ここから本文です
いたたた・・タイ
2016・12/16−100万アクセス突破”皆さま感謝★★★★★★★★★☆

書庫全体表示

記事検索
検索

全579ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


PCが絶不調、朝写真を縮小しようとフォト編集してたらフリーズ❣、電源を切って再開後又フリーズ!!

電切りを続けると初期化してデータ消滅の恐れありと板さんの指示でそのままプール・・昼食で3時間後帰宅すると「重大エラー発生・自動再稼働中」の表示だがさらに1時間経っても完了率0%のまま・・・

再び電切してPCテレビの相撲観戦に切り替えたが、本日の大一番貴景勝×御嶽海戦など1時間中3度もビーっとなってTVもフリーズ!!!!!!!!!!。





イメージ 1

■これじゃあブログもどうなるかわからんが・・明日から奥様来襲!!!ゆえとりあえず本日はヒマ。

先ずは今朝ひさびさの朝焼けに隣りのシェフ氏のカメラでパチっと☆しかし家を出るのが3分遅れ一番鮮明な朝焼は田んぼに着く前に変貌・・金雲を遮断する黒帯が少しボヤケてしまった。

写真はもう一枚あって・・3日前に台所前のジャングルの大木が倒木、先ほど撮ったのだが、フォトで写真縮小中に又マタマタフリーズ・・掲載は不可となった。




イメージ 2

おおそうじゃ・・朝食で食った「シシャモのトムヤム煮」の写真が・・美味かったので記念撮影。

トムヤム煮については以前「味の素クノール社のトムヤムゴーン」を知って以来タイ料理が増え、シシャモのトムヤム煮は10回くらい作ったが、このごろ漸く私の味になってきた。

トムヤムスープはトムヤムゴーンとタイハーブセット✚ニンニク・ホムデン(赤玉葱)・唐辛子など多くの香辛料を使うスープ煮だが、エビのトムヤムクンに代表されるように魚料理には不可欠である。

特に新鮮な海産魚に乏しいチェンマイでは雷魚やナマズなどの川魚が中心だが、トムヤムは川魚の臭み取りには不可欠で、加えて多種類のハーブ類が絶妙の香ばしさを添加している。

シシャモは海産魚だが冷凍のキロ200円ほどの安物で、以前は摺り生姜と酒・醤油漬け煮であったが、トムヤム煮以来完全にコチラが主役で無論Pも喜んで食べている。


ところでPだが・明日は奥様とのご対面で眠れないと戦々恐々・・

「コンバンワ・ハジメマシテPデス・ドウゾヨロシクオネガイシマス」の挨拶を何度も繰り返していた。




























ちゃんちゃん

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

わがジャングルアパートに新人女優がデビュー!したのでご紹介致しましょう。

新顔は・そうです鼻ぺちゃだけどお目目パッチリ美人のブルドッグちゃん−生後8ヶ月のお嬢さまです。(なお、カメラはお隣のシェフさんに借りたものです)
 
名前はなんとナムニャ〜オ(น้ำเงี้ยว・・猫を踏んづけたような変な名前ですが、その意味を聞いてさらにビックリ!!!




イメージ 2■カノムジーンと言う日本のそうめんに似た北タイ独自の米麺を使った辛口のスープ料理名がナムニャ〜オ(左写真)でありました。

すなわちブルドッグの飼い主(タイ人若夫婦)は、愛犬の名前に地元ラーメン料理の名前を付けていたのでした。







イメージ 3

■んでナムニャ~オだけで終わってもナンなので、ブルドッグについてググってみると面白い特徴が幾つもあった。

語源のブルは雄牛(Bullの意で、18世紀頃のイギリスでは牛と犬を戦わせる見世物が流行、ブルドッグは雄牛と戦わせるために開発された闘犬の品種だったところから命名されたようである。





