九州〜列車で行こう〜下町親父の珍道中

下町おやじが九州で、うまかもんと名所旧跡・歴史散策で楽しく過ごす珍道中!?

全体表示

[ リスト ]

2017年2月2日の大村歴史散策の続き。
 
上小路武家屋敷街・浅田家家老屋敷跡」を見学した後は、「旧楠本正隆屋敷」に向かいました。
 
 
上小路武家屋敷街・浅田家家老屋敷跡のレポ。
 
 
浅田家家老屋敷跡」からは、「上小路武家屋敷街」を暫く進むと、右手に講演が見えて来まして、その一角に、周辺の史跡案内マップがありました。地図の右側が北になります。
イメージ 1

 
上小路武家屋敷街」から右折し、少し進むと、左手に立派な石垣と生け垣を持つ御宅が見えて来ます。
イメージ 2

 
その御宅の前に、由緒書きがありました。「武家屋敷街」。長崎街道から少し入った場所で、この辺りは「大村騒動」が起こった場所になるそうです。
イメージ 3

 
==================================
大村騒動 慶応三年(1867)
 大村で大きな事件がおこりました。正月3日に城中で謡(うたい)(はじ)めの行事があり、その帰り道に勤王派、盟主の家老の[針尾九左衛門]が自宅の門前で何者かに切られて重傷を負いました。
 同じころ勤王派の中心人物[松林飯山]も家の近くの路上でおそわれて命を落としました。その後、犯人探しが行われ、やがて犯人が捕らえられました。三月に家老の家柄の二つの大村家の当主は責任をとらされて自害し、五月には二十数名が処刑されました。これが[大村騒動]と呼ばれる事件です。現在、上小路の事件現場には[松林飯山の遭難の碑]が建っています。
大村藩は、大村騒動の後、藩論を倒幕でまとめ、渡辺昇(わたなべのぼり)などが中心となり、倒幕運動を展開します。昇は坂本竜馬に頼まれ、桂小五郎に薩長同盟を説いたと言われています。(大村市観光コンベンション協会HPより)
==================================
 
 
大村藩は、この「大村騒動」により、討幕への傾倒して行ったのですね。
 
 
立派な石垣のある御宅の門に近付いて…。こちらが「旧楠本正隆屋敷」になります。
イメージ 4

 
門をくぐり敷地内を進むと、建物が見えて来ます。
イメージ 5

 
お庭には「楠本正隆生誕之邸」と刻まれた石碑があって…。
イメージ 6

 
入口脇には、由緒書き「旧楠本家住宅(旧楠本正隆屋敷)」があります。長崎県の有形文化財にしてされているのですね。
イメージ 7

 
この屋敷は明治3年に楠本正隆によって建てられたもので、江戸時代の武家屋敷の流れを組む近代和風住宅ですが、史跡にはしていされていないとあります。
 
 
入館料200円を支払って、御屋敷の中に入ります。おお〜素晴らしい!
イメージ 8

 
由緒書き「楠本正隆屋敷」。間取図もあって、分かり易い!
イメージ 9

 
大村藩武家屋敷の多くは曲屋(まがりや)の造りで、角屋(かどや)に座敷を配し、式台(表玄関)を座敷に沿って設けていますが、この正隆屋敷曲屋ではなく直線的な造りをしている為、座敷は角屋に設けられていません。しかし、式台は座敷に沿って配されており、身分によって出入口を分けられ、武家屋敷としての格式を表に出した造りになっています。
 
 
楠本正隆についての説明書きがあって…。幕末の動乱期に大村藩を倒幕に導いた指導者の一人で、明治政府の大久保利通の信任も厚く、請われて新潟県令となりました。東京府知事、衆議院議員、衆議院議長を歴任。男爵。
イメージ 10

 
楠本正隆男爵の年表も掲示されていました。
イメージ 11

 
欄間の飾りも美しい!
イメージ 12

 
違い棚もあって…。
イメージ 13

 
欄間の彫り物も手が込んでいますね〜。
イメージ 14

 
その2」に続く。
 
 
 
旧楠本正隆屋敷
長崎県大村市玖島2-291-4
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/954/(長崎県観光連盟HP
 
 
 
 
にほんブログ村 福岡(市)・博多情報
↑ランキング参加中!クリックして戴けますと、嬉しいです!
 
 
人気ブログランキング
↑ランキング参加中!クリックして戴けますと、嬉しいです!
 
 
下町おやじのアメーバブログ
 
 
下町おやじのYahoo!ブログ β版
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

大村・・本当、何度も仕事で訪れて何度も泊ってたのに、武家屋敷跡など全く知らず残念です。 ほとんど駅前の100mくらいしか知りません(笑) レポで拝見できて良かったです(^^)

☆ぽちぽち☆

2017/11/23(木) 午後 2:09 [ mayo ] 返信する

アバター

> mayoさん
玖島城跡や武家屋敷は、大村駅から離れていますから、無理もないですよ。
歩いて行ける距離ですが、ちょっと見に行こう、という距離ではないですからね…
それに興味の問題もありますしね(笑)
城下町・大村。なかなか面白い街ですよ(^^)

2017/11/23(木) 午後 8:49 hsnm下町おやじ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事