兵庫県特別支援学校(知的)サッカー連盟

本連盟は知的障害者へのサッカーの普及を目的とし、大会や練習会の開催、サッカーを通しての交流等の活動を行っています。
イメージ 1イメージ 2











1 目的  兵庫県・神戸市の知的障害を持つ人達のサッカーの裾野を広げると共に交流・技術の向上を図る。
2 .主催   兵庫県特別支援学校(知的)サッカー連盟    
3 .後援   兵庫県サッカー協会       兵庫県特別支援学校長会    (アイウエオ順)
  
   大会幹事校   兵庫県立姫路特別支援学校サッカー部 
            兵庫県立姫路しらさぎ特別支援学校サッカー部

4 日程    平成31年3月2日(土)雨天実施
          大会日程  開会式 9:00   試合 9:30 閉会式 各リーグ終了後
5 会場    兵庫県立三木総合防災公園球技場(第2、第3球技場、フットサルコート) 
                      三木市志染町三津田1708

6 大会参加費 1チーム 3,000円 (同団体から2チーム以上出場する場合、2チーム目から  1,500円)

7 競技規則
  ①(財)日本サッカー協会 競技規則に準ずる。
  ②大会形式(試合時間等は、参加校等の関係により変更する可能性がある)
  ・Aリーグ(8人制の部:ハーフコート) Bリーグ(8人制の部:ハーフコート)
  ・Sリーグ(8人制の部:ハーフコート) SSリーグ(8人制の部:フットサルコート)
  ・予選はリーグ戦方式で行う。勝ち点方式で、勝ち点:3点、引き分け:1点、負け:0点とする。勝ち点が同点の場合、①当該チーム同士の勝者②得失点差③得失点が同じの場合、得点が多い方を上位とする。④それでも同点の場合は抽選とする。
    ・ 決勝(参加チーム数によっては、準決勝・3位決定戦を行う)。
    同点の場合は、PK方式(3人制)で行い勝者を決定する。
③試合時間はAリーグ:10分ハーフ・ハーフタイム3分
  Bリーグ:10分ハーフ・ハーフタイム3分
  Sリーグ:10分ハーフ・ハーフタイム3分
  SSリーグ:8分ハーフ・ハーフタイム3分
*A・Bリーグは参加チーム数により時間の変更があります。
④選手交代数は自由とする。リエントリー可。交代は主審の許可を得て行う。
⑤試合球は主催者で用意する。(公認5号球)
⑥ユニフォーム(背番号付)を着用する。双方のユニフォームが同色で、識別しにくい場合はビブス(主催者で用意)をつける。
⑦審判については(社)兵庫県サッカー協会(予定)に一部依頼する。
⑧参加者は事故等がないように完全管理に留意する。会場への行き帰りや、大会中事故等が発生した場合、主催者側は応急処置を除き一切責任を負わない。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 2

イメージ 1

        
                                                                                
  1月20日(日)に、大阪府熊取町の大阪体育大学で、第8回関西8人制チャンピオンカップが開催されました。大阪体育大学の人工芝サッカーコートでした。選手たちにはすばらしい環境で試合ができました。
 U-18には、阪神昆陽特別、芦屋特別、東はりま特別の3チームが、Over19には、エストレラ姫路、芦屋特別OB、神戸共に歩む会の3チームが出場しました。
   Uー18は関西の府県から8チーム、over19にも、8チームが代表として出場しました。今回は2つのカテゴリーともトーナメント方式で行われました。
 結果は、芦屋特別は、1回戦、大阪のたまがわに、0:2で敗れ、敗退でした。阪神昆陽特別は1回戦、奈良高等に、1:0で準決勝進出、東はりまは特別は1回戦、京都FCに、4:0で、準決勝進出 阪神昆陽特別と東はりま特別が準決勝であたり、東はりまが2:0 で決勝に進出、阪神昆陽が3位決定戦に回りました。
 決勝戦、東はりまは大阪のたまがわ高等に0:2で敗れ、準優勝。阪神昆陽はブールーダイヤモンズに0:1で敗れて、4位となりました。
 over19では、トーナメント方式で、1回戦エストレラ姫路がたまがわOBと対戦し、0:2で負けて、1回戦敗退。神戸共に歩む会がアイディスに0:3で敗れて敗退、芦屋OBが京都FCに0:0で、PKで敗れ、敗退、ということで、すべて1回戦敗退となりました。結局、兵庫県は6チームが出場しましたが、高校生大会は、2位東はりま、4位阪神昆陽。OBはすべて1回戦という結果になりました。 どのチーム他府県の交流試合ができ、良い経験をしました。次年度も関西大会はありますので、そこを目指して、関西大会の出場を逃したチームも、日頃の練習に励んでいただきたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)