イメージ 4■しかし、1835年に動物虐待禁止法の成立後は動物虐待のブラッドスポーツはすべて禁止され、

ブルドッグは闘犬としての獰猛な性格は除去され、温厚かつおとなしい愛玩用種に改良されたのである。



ちなみにジャングル荘のナムニャ〜オ嬢も、大家さん(右写真)の愛犬だった凶暴な噛みつき犬リンリーとは全く対照的な優しい犬で、

オッサンを見ると“なむにゃ〜お♪”とすり寄ってくるのがなんとも可愛く、来荘当日から人気ナンバーワンペットの地位を確立したのである。







イメージ 5

■ところでブルドッグの特徴である大きな頭と飛び出した眼、低い鼻などの顔つきや体型は、愛玩用として改良されていく過程で形成されたもので、闘犬時代の旧ブルドッグの姿とは全く異なる犬だったようである。

特に頭が異常に大きくなったため、胎児の頭部や肩幅に比べて雌の骨盤が小さくて自然分娩はほぼ不可能となり、今日では病院での帝王切開による出産が不可欠となっているようである。






イメージ 6

■また、鼻が極度に短いため体温調節が苦手であり、涼しい場所で飼わなければならない。したがって夏季や熱帯での飼育は冷房が不可欠で、暑さに弱いブルドックの航空機貨物輸送を断る会社も多いようである。

ちなみに日航は20077月よりブルドックの航空機積み込みを中止、ANAも同様国際線受け入れ中止としたほか、2014年以降は国内線も69月までの夏季受け入れを中止している。



要すればブルドッグは人間が勝手に作り替えた脆弱でお金のかかる人造犬だったということなんだね、

・・・んでナムニャ〜オ嬢ち日当たりの良い角部屋なんだけど大丈夫かナ???。








イメージ 7■最後にブロ友の「飛べ飛べみみとごろ」さんより、”パグを空輸したら死んだという話が・"のコメントがあった。

はて「パグ」とはなんだろ?と調べてみると、私がブルドッグと決めつけていた犬は実はブルドッグではなく「パグ」だったということが判明した。

パグは一見ブルドッグと似ているが、中国原産の体重は6〜8㎏とブルドッグ(同23〜26㎏)の3〜4分の1の小型犬で、眉間の深い縦皺と鼻や口の周りの黒いことが大きな特徴である。

上の写真はパグとブルドッグを比較したものであるが、明らかにナムニャオちゃんはブルドッグではなく「パグ」であると判定した次第である。

「飛べ飛べみみとごろ」さん有難うございました。




























ちゃんちゃん
 

この記事に

開くトラックバック(1)[NEW]

イメージ 1                          クリック拡大可
先日変ったWindows10の壁紙(上写真)を見て目を見張った。

オッ!!!なんじゃ・・この総天然色というか極彩色というか・奇怪奇天烈な画像は???。

未知の熱帯植物の花のズーム画像?それともコンピューターグラフィックで作成したバーチャル画像だろうか???

先ほど来たPに見せるとメンカプン(แมงกะพรุน=クラゲ)じゃないのか?・・だと!。


イメージ 2■否!Windows10の壁紙は風景写真が大半だ?

ツーことはひょっとしてこれは航空写真では?と画像URLをクリックすると、

インド洋に面するオーストラリア北部のケンブリッジベイ(湾)の空撮画像であることが判明した。




イメージ 3
■ケンブリッジ湾を地図で確認すると、西オーストラリア州北東部、キンバリー地方にあって、

インド洋に注ぐオード川など複数の河川下流部が沈水して形成された奥行き50㎞ほどの三角江状の湾入である。

オレンジで囲った四角形が航空写真の領域であるが、それにしても極楽カラーというかなんとも美しくもシュールで、不思議な航空写真である。

類推するに濃い青色は海面のやや深い部分で、岸に近い白や黄色の部分は泥質の干潟と見られ、上流部に見られる赤い細流は鉄分の濃い部分ではないだろうか。

そして河川周辺の濃い緑色はマングローブの繁茂する塩性湿原で、背後の黄緑色の部分は小高い台地を彩るブッシュ(荒蕪地)であり、乾季には灰色の砂漠と化すはずである。

               +

オーストラリアの北部一帯は20世紀までは大半が人跡未踏の荒地として放棄され、このキンバリー地方も同様だったが、

19世紀末には一時ゴールドラッシュが出現、1886年にウィンダムの町が建設されたが、ゴールドラッシュ後は衰退した。

しかし、第二次大戦後近郊のダイヤモンド開発で脚光を浴びて廃墟を免れ、今後は原始の大自然をバックにしたリゾート観光開発が期待されている。





イメージ 4


■しかし、ケンブリッジ湾一帯には「人喰いワニ」の異名を持つ獰猛な塩性クロコダイルの最大の棲息地(写真)であり、海でのダイビング・シュノーケリングは一切禁止され、まさに「ワニのパラダイスベイ」となっているのである。

