SUEの日記

南相馬市に来て4年が経ちました

全体表示

[ リスト ]

告発・電磁波公害

イメージ 1

イメージ 2

「告発・電磁波公害」/松本健造  緑風出版


まえがき − 「ゆでがえる」になるまえに

第1章 現場からの報告 その一 (超低周波編)
 ○瀟洒なマンションに潜む恐怖 階下の電気室で記憶障害
 ○送電線下からの脱出 自宅を引っ張る
 ○白血病から生還した少年、高圧送電線下で
 ○配電線の下で、電磁波過敏症になった一家

第2章 現場からの報告 その二 (電磁波過敏症)
 ○電磁波過敏症と闘う、前橋の主婦の場合
 ○携帯電話の中継基地局の恐怖、伊那市の塩田さん一家を襲った異変
   ★巨大化したタンポポ
 ○携帯電話タワーの恐怖、電磁波シールドの家を建設した一家
   ★植物に異変が
   ★「電磁波難民」
 ○電車に乗れない人々、車内に電磁波が充満
   ★車内で増幅される電磁波
   ★歯のアマルガムで電磁波過敏症に

第3章 現場からの報告 その三 (労働現場)
 ○のろわれた図書館、盗難防止装置で体調不良が続発
 ○電磁波で初の労災申請、鈴木さんの場合
   ★電磁波研究で病気に
 ○職場の電磁波、100ミリガウスを超す電磁波に包まれたオフィス
   ★慢性疲労症候群
   ★オフィスの悲劇
 ○過酷な労働現場の電磁波問題、棚上げされた実態報告書
   ★明らかになった労働現場の過酷な実態
   ★報告書を棚上げに

第4章 空白の25年、日本初の疫学調査の光と影
 ○国内初の小児白血病の疫学調査の波紋、最低評価の影響
   ★最低評価で研究打ち切りに
   ★最低の評価の影響
 ○日本の疫学調査の抹殺はなぜ起きたのか、その第一幕
   ★研究つぶし
   ★文部省担当者が勝手に書いた「評価結果報告書」
 ○日本の疫学調査の抹殺はなぜ起きたのか、その第二幕
   ★文科省の評価書はどのように作られたのか
   ★「あの研究は絶対に認めない」
 ○国際雑誌に掲載、再び高い評価
   ★国際的なガン専門誌が高い評価
   ★小児脳腫瘍の研究にも打撃
 ○「くさいものにふた」の文科省、雑誌つぶしの前歴

第5章 疫学調査とは何か、欧米と日本の違い
 ○疫学重視のイギリス、官民一体で送電線対策
   ★送電線から両側60メートルの住宅や学校などの新築禁止
   ★九州での疫学調査でもリスク確認
 ○わが国初の疫学調査、明治の陸海軍の脚気論争
   ★陸軍は脚気で多数の戦死者
 ○水俣病の疫学調査の挫折とその教訓
   ★熊大の疫学調査で原因を特定
   ★無視された疫学調査
 ○疫学調査の勝利、スモン病の場合
 ○使われない伝家の宝刀、労働安全衛生法の疫学調査の規定
   ★国は職権で疫学調査ができる
   ★EUの電磁波指令

第6章 電磁波から自衛へ
 ○呪われた町で闘う、群馬県館林市の住民グループ
   ★低い鉄塔の周りで異変が
   ★住民の要望で鉄塔建て替え
 ○三つ編みの電線で磁界を大幅カット、藤沢市の会社員の場合
   ★「ケーブルの三つ編み化」で電磁波は劇的に低減するが・・・

 ○屋内配線の恐怖、マンションの床下や天井から強力な電磁波
   ★三路スイッチの落とし穴
   ★規制なく野放しの屋内配線

 ○電磁波カットの電気製品開発に新しい動き
   ★電磁波カットの電気毛布
   ★欧米で電磁波カットが電気製品の性能の新基準に

 ○電磁波対策、送電線にも三つ編みが登場
   ★三つ編みの高圧送電線
   ★地中化より効果が

第7章 予防原則へ向けて
 ○ワルトハイマー論文の衝撃から28年、WHOが予防原則を勧告
   ★電磁波のWHO新環境保険基準
   ★ワルトハイマーの先駆的研究
   ★予防原則による対策が始まる
 ○WHOも認めた日本の疫学調査、新基準で詳細に紹介
   ★WHOの新環境保険基準に影響を与えた日本の疫学調査
   ★WHOの評価
 ○メラトニンと電磁波、WHOの新基準で「不都合な真実」が
  明らかに
   ★乳ガン促進のメラトニン仮説を立証した石堂研究員
   ★封印された電力中央研究所のヒヒの研究

資料 「電磁波を規制するWHOの新環境保健基準」(EHC二三八)
    の要約部分


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

科学的に電磁波が危険であると100%の因果関係が証明されている
わけではありません。
しかし、海外や日本で行われた疫学調査(データを取って、物事の
因果関係を調べる調査、タバコと肺がんの関係などが知られている)
では、電磁波について危険な可能性があるとのデータが取れています。
欧米では、これを重要視して規制値を儲けていますが、
日本では疫学調査を重要視しない傾向があります。
この本では、前半で、電磁波による被害者の実例を取り上げて、
後半には、日本が行った疫学調査、通称「兜報告書」について 取り上げ
ています。
兜グループの研究により、「電磁波が危険な存在である」という結果が
でそうになるや、文科省がそれをつぶしにかかり、 研究結果オールCと
いう、最低の評価を押し付けて、 それ以降の研究をさせないように
しました。
しかし、この「兜報告書」は海外で高い評価を受けるという皮肉な結果
を招くことになりました。
また、日本が疫学調査を無視したがために、大量の被害者を出した
「水俣病」や戦時中の「脚気」についても触れています。
非常に良く調査してあり、「電磁波」だけでなく「疫学調査」に ついても詳しく書かれている本だと思います。






一部 抜粋します。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

だが、この「中枢神経系への影響」を認めた報告書の結論は伏せられ、
逆に、影響が無かったとする説明が対外的に行われた。
その一例が、報告書から2年後の1995年3月18日に放映された
テレビ朝日の番組「検証、高圧送電線の電磁波 人体の影響は」だ。
国内で初めて本格的に電磁波問題を取り上げた番組で、大きな反響を
呼んだ。
だが、その中で、電力中央研究所の笹野隆生氏(研究開発部推進室)
は、この実験を紹介し、「ヒヒに電界や磁界をかけて社会行動や学習
行動に変化がないかを調べたが、結果は、変化は全く見られなかった」
と断言した。
これと同じ説明はその後も、各電力会社のパンフレットなどで掲載
され、電磁波の安全性の説明に使われてきた。

この電力中央研究所の報告書は、実は、一連の実験が終了して米国側
(サウスウエスト研究所)が提出した論文などをもとに、作成された
ものだ。
電力中央研究所の研究者は当時の経緯について、こう説明する。
「米国の研究者(ロジャース博士)が、論文を持ってきた。
メラトニンが減った論文も含まれていたが、電力中央研究所の責任者が
受け取らなかった。」
つまり、「メラトニンに影響が出た」論文は無視し、「メラトニンに
影響が出なかった」論文だけを使い、日本側の報告書が作成された。

結局、ロジャース博士らは、実験終了から3年後の1995年、日本側
の研究者の名前を入れず、単独でこれらの論文を学会誌「バイオエクス
トロマグネティクス」の特別号で公表した。
そして、この論文が、今回のWHOの評価につながった。


※その実験では、電磁波を浴びせるとガンを抑制する作用のある
メラトニンの減少が認められています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事