九州〜列車で行こう〜下町親父の珍道中

下町おやじが九州で、うまかもんと名所旧跡・歴史散策で楽しく過ごす珍道中!?

全体表示

[ リスト ]

旧国鉄勝田線、廃線跡の散策の続き。
志免鉄道記念公園」から見えた、大きな建造物の方に行ってみました。


旧国鉄勝田線 南里駅跡から志免駅跡の様子は、「こちら」
志免鉄道記念公園の様子は、「こちら」


向かった先は、「志免鉱業所竪坑櫓(しめこうぎょうしょたてこうやぐら)」。
イメージ 1

ホントに大きいんです!

登り口まで進むと、何やらトンネルの一部らしきものが・・・。
イメージ 2

これは何なんでしょうか??

ちょっとした坂道を登ると・・・。
イメージ 3

見えてきました。「志免鉱業所竪坑櫓」。
イメージ 4

志免竪坑櫓」の由緒書き。
イメージ 5

志免竪坑櫓
 志免町では、志免竪坑櫓を保存することになりました。
この竪坑櫓は、昭和十八年に旧海軍省が石炭採掘のため、地価430mからトロッコを巻き上げるのに築造されたものです。
 戦前は戦艦の燃料、戦後は国土復興のため蒸気機関車の燃料として昭和三十八年まで石炭が採掘されました。また、産業がなかった志免町においては、旧志免鉱業所が国有直轄炭鉱でありまたので、志免町の発展に大きな恩恵を受けました。この竪坑櫓を近代産業遺産として後世にこの歴史を承継していくために【見守り保存】いたします。
  平成十八年四月吉日 志免町
炭鉱から石炭を、炭鉱夫を運ぶ為の、櫓。それにしても大きなものですよね〜。

志免竪坑櫓」の上部を。
イメージ 6

下の方。蔦でしょうか。結構絡み付いてます。
イメージ 7

イメージ 8

志免竪坑櫓」の隣には「志免町総合福祉施設 シーメイト」があって、遊具が置かれています。
イメージ 9

祝日だったので(GW初日)、かなりの人出。子供達にとっては、いい遊び場ですね!

志免竪坑櫓」は、外壁の崩落の恐れがあって、近付くことは出来ませんが、
周りを一周することが出来ます。
イメージ 10

イメージ 11

旧志免鉱業所竪坑櫓」の由緒書き。
イメージ 12

旧志免鉱業所竪坑櫓(国の登録有形文化財)
所在地   福岡県糟屋郡志免町大字志免495番3
構造    鉄筋コンクリート造
大きさ   高さ47.65m、長辺15m、短辺12.25m
文化財登録 2007(平成19)年7月31日
製作者   第四海軍燃料廠(設計者 猪股登)※「廠」には「工場」の意味があります
竣工日   1943(昭和18)年5月10日
所有者   志免町

この巨大な建物は、働く人と掘った石炭を昇降させる機械を設置するためにつくられた「竪坑櫓(たてこうやぐら)」という建物です。この建物と垂直と掘られた「竪坑」を使って、地下600mもの深さにある石炭の層へ移動することができました。建物の形はワインディングタワーといいます。その頃の最新技術で、櫓と巻き上げる機械がひとつになった、エレベーターのようなしくみです。巻き上げに使われた機械(モーター)は1000馬力もの力があり。休みなく運搬のために働いていました(現在、中の機械は取り外されています)。
(中略)また、世界中をみても、この形の建物が壊れることなく残っているのは、志免(日本)・トランブール(ベルギー)・撫順(中国)の3か所だけです。(後略)
1000馬力のモーターに、地下600mの深さから・・・。ものすごか能力なんですね・・・。
イメージ 13

世界でも3ヶ所しか残っていないとは・・・。すごかばい!
イメージ 14

更に周りを巡ります。
イメージ 15

周りを歩いていると、何やらまた見えて来ました。
イメージ 16

斜坑も残されているんですね。
イメージ 17

残念ながら、立入禁止で近付くことが出来ませんでした(涙)。

斜坑の手前には、何かの基礎らしきものが・・・。由緒書きがなく、分かりませんでした。
イメージ 18

当時のコンクリート造りの建物が、今に残っているのに、驚かされますね!
イメージ 19

イメージ 20

最後に、遠景。
イメージ 21

夜間ライトアップもされるみたいです。いつするのかは分かりませんが、
周囲に照明器具が置かれました。

日本のエネルギーの根源、石炭を毎日毎日運び続けた竪坑櫓
日本の屋台骨を支えてきた歴史的建造物。

ここから掘り出された石炭が、勝田線の機関車にて、運び出されて行った・・・。

イオンモール福岡ルクルから良く見えるので、いつも気になっていたんですよね。
今回ゆっくり見ることが出来て、嬉しかった〜。

ホントに大きく見えました!!



旧志免鉱業所竪坑櫓
福岡県糟屋郡志免町大字志免495番3
http://www.shime.jp/shimehome.nsf/doc3/kougyousho(志免町HP)


閉じる コメント(6)

安定感の悪そうな建物なのに
立派に建ってますね〜

2009/5/15(金) 午後 10:42 長州人のんた 返信する

アバター

よよさん、ホント、頭でっかちですが、立派に立っていますね!
リフトの巻き上げ機が、この上部にあった訳ですが、それだけデカイとなると、炭鉱の深さを感じますね!

2009/5/15(金) 午後 10:46 hsnm下町おやじ 返信する

こちらもTBありがとうございました。
この巨大な竪坑櫓であっても、志免町の管理なんですね。
国と言わないまでも、せめて県で保存管理してほしいものです。
福岡県は、文化財保存に対して消極的且つ無責任な部分が多いです。
あってもレプリカばかりだし。
やはり「古いモンはカッコ悪かろうもん」なんでしょうか。

2009/5/15(金) 午後 11:00 [ Kitaro ] 返信する

アバター

あつさん、またまたありがとうございます!
福岡の人は昔から新しい物好きなので、古いものはダメなんでしょ(笑)。
本音はお金がかかるし、コンクリの剥離があって危ないから、壊したかったようですが・・・。
保存されることになって、良かったです。でも、見守り保存。
補修して、中も見られるようにすると、観光客が増えると思うんですけどね(汗)。

2009/5/15(金) 午後 11:07 hsnm下町おやじ 返信する

アバター

ここは本当に迫力があって大好きな場所です^^
廃墟好きな私としては内部も入って見学をしたかったですが・・・
九州まで車で行って一番最初に訪れた物件だったので、かなりテンションもあがっていたのですが、この斜坑も見忘れてしまったんですよね><
TBさせてもらいます。

2009/5/16(土) 午前 2:59 ruins-rider 返信する

アバター

ruins-riderさん、ありがとうございます!
本当に巨大な構造物ですよね。遠くからもはっきりと分かるくらいですから。近付くと、更に圧倒されてしまいました。
斜坑も見落とすとは・・・。志免鉄道記念公園もすぐ傍だっただけに残念でした(涙)。
また是非お越し下さい!!

2009/5/16(土) 午前 9:34 hsnm下町おやじ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事