九州〜列車で行こう〜下町親父の珍道中

下町おやじが九州で、うまかもんと名所旧跡・歴史散策で楽しく過ごす珍道中!?

全体表示

[ リスト ]

今年5月のGWの北九州・黒崎の歴史散策の続き。
興玉神(おきたまのかみ)」をお参りした後は、「旧長崎街道」から少し南に行った場所にある神社に
向かいました。

興玉神のレポは、こちら

旧長崎街道から少し南に進むと、立派な石の鳥居が見えて来ます。
当神社は「岡田神社」。「岡田宮」とも言うそうです。
イメージ 1

鳥居をくぐると、また立派な鳥居がいくつも並んでいて…。参道も綺麗ですね〜。
イメージ 2

参道を進むと、これまた立派な神門が見えて来ます。
イメージ 3

神門の扁額には「天地人」とあります。
イメージ 4

神門をくぐると過ぎ両脇に、狛犬がいらして…。
イメージ 5

文政十」の文字が見えます。1827年に奉納されたもののようですね。すごい!
イメージ 6

神門の正面には拝殿が。
イメージ 7

拝殿の扁額には「岡田宮」とあります。青地が剥げて来ていますが、奉納当時は鮮やかな青色だったんでしょうね。
イメージ 8

拝殿の中の様子。
イメージ 9

拝殿の脇には「岡田宮」の由緒書きがありました。
イメージ 10

「中殿」が岡田宮、御祭神は神武天皇、「右殿」は熊手宮、「左殿」は八所宮とあって、
それぞれの上には、「天・地・人」とあります。この3つのお宮を指す言葉だったんですね!
 岡田宮について   御由緒
当宮は古代、崗地方(旧遠賀郡)を治めていた熊族が洞海・菊竹浜(貞元)に祖先神を奉斎した地主神にて、岡田の宮と称し、この地を熊手と号す。
 神武天皇日向国より東征の途次、当宮に詣り天神地祇の八神(八所神)を奉斎し、この地に留まり給う由「古事記」にあり。
 仲哀天皇8年(199年)、神功皇后、三韓征討の折、崗県主祖・熊鰐の案内で熊手出岬(皇后崎)に到り、当宮に詣り八所神を親祭する由「日本書紀」にあり、これを岡田の三宮と称し「天」「地」「人」の三才を表す。
 古来当地は北部九州における海陸路(洞海船留、皇后崎津、太宰府官道)の要に位置し、皇室、公家武門、武将等の崇敬篤く、祭礼法度を定め社領18所、末寺9坊と栄えたり。
(後略)(岡田宮HPより)
http://www.okadagu.jp/about/concept.html (岡田宮HP)

岡田宮」のHPを見ると、「御鎮座二千六百年」とあるんですね。
相当古くて、由緒正しき神社なんですね。

由緒書きの傍には、何やら俳句が掘り込まれた石板が並べられていますが…。
イメージ 11

説明書き。「黒崎十二景」とあります。
イメージ 12

「帆柱山」「黒崎港舟町」「洞海妙見沖」「山寺町」「洞海枝光沖」「浄蓮寺」
「若松二島」「岡田宮」「鳴水町」「熊手町」「陣山町」「城石町」の12の景色を指すようです。

拝殿に向かって左手に進むと、小さな社がありました。
イメージ 13

奥の社に近付いて…。「稲荷神社」とありました。
イメージ 14

本殿を脇から眺めて…。
イメージ 15


その2に続く。



岡田神社(岡田宮)
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1
http://www.okadagu.jp



にほんブログ村 福岡(市)・博多情報
https://localkyushu.blogmura.com/fukuoka_town/
↑ランキング参加中!クリックして戴けますと、嬉しいです!

人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?819555
↑ランキング参加中!クリックして戴けますと、嬉しいです!

名誉編集長デーモン閣下 九州征服計画
http://www.welcomekyushu.jp/demon-kakka/



これまでの黒崎宿 歴史散策レポ

櫻屋跡(櫻屋の離れ座敷と歌碑)のレポは、こちら
末松商店ビルのレポは、こちら
神蹟山 海蔵庵東構口跡のレポは、こちら
黒崎城跡のレポは、こちら
田町歴史の径のレポは、こちら
長崎街道 黒崎宿・史跡案内板がある石畑公園のレポは、こちら
鳥野春日神社」(その1)のレポは、こちら
鳥野春日神社」(その2)のレポは、こちら
東光寺願かけ(癌欠け)地蔵)のレポは、こちら
浄蓮寺(その1)のレポは、こちら
浄蓮寺(その2)のレポは、こちら
正覚寺のレポは、こちら
黒崎宿場跡のレポは、こちら

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

撮り溜めた膨大な写真も月日が経つとただの思い出に変わってしまうもので、
それはそれでいいのですが記憶があやふやで場所の名前も思い出せなくなったりするものです。
その点、下町おやじさんのパワー、凄いですね。
半年以上も経ったところを克明にレポするだけの記憶力とパワーにはいつも感心しています。

2012/12/9(日) 午前 9:29 タケ 返信する

アバター

タケさん、街中の景色を切り取る写真はどうしてもどこだか忘れてしまいますよね…。仕方がないと思いますよ…。小生の写真は名所旧跡、神社仏閣などを順番に撮っていますので、写真を見ていると思い出すんですよね。小生も結構忘れっぽいので、レポを作成していて苦労する時が多いです(汗)。

2012/12/9(日) 午後 3:04 hsnm下町おやじ 返信する

顔アイコン

狛犬にオスメスがあるって知ってました???
角がある方がオンナだって、笑えますよね。。。

歴史探索は楽しですね!!

2012/12/9(日) 午後 8:42 うえぽん 返信する

アバター

ぽんこさん、知りませんでした(汗)。角があるのがメスって、まるで人間と同じですね。し、失礼しました…(汗)。うちの家内には…(汗)。
歴史探索は止められませんよね♪

2012/12/10(月) 午前 0:04 hsnm下町おやじ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事