したがって観光開発にはワニ駆除が不可欠だが、人間の海浜リゾートは他にいくらでもある「ワニの楽園リゾート」があってもイイじゃないかという原住民アボリジンの声もある。

なお、今日のキンバリー地方観光の中心は、1960年にオード川灌漑プロジェクトの本拠地となったカナナラで、豊富な水を活用した人工オアシス都市が形成され、北部オーストラリア観光の一拠点となっている。



































ちゃんちゃん

この記事に

開くトラックバック(1)


1029に「コメントをしばらく承認制にしますとしたが、その後収束した様子なので11月からコメントフリー制に戻したが、本日再びK氏より匿名コメを含め3本のコメあり・・内容は全て見ないで消去したが、今後とも煩わしく「コメ承認制」を復活いたしましたので、皆様どうぞよろしく。

■さて先日U-NEXT詐欺にヤラレタ!!!という記事を書いたが、要は私の知らない間に動画配信サイト「ユーネクスト」と契約、動画配信無しのまま20172月より201810月までの20ヶ月間、私が使用していないクレジットカードで毎月2149円が天引きされ、計42980円の詐欺に遭ったことを紹介した。

皆さんは何たるドアホのオッサンだろうと呆れた人が大半だったと思われるが、つい2日前ほぼ同じ手口の詐欺に再び引っ掛かりそうになったので体験談をご紹介します。




イメージ 1■それが左写真の「日本が国債破綻しない 24の理由」という当節気鋭の経済ジャーナリスト三橋貴明のレポートで、皆さんもネット広告で見た人は多いのでは???。

安倍ちゃんと会食したという胡散臭さもあるが、経済オンチのオッサンとしては興味ある内容で、しかも定価3800円の本が今なら100円でOKカップという見出しに惹かれたのである。

でオッサン100円なら安いお得だと早速ネット購入手続き・・メールアドレスと東京自宅の住所・電話・生年月日およびクレジットカード番号を記入して送信した。

「お買い上げありがとうございます・では購入手続きに入ります・・次へポッチン・次ぎポッチン‥とクリックしてハイこれで手続きは完了いたしました」の画面をふと見ると「月刊三橋」購読料税込み2,139の文字がチラッと見えた。

オイオイオイそんなの頼んでねえよ・・ユーネクスト詐欺の2149円とほぼ同額じゃないか!!!・つまり100円で釣って不要の購読紙を買わせる詐欺じゃないのか !!!

・・と如何なドアホのオッサンでも・先日騙されたばかりのことゆえ直ぐに気付いた。

でさっそくメルアドに届いた「手続き完了メール」を細見すると・・極小文字↓色を着けたのはオッサンである。

「月刊三橋毎月10日に最新号を会員サイトにアップします。

こちらの商品はご注文日を起算日として一ヶ月のお試し期間がございます。
継続購読を希望されない場合には、お試し期間内に下記までご連絡ください。2ヶ月目以降のご請求:月額購読料金1,980円+税 (税込み2,138円)


ご注文日が110日の場合
お申込み時にご入力いただきましたクレジットカードにて、

ご注文月の翌月より毎月10日付にて決済手続きが行われます。


ご注文日が11〜月末日の場合
お申込み時にご入力いただきましたクレジットカードにて、

ご注文月の翌々月より毎月10日付にて決済手続きが行われます。」



てな訳でオッサン慌てて当日「月刊三橋不要」の解約メールを返信すると、昨日91703ご注文の取消が完了致しました」と着信ホッと一息であった。

なお参考までに三橋貴明詐欺の会社名を記すと以下の通り。

株式会社経営科学出版 カスタマーサポートセンター
541-0052大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング13F
お問合せ先:http://www.keieikagakupub.com/support/
TEL 06-6121-6211 FAX 06-6268-0851

