ここから本文です
いたたた・・タイ
2016・12/16−100万アクセス突破”皆さま感謝★★★★★★★★★☆

書庫全体表示

記事検索
検索

全595ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1■ケニー村上ことⅯの悪い癖は自分のことばかりしゃべって人の話を聞かないことである。

―したがって同じことを繰り返す…同じ質問を繰り返す・「オマエ白内障は糖尿病はどうなった❓」ソレ昨日話したろう・相手の話を聞かず・自分の白内障や糖尿病の知識を滔々と開陳する。

さきほどソニーカメラから故障直らないとTEL、買って1年程度で故障で修理もできないとはと・日本製品の劣化を嘆くと―私が落としたかもといった言葉尻のみを覚えて落としたオマエが悪いと決めつける。

MPCをやらないインターネット音痴である。
―聞けばみんながやってることをやるのは価値がない・人のやらないことをやることが大事だと・・。

当然ながらやったことのないタイ生活やブログの価値を一切認めない・・一銭にもならん自己満足だけのブログに何の価値があるとのたまう。


自分の経験から海外は先進国欧米で暮らしてこそ価値がある。

タイやインドなどの遅れた非民主主義国家の存在を否定―官僚が全てを決める日本の政治も駄目―だから選挙には一度も行ったことが無いと嘯く


イメージ 2■夢をあきらめない・有言実行こそ全てに優先、失敗は成功の元である。

本日は世界一可愛いと自称するクォーターの孫ベッティ(左写真)の雑誌タレント売り込みに集英社・講談社にアポなし訪問に出かけた。

−当然会えず写真だけ置いてきたそうだが、彼の落胆度はゼロ!・・別の収穫があったと言う。

代わりに神保町スズラン通りで女の子をナンパした話を得々と・・浜松在住の同志社の女子大生で太目だが可愛い云々・・と自分の手柄話❓ばかり滔々としゃべりまくる。

夕食後はカラオケに行こうという・昨夜も同じ彼の一人カラオケに嫌気がさして拒否したが、7時に飲みに行くというのでしゃあないと付き添うが、店で又滔々と同じことの繰り返しに業を煮やし・俺は帰ると一人帰宅してしまった。

しかしちょっと不安になって8時半店に行ってみると不在・近くのカラオケ店へ行ったとのこと・・住所を聞いて尋ねてみると店の前にパトカーが、ママさんに聞くとMは暴力事件を起こして今逮捕されたとのこと・・・ガビーーーーーーン!!!!!!


イメージ 3彼の姿は無かったが・ポリスと被害者が残っていたので私の友だちだと名乗り出ると‥事件の詳細が判明した。

つまりⅯがカラオケ店の横で立ちションしてたところ、通りがかった人が注意すると酔った彼が反発!!!

「俺は北九州のヤクザだ」と言っていきなり殴りかかり!!!さらに45回足蹴りする暴行を加え、それを見ていた前の店の主人が警察に通報、即現行犯逮捕!!!となったのである。

・・何たるドアホ奴M!!!!ンで今夜は向島署泊まり、明日朝事情聴取で私に連絡TELありとのことであった。

Mは明日飛行機で九州帰省の予定だというとそんなもの一切駄目・・現行犯逮捕なんだからと・・愕然!!!なんともエライことをしでかしてくれたもんだ。

聞いた奥様はカンカンカン!!!警察がくると近所に悪い評判が立って絵画教室にも影響大と怒り心頭!!!・・迷惑千万だわ。

自分が一番素晴らしいことをやって来た・老齢の今も夢を捨てず青春を謳歌・実践しているのは自分ひとりだという誇大妄想的自負が周囲を軽んじ、立ちションなんて些細なことで文句など・とカッと来て暴行に及んだのだろうが。

高齢爺さんなれど誰にも負けぬという体力自慢が仇花となったのだろう・・なんともハタ迷惑な困惑一方の大事件であった(以下次号)。































ちゃんちゃん

イメージ 1■本日郷里より高校以来50年のポン友Mが上京、23日の日程で奥さまの実家(わが日本の仮宿)に滞在する予定である。

Mは以前Aとして紹介当ブログ「交遊録」にもたびたび登場した数少ないスターの一人であるが、一昨年『ケニー村上』として歌手デビューして以来イニシャルを只のAから本名のMと改称することにした。

生生流転波乱万丈のMの現在はひょんなことから「♪あなたにあげるで一世を風靡した歌手西川峰子のお姉さんの「麻川みどり」のマネージャーをやって全国を回っているというが、

読者の大半は西川峰子すら聞いたこともないであろうにそのお姉さんとはどこの馬の骨か狐の尻尾・・わてホンマにヨイワンワ〜なのでこの話はココでストッピー!!!。

それよりなにより傍若無人波乱万丈のM23日も寝起きするかと思うと、奥様の「鬼界カルデラ大爆発」の予感にも似て落ち着かず・とてもブログなんぞ書く余裕は無いと思ったのである。

