岡目八目火山

マグマの挙動を追っていたらしい

全体表示

[ リスト ]

飯山敏道先生の訃報

学会からのメールで15日*に飯山敏道先生が亡くなられたことが伝えられた.
 
日本の実験岩石鉱物科学にとっての父のような方だったと理解している.2004年に日本岩石鉱物鉱床学会から渡辺萬次郎賞を受賞された時の経歴によると,1954年東京大学大学院前期課程を修了され理学部助手になられた.1955年に東京医科歯科大学の助手,助教授を勤められ1959年CNRSで博士課程に入られ1960年博士号取得,CNRS助手,助教授,教授(1970).1976年東大教授,1987年千葉大教授1994年国士舘大学教授,2002年定年退職.
 
私は授業は習わなかったが,1976年にIPODの航海からの帰りにパリに居られた清水のぶ道さんの処へ寄らせてもらった時,Orleanの実験所を飯山先生に見せて頂いた.また1982年に東大で論文博士を受ける時に審査員になって頂き,1986年頃広大でガス圧実験を立ち上げる可能性を考えて千葉大に先生の装置を拝見に行った.お昼になると,コーヒーをマグカップに一杯持っておしゃべりをされ(お昼は食べない),実験は装置を設計する処から始めること,ということを云われ,機械に弱い私は差し当たりガス圧実験の困難さを理解したものだった.
 
飯山先生は,知人の弁によると学生についてなかなか辛辣な見方をしておられ,実験が使い物になる学生とそうでない学生を見分ける,とのことだった.先生が特に実験のセンスに優れていると云っておられたお弟子さんとは「実験地球化学」を出版された.後から考えると,私については一目で実験のセンスがないことを見抜かれたようだった.
 
実験岩石鉱物学だけでなく様々なことに広い興味を持たれていたと思う.「鉱床学概論」も広い視点で書かれていて楽しく読むことができた.一頃JMPSの編集担当をしていた時,最後の英文校閲を飯山先生がされたものが真っ赤になって戻ってきたのを見て編集の大変さを教えられた.小柄でやせておられたが,お会いするといつも余裕のある笑顔でおられたのが思い出される.享年84歳.黙祷.
 
 *学会メールでは14日となっていましたが、実際には15日01時頃との連絡を受けましたので訂正します。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事