ここから本文です
いたたた・・タイ
2016・12/16−100万アクセス突破”皆さま感謝★★★★★★★★★☆

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


正月明けからチェンマイは暖かくなってプール解禁、Pなんぞは冬はもう終わったなどとほざいていたが、12(金)から寒さがぶり返し、温泉へ行った13(土)も最高気温は20度前後(最低は13℃)と冷えて絶好の温泉日和となった。

私は昨今バイクツーリングはヤバイと遠慮してきたが、H隊長のご厚意により今回はクルマ同乗可ということで隊長ほか4人の同乗者に加えてもらい、元気なバイク組5人と合わせて計9人のツーリングとなった。




イメージ 1

■場所はチェンマイから東へ35kmほどのシッパー温泉、というより公営サンカムペーン温泉公園に隣接する私営リゾート温泉で、近くのルンアルン温泉などを含めて一体をなすサンカムペーン温泉郷の一角を占めている。

リゾート温泉の名のように森の中の瀟洒なホテルと林間の温泉付きコテージが散在(写真)、一泊2500バーツ(約9,000円)と高いが、当温泉に目を付けたツーリング隊が入浴交渉の結果、4時間 
200バーツ(約700円)で合意、以来ツーリング隊の定番温泉コースとなったようである。

ちなみにシッパー温泉は2年前に同行して以来今回が2回目で、上画像は前回T−57で貼った写真の再使用である。




イメージ 2

■シッパー温泉は個室男女浴場と温度の異なる露天風呂が3面あって、一番手前が熱くて日本老人向き、真ん中は温くてタイ人・ファラン・子供などの初心者向き、屋根のある一番奥はジャグジーがあって丁度いい加減なお湯である。





イメージ 3

■いい加減な私はもちろん一番奥の湯、熱くもなく温くもない・長湯するにはもってこいの湯で景色も良く、やや冷んやりするチェンマイの冬を満喫したイイ加減なお湯でやんした。

写真は奥の湯から撮った景観だが、手前左手がジャグジーバス、正面の三角屋根が個室浴場その右は更衣室でやんす。

入浴者は私一人だったが、後で北海道から来たという56人の団体客が入湯・・・聞けば北海道は街も野山もすべて真っ白なんだとか・・寒いんだろうなあ。






イメージ 4

■この温泉ツーリング同好会の目玉は専属シェフが同行、現地で料理したまんまの和食が毎回味わえることで、今回はご覧のような江戸前ざる蕎麦で、海苔・天かす・ネギ・わさびの薬味も効いた絶品でありました。

ちなみに専属シェフはわがジャングルアパート隣人の料理人O氏で、毎週土曜は大型バイクに食材・鍋釜・食器・調味料一切を満載して出陣しています。

なお、ビール・ラオ酎等の酒の外、おにぎりや白菜漬け(オッサン漬)・ぬか漬け・焼き鳥・ケーキなど各自持参の一品が加わり、この日は昨日東京より帰チェンしたRさん持参の「石焼き芋」に日本の冬の味覚を懐かしく堪能致しました。


                 ✙



イメージ 5ところでこの日はオプショナルツアーとしてチェンマイ郊外にいくつかあるらしい小型遊覧飛行場の一つに寄り道見学した。

飛行機はこのような2人乗りのカイト(凧)型軽飛行機で、前にパイロット後に乗客が搭乗、115分飛行、料金は2,200バーツ(約8000円)なんだそうです。




イメージ 6

■ンで私がというよりツーリング隊の大半が、興味を持ったのは飛行機ではなく受付嬢のノーイさん(22歳)、愛嬌あってスタイル抜群のスワイ&カワイイお姉ちゃんでした。

この娘がパイロットだったら是非乗りたいナと思いましたが、

・・・てな訳で結局・誰も乗る人はいませんでした。

























ちゃんちゃん

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事