てな訳で23日かそれ以上ブログをお休みしようというイイワケ記事を前日書いたわけでやんすが、ついでに私が昨年来ハマっているYouTubeビデオを紹介してお茶を濁そうかと・・・。

+


イメージ 2

それが上画像の「Primitive Technology with Survival Skillsというシリーズで、要すれば「原始的技術による生存方法」とでもいうべきか、要は文明を離れた純自然の山野で魚や蛇・豚などの野生動物を捕食して生活する話だが、

日本のテレビでやるタレントが無人島で何日間のようなヤラセではなく、本物の原地人夫婦が登場、素手で魚や獣を捕らえ、火を起こしてその場で料理して獣のようにガツガツと完食するビデオである。

私も昔子供の頃は学校途中で川に入って素手で大魚を獲って家に帰ったことがあるが、あのドキドキハラハラの体験が蘇り、思わず画面に引き込まれてしまう言葉は全く不要のサバイバルビデオである。

先ずは下記をクリックして視聴をどうぞ‥ミャンマーの渓谷で野鼠を捕って竹筒蒸しにして食べるわずか12分の映像であるが、特に最後の完食するシーンは圧倒的魅力がある。


◆そのまま流せば次の動画へと続いていきます・・お暇な方はどうぞ。

































 ちゃんちゃん

開くトラックバック(0)

イメージ 1
                       クリック拡大可↑

■先日釣り師源平ちゃんが釣り上げた大イカを頂いたことを報告したが、一昨日源平ちゃんが幹事となった高卒40年後のミニ同窓会に出席したので再度報告する。

実はこのクラスの正式な同窓会は20119月の30年目のクラス会とあと一つもっと若いころもあったような記憶があって出席したのはこれで3度目だが、

今回の出席者は上写真のように10人と私が中退後に来た2人を加えれば
 12人、源平ちゃんの思い付きで急遽招集した割には結構多く・想定外のミニ同窓会となったようだ。

皆に歳を聞くと57歳、私が76歳だから19年離れているが、あれから40年お互いに歳を重ねると年齢差がずいぶん縮まったような感じで、写真見ても彼らとの20年近い大差は感じられないでしょう。

源平ちゃん以外は卒業後ほとんどあったことも無いが、人の記憶というモノは可笑しなもんで直ぐに名前が出てくる人と名前を言われても全く記憶に無い人間がいるものである。

その特例が写真左の最後尾にいる床屋のホアラン(タイ語禿)S君で、コッソリと私の右隣のw君にあれ誰だい?と聞いたが・・なんとw君も不知であった。2日経った今ようやく顔を薄っすらと思い出したが、たぶん私とは在学中一度も口を聞いたことは無いだろうナ。


このクラス・高校時代は大変なクラスでとは「30年目の同窓会」でも書いたが、私を見ると当時を思い出した女生徒M(左側二番目)に「先生大変だったでしょう」と言われた。

しかし、40年の歳月を経た妄想か幻覚か「先生あの時髪の毛真っ白になったもんね」と言い出す当時出来のイイ女生徒Mの言葉に吃驚!!「バーカな俺はそれほど柔じゃね〜総白髪なんてドッキリTVの作話だろ」・・記憶は実にいい加減なもんだなあーと実感した次第。

高校時代に私が作った卒業文集「脳餓鬼」も話題になった。
―ちょっと変わったひょうきんな女の子Y(左側一番手前)が、文集に書くことが無く何でもイイと言われ「今日30センチのうんこが出ました」の衝撃の告白に、彼女を好きだったw君は絶句!!!・・・そのせいか彼は未だ独身を貫徹しているようだ。

出世頭といえば小田原で鍼灸医院を開業のT(右側最後尾)か、・・高校時代はワルの部で・鍼灸師になると言ったら「お前には無理やめとけ」と私に言われたとか・・。

・・などと昔話に花が咲いたが、あれから40年の枯れ尾花クラスゆえ・・これから実を結ぶってぇ話は出無かったようだ。


イメージ 2会費は5000円、タイ暮らしにはややきついが、アベノミクス全盛時代のいま下流クラスの面々にセレブがいる訳も無し、この種の会合ではいつも皆と同等に支払ってきた。

・で今思い出したが創立100年近い下町の名門S商(写真)の伝統か・・同窓会出席教員には5000円支給されると聞いたことがあるが、お金頂戴と行くのもナア。

考えてみればこのクラスの幹事はいつも源平ちゃんだったような・・ホントにホントにご苦労さん、懐かしさ満載のミニ同窓会でした。

オッサンがも少し元気なら二次会行ったのだけどね。
























ちゃんちゃん
 

開くトラックバック(0)

