ここから本文です
いたたた・・タイ
2016・12/16−100万アクセス突破”皆さま感謝★★★★★★★★★☆

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

■昨夜はマドンナ家でのスキヤキ&ワインパーティーがあった。

パーティの表向きの趣旨はマドンナN子さんの学術研究のための参考人聴取で、遠くメーテン山から呼ばれたボランティア老僧B氏と  
70代の子作り名人「リスっ子の旦那」2人をメーンに、旧知の食客外人Yさんおよび料理人役のオッサンの5人が参加した。

料理はいつもならYさんが作るハンガリー料理グヤーシュの予定だったが、Pに昨年のオッサン誕生日に作ったグヤーシュはメーテン山の二人ほとんど食べず・食べたのは作ったYさんとオッサンで大量に残った鍋は全てYさんが持ち帰ったとの話に、日本人が中心ならスキヤキがイイかとなったのである。

したがって食材の調達係はオッサンで、先ずは当日朝のイスラム市で長ネギ・春菊・豆腐を仕入れ、マクロで肉(豚)・キノコおよび料理酒・醤油の買い出しに行った。

食材費はマドンナN子さんより1000バーツ頂いたが、うち800バーツでOKカップで、残り200バーツは大家さんのオッサン送迎車費として使わして頂いた。



イメージ 2

■日本人には定番のご馳走スキヤキは好評だったが、食べたことのないYさんは最初鍋から取って溶き玉子で食べるのに戸惑っていたが直ぐに慣れ、特に肉は一番沢山食べる正に食客であった。

しかし、最後にうどんを入れたおじやには手を付けず、・・・ワタシモウイイデス。

ワインはワイン党のマドンナN子さんが大量に購入していた外、珍しくYさんもお土産に持参、

全部で3本くらい空けただろうか、普段は安いラオ酒ばかり飲んでいるオッサンはいささか酔っぱらったようである。





イメージ 3■ところでN子さんの学術研究の方だが,

ことにボランティア僧B氏の話がお気に召したようで、

最初1時間ほどは飲食を取らずに熱心にメモしてたのが印象的であった。


だが70代の子作り名人子作り名人「リスっ子の旦那」の話は、N子さんまだ独身ゆえか・やや苦手な感じであった。




イメージ 49時になってわが大家ジャンヤーさんが迎えに来てくれたがオッサンは酩酊状態。


「リスっ子の旦那」の奥様(リス嫁)と男女二人の孫・否子供もお迎えに来訪☆彡

こりゃあチャンスだとカメラを構えたら・・・

「電池を入れなおしてください」のエラー表示が何度も点灯してシャッターが切れず終にアウト!!!

ソニーのサイバーショット!日本で買って2年目だが、昨今の日本製品の品質劣化を嘆くばかりであった。




イメージ 5


■最後にマドンナ様とのツーショット!!

オッサンが指さす右手の先には・・いったい何があるんでしょうね。



マドンナN子様楽しいパーティを大変ありがとうございました。






















ちゃんちゃん



この記事に

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事