 大切な場所へ…
 

イメージ 1

    
 
小さな頃は 毎日が
 
不思議の世界で

 
イメージ 2

    
 
だんだん顔を 変えてゆく雲を
 
追いかけ走った

 
イメージ 3

    
 
手のひらに 揺れる木洩れ日は
 
太陽のかけら

 
イメージ 4

    
 
土の匂いがした
 
それはきっと 宝物

 
イメージ 5

   
 
君だってあるんだろう
 
大切な場所が
 

イメージ 6

    
 
思い出すたびに
 
笑顔になれる

 
イメージ 7

    
 
見つけたいんだ
 
その宝物

 
イメージ 8

   
 
こころが知ってる
 
ぬくもりを

 
イメージ 9

    

 
遠い日の 夕映え


 
イメージ 10

    
 
あのとき 言えなかったことも
 
泣きたかったことも
 

イメージ 11

    
 
みんな 時を越え
 
きょうの笑顔に変わってく
 

イメージ 12

    
 
ゆっくり 行こう
 
思い出は いつもやさしく
 

イメージ 13

    

 
明日へ 続いてる…







イメージ 14

    
 
行ってみたいんだ
 
大切な場所へ
 

イメージ 15

    
 
思い出すたびに
 
笑顔になれる

 
イメージ 16

  
 
探しに行こう
 
その宝物

 
イメージ 17

    
 
輝きつづける
 
その場所を

 
イメージ 18

  
 
もういちど…


 
イメージ 19

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事