ここから本文です
いたたた・・タイ
2016・12/16−100万アクセス突破”皆さま感謝★★★★★★★★★☆

書庫全体表示

記事検索
検索

全587ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1先日大家Jが「水あるか?」とやって来た。

‥少しならあるが?というとモゾモゾ・・ピンと来て・「Jさんまた何処かに出かけるのかまさか1月も留守ってことはないよね居ないと困るんだから」を・というと図星で「否ちょっとだけ」と曖昧模糊だったが案の定翌日から居なくなった。

で今日で3日目だが、実は14日のバレンタインデーに些細なことからPがツムジを曲げ、いつもの別れたなと洗濯物を置いて帰宅した・・で洗濯を頼もうかと思ってたところ大家さんは不在・・又アントンの実家かそれとも???

ところが本日正午からネットがプッツン、大家さん不在とあらば終日パー‥そうだ今日は洗濯でもやってみるかと思ったが使い方がわからないので大家さんの携帯にTELすると

聞けば友人とスコタイに遊びに行ったとか‥止むを得ずオッサンが自分で洗濯する羽目に‥洗濯機を回したのは学生時代以来だから半世紀以上昔だが日本人の奥さんに聞いてやってみた。

で全自動洗濯機を初めて使ったが吃驚、洗濯物を入れて電源ボタンを押し次にスタートボタンを押すと水が注入され洗剤を入れると洗濯時間が表示、あとはタイマーで待つだけで終了…

「へえーこんなに簡単!!!今はずいぶん便利になりましたね」というと今どき知らない人もいるんだと逆にビックリされる始末だった。

で洗濯はたった30分で終了したが、問題はインターネット。

大家さんちのネットはちょくちょく切れてその都度契約業者trueに電話連絡して修復を依頼しているが、今回のように3日も不在だと大変・結局3日間は処置無し・メールも電話もテレビもYouTubeも普通でブログは臨時休業、どうしても必要な場合は街のネットカフェに行くしかないのである。

ンで長々と「イイワケ」をしてきましたが、てなわけで昨日はブログを臨時休業致しました。

これだけじゃあなんともと今思いついたのが「イイワケ』と言えばシャ乱Qつんくの「いいわけ」・・実はオッサンのカラオケの持ち歌なんでやんす。
 
♪いいわけ 作詞・つんく作曲・つんく歌・シャ乱Q1996年)

イメージ 2淋しい夜はごめんだ
淋しい夜はつまんない
淋しい夜は会いたい
淋しい夜はCRYCRYCRY

こんな女は 二度といないと
夢中でほれた ほれまくった女に
逃げられたりした

僕がいなくなりゃ誰か泣くかな
寝る前たまにこんなバカな事とか
考えたりした
だます方よりだまされりゃいい
なんて嘘かナ

LONELY誰も孤独なのかい
LONELY僕はひとりかい
LONELY君も孤独なのかい
LONELY君はひとりかい

男なら負けてやれよ 女なら感じろ
男ならカッコつけろ 女なら見抜けよ

バイトでためた貯金はたいて
偶然ほれた遊びなれた女に 服買ったりした
あいつみたいな顔に生まれりゃ
きっと楽しい人生のはずなんて 考えたりした
イイ男には勝てないなんて
いいわけだよねああ

LONELY誰も孤独なのかい
LONELY僕はひとりかい
LONELY君も孤独なのかい
LONELY君はひとりかい

男なら負けてやれよ 女なら感じろ
男ならカッコつけろ 女なら見抜けよ

LONELY誰も孤独なのかい
LONELY僕はひとりかい
LONELY君も孤独なのかい
LONELY君はひとりかい
  
淋しい夜はごめんだ
淋しい夜はつまんない
淋しい夜は会いたい
淋しい夜はCRYCRYCRY

●この歌は今から22年前オッサン53歳で現職3校目、板橋区の都立O高校へ赴任したが、私とは合わない学校でヤル気ゼロ!

健康診断の検便に元気ない猫のウンチを持って行ったところ胃がんの疑いがあると診断され、本校は遠くて通勤が無理で体調不良・と近くの工業高校へ異動希望したところ見事わずか1年で異動に成功した思い出がある。

勿論体調はびんびんで♪淋しい夜はごめんだ淋しい夜はつまんない・O高校もつまんない〜とノリノリで歌っていたのが懐かしい・・ザマーミヤガレ!!!


























