ここから本文です
いたたた・・タイ
2016・12/16−100万アクセス突破”皆さま感謝★★★★★★★★★☆

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

■先日ネットでシリコンバレーで加速する『カースト制度』の真実」(上図)という記事をみていささか衝撃を覚えた。

曰く世界最先端テクノロジー都市であるサンフランシスコのシリコンバレーで「新しいカースト制度」の固定化が進行中で、明日の日本や世界モデルとなるやも知れずの懸念を感じたのである。

「新カースト」の懸念を指摘したのはFacebook創業の起業家で現ベストセラー作家のA.G.マルチネスで、カーストはジョージ・オーウェルの小説「1984年」の一党独裁国家オセアニアをモデルにしている。

最上カーストに位置するインナーパーティー(党中枢)」AI(人工知能)など最先端テクノロジー企業のキャピタリスト(投資家)やベンチャー起業家たちで構成され、現代世界を支配する人口の1%未満の極少数トップ集団である。


2
アウターパーティー(党外部),熟練した専門技術者、経営幹部、マーケティング担当者からなり、インナーパーティーが所有するAI列車を時間通りに走らせるのが、この階級である。


インナーパーティーに従属しているが必要不可欠で、高い給料を得て今日の中産階級の主役を形成している。



イメージ 2

3番目のプロール(被支配階級、下層階級)AI技術では埋められない隙間産業に従事するサービス業従事者で、昨今流行のギグ・エコノミー(ネット請負非正規短期労働市場)もこれに属する。

要するに単発や短期サービス業務はAI技術による無人化が実現していない部門で、ここでは人間労働は自動化されたAIの歯車として消費されるが、AI化の一層の進行で当然不要となる人たちである。

写真はAI化で仕事を奪われたシリコンバレーでのデモ、Uber Lameとはタクシー配車サービスの無人化反対であるが、将来のタクシー業界はドライバーのロボット化や無人化も想定され、運転手は不要となる社会がやってくる。





イメージ 3

■最後はアンタッチャブル(不可触民)、カーストの本場インドでは「不可触賤民」と呼ばれたが、今は差別用語の廃止で「賤民」はカットされている。


しかし中身はほぼ同じで、所謂自民党の杉田女史(写真)が発言した「生産能力のない人」で、ホームレスやひきこもり・身障者・LGBT(性的少数者)・麻薬常習者・犯罪者などが該当するが、


生産性の欠如という点ではオッサンのような高齢年金難民もこのグループの一員かも知れない。


この現在進行形の新カーストはヒンドゥー教の旧カースト同様に固定化され、カースト間の異動はほとんど見られないばかりか、AI化の急速な加速で最下層の不可触民が年々増加しているというから恐ろしい。

つまり現代のグローバル社会に置いては少数支配富豪は永久に安泰どころかさらに富を加算するが、最下層の貧困層の生活はさらに悪化する上にどんどん増え、格差社会は拡大の一途を辿っていくという図式が指摘されている。


要すれば金持ちはさらに大金持ちになるのに対し、ビンボー人は未来永劫夢もチボーも無いってことらしい?






















ちゃんちゃん















この記事に

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事