イメージ 1■タイでもそうだが、私は毎日家計簿をつけている。

・どんぶり勘定のタイ人Pはもちろん家計簿なんぞ付けてないが、わが奥様も同様でひょっとして似た者同士かも知れない。

家計簿は円ではなく、円数字を35で割ったタイバーツに直してつけているので日タイの物価対比がよくわかる。


概して日本の方が圧倒的に高いものが多いが、中にはタイの方が高いものもある・その筆頭は保険医療で、私の帰国目的の大きな理由となっている。

私は住所をチェンマイに移しているので国民健康保険には入っていないが、帰国の都度日本(区役所)に転居届を提出すると保険証がもらえる。もちろん、保険料請求用紙も送られてくるが、支払う前にタイへの転出届を提出、同時に保険証を返却している。

ちなみに今回は9日に帰国、29日に帰タイするので28日に区役所に届け出る予定であるが、その後保険料請求の督促状がくることも多く、その場合奥様が1回分を支払うこともあるようだ。

ンで私は76歳の高齢者ゆえ国庫負担率は90%、つまり支払いは請求医療費の1割負担で済むわけだから大きく、歯科治療だとタイが2000バーツに対し日本は3分の1600バーツほどだが、もし保険無しなら6万バーツでタイの30倍となる計算。

なお、タイには国保制度は無いがP家のような税金を納めて無い貧困家庭には、どんな病気でも国公立病院なら一律30バーツ(100)という格安の診療制度があるが、順番待ちが大変なようである。

そういえばタイの病院は高いが市販の薬品は日本より安く、血糖値を下げるメトホルミン50010錠が20バーツ(70)、バファリン系痛みめ10錠は12バーツ(42)と安く、ボンビー外人Ýさんは病院には行かず薬専門治療で、昨今は私も見習いつつある()




イメージ 2

■医療以外で日本の方が安いものといえば味噌・醤油・味醂・料理酒などの日本製調味料があり、特に私がよく使う料理酒(720mℓ)はタイでは155バーツに対し日本は3分の155バーツで100バーツもの大差がある。

なお、味噌・醤油などは味の素同様にコチラでも生産され、安いものでは日本スーパーと同程度のモノもある。

そういえばイワシやサバ・イカなどの大衆魚介類やゴボウなどの日本野菜も日本が安い、上写真は先日アメ横で買った丸々太った活きのイイ大サバ3尾で143バーツ(500円)、値段はタイとほぼ同額だが、タイはオール冷凍輸入魚だもんね。

最後に日本が高いのは残り全てといっていいが、対比すると毎日食べる玄米は日本がタイの5倍、最安値散髪料は同4倍、ラーメンは同78倍、白菜・長ネギ・大根・生姜・ニンニクなんかも同様で特に生姜・ニンニクは同10倍以上と大きな格差がある。

で結論としては大きな病人を除いてはタイの方がンと暮らしやすいというところでしょうか。
































ちゃんちゃん

 
イメージ 1

イメージ 314日は私の76回目の誕生日だったが、病気に詳しい友人に聞いた評判が良いと噂の小岩の I整形外科内科病院へ行った。

23年前から足の浮腫みと痺れが顕著で杖突歩行が続いているが、昨今は夜中の痙攣とこむら返りを繰り返し、一度専門医へ診てもらおうと思ってたのである。

糖尿病で目が見えなくなって久しいもう一人の病気のプロの友人に話すと、整形は骨関係が中心だからオッサンの症状は内科じゃないかと言われ、ならば「整形外科内科病院」ならどちらもOKだろうと思った次第である。

ラッシュ時の8時半に出たが、亀戸からは通勤と逆方向(下り)だったので幸運・なんと座って小岩へ着いた。

病院は結構混んでたが手際よく、問診票を見た看護婦に「今日がお誕生日ですね」と言われ気分をよくして先ずは外科へ行くと、件の友人の言葉通りこの手の症状は心臓と関係が?と内科へ回された。

で心電図と血液と尿検査をしたが、心臓はOKカップでやはり血糖値と高血圧が浮腫みと痺れの原因と判定、利尿剤スビノラクトン25・プロセミド20と血糖値を下げるネシーナ12.5の各薬をもらった。

実は昨年から糖尿のインスリンと降圧剤の服用を止めていたのが原因のようだが、その割にはひどくないとも・・ひょっとして毎日の水泳と愛飲の薬草茶カチアップデーンの効用かもと勝手に思ったが、とにかく大ごとじゃ無いようでホッとした。

で気分よく帰宅したのが午後2時近くだったが、珍しく息子と奥様が在宅していた、・しかし2人からは病院どうだった?とも今日誕生日❓とも何も聞かれず、もちろん何のお祝い事もなかった。




イメージ 2

□最初の写真は本日5/15日上野からの帰途、バスの車窓から見た吾妻橋先のアサヒビールの象徴「金のウンコ」ビル。

■上写真は同じくバス車窓から見た浅草通りのお寺春慶寺・・
東京のど真ん中にあるお寺の雰囲気がよく出てますなあ。合掌






























ちゃんちゃん

開くトラックバック(0)

全595ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事