ちゃんちゃん

この記事に

イメージ 3イメージ 4

■■昨夜はバレンタインデー・色々あったが、それはさておきこの冬最後の白菜漬けを仕込んだ。

左が天日干し、右が薬味で、今回は大家さんに言われニンニク(大蒜)にホムデン(赤小玉葱)を加えた。

前回は1215日だったので2ヵ月間持ったことになるが、ツーことはあと2ヶ月、猛暑4月のソンクラン(水かけ祭り)まで楽しめそうである。





イメージ 1

■さて本日はバレンタインの料理に隣人O氏より頂戴した高級食材ホタテ貝(写真)とエリンギ・筍のバター炒めを作ったが、高級ゆえ「貧者の食卓」に非ずと「好奇地理博物誌」とした。

というのはホタテ貝を料理していると大家さんが来て、「そのホイ(貝)タイには無いけど、タイ語名はホイ・シェル(หอยเชว)とガソリンスタンドの名前つけてるけどなんでだろうね」の言葉に興味を惹かれて調べてみると‥面白いエピソードがあったのである。


イメージ 2つまりシェル(Shell)とは貝がらのことで、ガソリンスタンド云々は左のホタテ貝マークのシェル石油、つまりヨーロッパ最大のエネルギー複合企業体であるロイヤルダッチ・シェルのマークだったのである。

さて話は今から147年前の1872(明治3)、ロンドンのユダヤ行商人の倅マーカス・サミュエル(19)は、父から貰った船の三等切符を手にアジアの一人旅へ出て、日本の横浜に到着した。

所持金はわずか5ポンド(時価5万円)で、野宿しながら三浦海岸へ出ると美しい貝がら(シェル)を発見、それを貝細工にして父に送ると行商の父は荷車で販売して評判となったのが金儲けに成功した発端だったそうである。

やがてサミュエルは横浜で貿易商に転じて当時は少なかった石油取引を開始、インドネシアの石油を日本に輸送する世界初の石油タンカーを開発して脚光を浴び、1897年に初心の貝がらに因んでシェル石油と改称、以来世界有数の石油企業へと躍進した。

なお、貝がらのマークは最初ムール貝だったが、1904年からホタテ貝に変更されて以降現在に至るそうである。

その後シェル石油は同じユダヤの大富豪ロスチャイルドの勧誘によりオランダのロイヤルダッチ社と提携、1907年に両社はロイヤルダッチ・シェルとして合併、ロックフェラー()のエクソンと並ぶ世界2大石油複合企業体が形成されたのであるが、

すべてユダヤ資本じゃないかコンニャロメと,嫉妬したヒットラーが,ユダヤ人を排斥仕組んだ戦争がかの第二次世界大戦だったのである。























ちゃんちゃん

この記事に


イメージ 1■前回はチェンマイの春を彩る「フークワンの紅葉」について書いたが、

その直後12日からチェンマイは突如ご覧のような全天を覆うスモッグ景観に変貌、周囲の山々は消滅である。

目が異変を察知!ールへ行く道を慌てて引き返し、先日15バーツ(50円)で購入したマスクを装填した。

原因は自動車の排気ガスではなく、伝統的焼き畑農業の名残りである山焼き(山火事)の煙害で、2000mクラスの高山に囲まれた盆地底に位置するチェンマイは、当節一面の煙霧に覆われるのである

そのため大気汚染は酷く、チェンマイは世界の大気汚染都市ランキングで第5位いや第3位だのとアホな自慢話(❓)をしている地元新聞もあるほどで、この時期1〜2ヵ月間煙害を嫌って国外に逃げ出すお金持ちや外国人も多い。


イメージ 2■ちなみにわが部屋の隣人O氏もその代表で、45年前は南の海辺パタヤに移住していたが、バンコクの大気汚染が流入するとして沖縄へと転住、

昨夜「今日は酷いね」と言ったその日に沖縄へ旅立ったが、さすが「独身貴族」・・昔は若い者に対しての言葉だったがアベノミクス以来ボンビーな若者が増え、今は富裕独身老人の専有物となっている。

「ウレヤマシイなあ」・・というと冷蔵庫空にするのでこれ食べる?と頂いたモノが上写真のホタテ・紅鮭・辛子明太子・・・

へ―こんな高級品食べてんの!オッサンなんか安いタイ食専門で、日本でもあまり口にしないが「イタダキマンモス」・「コップンカップ」と感謝のココロ!!!

ちなみに彼はタイ愛人無しの独身貴族で、金はグルメ食と高級日本酒・趣味はゴルフとツーリング・テレビ・・バイクは私の2倍の250㏄の大型車を2台も保有、テレビは450インチの大型etc.etc・・・ホンに格差社会を感じますなあ。



イメージ 3

   ■さて一夜明けて朝7時・・外は一面の濃霧・・
 
   ジャングルアパート裏手の旧田んぼ低地は真っ白け。





イメージ 4

  ■もう一枚、正面に見えるのがわがジャングルアパート。

一見幻想的な光景ですが、山火事の煙霧が夜中に冷却されて盆地底に堆積されたのでしょうなあ。





イメージ 5

■さていつものアササン・・いつもの2匹の犬が私を見つけて走ってきました。





イメージ 6

                  ■オーヨチヨチおはようさん。

 この写真は去年11月来訪した奥様に撮ってもらったものです。







イメージ 7

               ■ンんで3ヶ月後・・今の写真はコチラ。

 オッサンはちと草臥れましたが、ワンちゃんはかわりません。


























ちゃんちゃん

この記事に

開くトラックバック(1)