(電話受付時間 平日10:00-17:00)
 
皆様くれぐれもネット詐欺にはお気をつけ遊ばせ。


                   +


最後に100円で買った「日本が国債破綻しない24の理由」ですが、皆さん興味あるでしょう。

実は本ではなく三橋貴明の講演ビデオで、内容を要約すると「日本政府の借金は1000兆円あるが、それを貸しているのは日銀と銀行と保険会社のすべて日本人で、ドルやユーロなどの外債はゼロだから破綻するようなことはあり得ない」でした。

以上が100円の中身・・私の想定内の回答でした。










































ちゃんちゃん

この記事に

開くトラックバック(1)


PCの調子が悪い。

イメージ 3先ほど板さんに言われてウイルスバスターズをインストールしたのだが、再起動指示に従うと円マーク点滅のまま5分経っても10分経ってもサインイン画面が出て来ない。

イライラと15分経過!コンニャロメと電源を切った後再点火したが、前と変わらず20分経過!!茶碗洗いの雑用後見るとPCを修復しようとしています」の画面に変ってOKボタンをクリック。

そこへお隣の料理人さん登場で聞いてみると・「そんな時は15分や30分じゃダメこの間は3時間かかった」と驚天動地のアドバイス。

ヘエ――――――!!!そんなに待つの⁉?せっかちなオッサンにはとても無理と嘆息して3040分画面は同じ「PCを修復しようとしています」と円マークが点滅!!!

こりゃ駄目だと放置1時間半が経過したなと見るとやっとサインイン画面が出現したのである。



ところで本日こんなPC騒動なんぞじゃしょうもない・再掲記事にすっかと考えたが、先日「きっこのブログ」で絶滅した世界最大の象鳥(エピオルニス)を知り、皆さんにも紹介しようといつもの「好奇地理博物誌」に変更した。

イメージ 1■私の高校時代(1960年代)までの世界最大の鳥はかつてニュージーランドに棲息していた伝説の恐鳥ジャイアントモア(左画像)で、体高は36m、体重は250キロという飛べない巨鳥であった。

実はモアは大卒後の貧乏絵描き時代のイラスト誌「いたたた」1上画像は同3号)にモアの自作画を載せたことがあり、当時も同じ「好奇地理博物誌」であった。



同誌は生憎手元にないが、内容は哺乳類のいないニュージーランドで巨鳥に進化した恐鳥モアが、1300年に渡来した先住民マオリ族の乱獲によりわずか200年で絶滅したが、マオリはモアが砂嚢に小石を溜めてすり潰す習性を利用、焼け石を呑ませて殺すという極めて残虐な捕獲法であった。



イメージ 4■以来恐鳥モアが世界最大の鳥だと思っていたが、先日モアよりさらにデカい鳥が、マダガスカル島に棲息していたことを知ったのである。

それが「象鳥」と呼ばれるエピオルニス(右画像)で、体高34mだが、体重は倍の500キロという巨体であった。

しかし、体高がモアより低いためどちらが世界最大かの論争があったようだが、今年20189月英王立協会科学誌に1894年に発見されたエピオルニスの骨格は体高5mとキリンに匹敵、体重は860キロと発表され、恐鳥モアをはるかにしのぐ巨大種だったことが確認されている。

なお、象鳥エピオルニスははるか6000万年前から肉食獣のいないマダガスカル島の王者として君臨してきたが、

10世紀ころ現インドネシアからインド洋を渡ってやってきたマレー系海洋民の渡来後捕食の対象となり、植民者フランス人が来航した17世紀には既に絶滅していたと推定されている。


イメージ 2ところで巨鳥エピオルニスと遺伝的に最も近縁な鳥が現存するが、

意外にも現在ニュージーランドに棲息するはるかに小型のキーウィ(写真)とされている。



























ちゃんちゃん

この記事に

開くトラックバック(1)

全579ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事