イメージ 1




             ■先ずは本日の黄金の朝焼け〜圧巻でしょう








イメージ 2

     ■ところで毎年2月初旬のこの時期に紹介しているのが、
          真っ赤に紅葉する熱帯樹フークワンหูกวาง)。



  和名はモモタマナ(沖縄に自生)というが、タイ名のフークワン  は葉っぱの形が鹿(クワン)の耳(フ―)に似ていることに由  来する。






イメージ 3

                ■真っ赤な葉はピーク時の紅葉だが、

     木によっては銀杏のように黄金色に変容する葉も見られる。







イメージ 4

■しかし全部が真っ赤・黄金色というような単色紅葉は珍しく、

このように緑葉と共存している場合が多く、それが寒さに乏しい熱帯樹の紅葉の特徴のように思われる。






イメージ 5

              ■こちらは赤・オレンジ・黄色それに緑葉と・・

       フークワン総天然色そろい踏みである。







イメージ 6

■空色を加えたコチラも一枚、大きな紅葉と緑葉の混じる原色

                 これが熱帯樹を感じさせますなあ。






イメージ 7

■写真の大半はプールサイドのフークワンであるが、チェンマイ中どこにでも見られ、これは今朝ジャングルアパートの森で見つけたフークワンである。

        真っ赤と緑葉の対照がなんとも毒々しい感じですなあ。








イメージ 8

                         ■最後はオマケの一枚。

    アササンで行った養魚池・・池面に霧が立ってるでしょう。

                   今朝は結構冷えて164℃でした。



































                                   ちゃんちゃん

この記事に

開くトラックバック(1)

イメージ 2

■プール外周の紅葉が見ごろ・・本日は恒例の「タイ春の紅葉」でも紹介するかと写真を撮って一服とバンコクポスト一面を見るとご覧のような”Poltical earthquake(政治地震)“の大見出し!!!

こりゃあ「タイ春の紅葉」どころではない大ニュースだ!こっちゃにすっかと急遽変更した次第・・。

タイ紙は324日の8年ぶりの総選挙を前に連日政治ニュースが一面を飾っており、年頭の1.19には現軍政を批判した反軍ラップ「プラテート・クーミー」が流行っていることを紹介した。



イメージ 1■で昨年末世論調査では旧タクシン派のプアタイ党が27.5%とプラユット軍政新党の16.5%を大きくリード、総選挙となれば左図のようにタクシン派の圧勝だろうと書いた。

しかし、2016年に軍政が作った新憲法によればどんな場合でも軍政の天敵タクシン派は絶対に勝てないように仕掛けられていることが判明、それが今回軍政が選挙に踏み切った最大の理由なのであった。

即ち旧憲法では選挙は小選挙区と比例区の一人2票制であったが、新憲法では1票制で小選挙区で勝った政党は比例区の議席を減ずることが定められ、タクシン派のような大政党の出現を困難にしたこと。

さらに首相選出は従来総選挙による下院多数党から選出されたが、新憲法では選挙無しの軍政任命議員のみで構成する上院と合同で選出されるため、下院多数党党首は首相にはなれないことになったのである。

これを日本に置き換えれば議会多数派の自民党安部政権は成立せず、軍事クーデターで誕生×した田母神幕僚長率いる自衛隊政権が成立する按配となるわけである。

                                       +

ところで今回のタクシン派の弱点は軍政によって国外に追放されたタクシン&インラック兄妹といった絶大な人気を持つ「選挙の顔」を欠くことであったが、それを一変する大事件が今回の”Poltical  earthquake(政治地震)であった。

つまりタクシン派は2月8日、いまなお国民の敬愛するプミポン前国王の長女ウボンラタナ王女をプアタイ党の「隠し玉」首相候補として突如擁立したのである。

ウボンラタナ王女は不人気のワチラロンコン現国王と人気のあるシリントン王女の実姉で、何故高貴な王女が庶民派のタクシン政党と連携するとはこれ如何に?、特に国王派ともいうべき軍政にとっては選挙を左右する驚天動地の出来事であった。

ちなみにウボンラタナ王女(新聞の赤枠写真)は幼少時より聡明で知られ、アメリカの名門MIT(マサチューセッツ工科大学)およびUCLA(カリフォルニア州大ロサンゼルス校)に留学・卒業した王族随一の才媛であった。

しかし、1972年にアメリカ人と結婚して王族離脱後は目立った活躍もなく、93年には米人と離婚、2004年にはスマトラ沖大津波で息子(21歳)を亡くしたことが知られる程度であった。

したがって国王や華やかな地位にある弟妹たちに比べると長子ながら不遇な身上であり、プアタイ党の首相候補を受けたのもここらで一発挽回という願望もあったと推測出来よう。

しかし、本日午後軍部に説得されたワチラロンコン国王が王女の首相候補に反対を声明したため、プアタイ党は王女の擁立を断念したと・本日夕刻7時のNHKニュースが報じていた。

さすが「タイ非民主主義人民王国」らしい決着であると感心。




























ちゃんちゃん

この記事に

全587ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事