イメージ 1

大会目的
①関西における知的障がい者サッカーの普及を目指す
②選手一人当たりのボールタッチを増やし、技術の向上を目指す
③各府県大会以上の大会と位置付け、選手及び指導者のモチベーションを高める

大会日時:平成31年1月20日(日)9:00〜16:00

大会会場:大阪体育大学サッカー場

主催、主管関西知的障がい者サッカー連盟
協力:大阪体育大学
後援:日本知的障がい者サッカー連盟

参加規則
①U−18の部については、支援学校やクラブチームなど18歳以下のメンバーで構成するチームとする。社会人の部については、支援学校などを卒業した社会人で構成するチームとする。
②大会中の事故等について主催者は応急の処置を除き、一切責任を負わない。近隣の病院の紹介は行う。傷害保険等について、各チーム必ず契約しておくこととする。
③参加費は1チーム7,000円とする。
④1チームの登録人数は、選手18名以内、役員6名以内とする。
⑤メンバーシートは本部記録用に1部、主審に1部提出ください。

競技規則
①基本ルールは、日本サッカー協会8人制サッカー競技規則に準ずる。
②ピッチ縦68m・横50m、小学生ゴール、公認5号検定球を使用する。
③原則、背番号付きのユニフォームを着用すること。
④試合時間は12分―3分―12分とし、勝敗がつかない場合は3人ずつのPK方式で勝敗をつけることとする。
⑤組合せは、主催者側で決定し、監督会議は行わないこととする。
⑥退場処分及び累積警告2枚で次の試合に出場できない。
⑦交代は11人制同様ゲームが止まった際に行う。また、再出場は可とする。
⑧ベンチサイドから監督のみ選手に指示できる。
⑨U−18、社会人の部それぞれ8チームのトーナメント方式での大会とし、兵庫2、大阪2、奈良1、京都1、滋賀1、和歌山1チームを基本チーム数とする。
但し、参加辞退が出た場合は参加表明チーム数の多い府県を優先とし、出場枠が与えられる。
賞与1位にトロフィーと賞状、2位、3位には賞状を授与する
その他交流試合のゴールサイズは通常用のゴールとします。あらかじめご了承ください。

この記事に

開く コメント(0)

第8回兵庫カップ 結果

イメージ 1

イメージ 2












主催:兵庫県特別支援学校(知的)サッカー連盟
 後援:兵庫県特別支援学校(知的)校長会    兵庫県サッカー協会
・期日 平成30年12月15日(土)  
・場所 三木防災公園球技場
 
結果   優勝   阪神昆陽特別支援学校  準優勝  東はりま特別支援学校     第3位   芦屋特別支援学校
     
参加校 阪神昆陽特別 芦屋特別 高等特別 のじぎく特別  いなみ野特別   東はりま特別 姫路特別  姫路  しらさぎ特別 あわじ特別  計9校

12月15日(土)に、第8回兵庫カップ(U-18) を三木防災公園球技場で開催しました。この大会は、現在、特別支援学校に在籍する生徒のみが参加できる大会で、熱戦が繰り広げられました。
  大会は第8回関西特別支援学校(U-18)大会(1月20日(日)大阪体育大学で開催)の予選会も兼ねた大会で、上位3チームが関西大会に出場します。
 予選リーグ、決勝トーナメント、1点を争う試合もあれば、大きく点数がひらく試合もありました。しかし、どのチームも自分たちの日頃の練習の成果を出していたと思います。 関西大会に参加する3校には兵庫の代表として頑張ってほしいですし、他府県の学校といい交流をしてもらいたいと思います。幹事校の阪神昆陽特別さん、サポート校のいなみ野特別さん、準備等ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2










1  主催:兵庫県特別支援学校(知的)サッカー連盟

2  後援:兵庫県特別支援学校知的障害教育校長会  兵庫県サッカー協会

3  大会幹事校:兵庫県立阪神昆陽特別支援学校サッカー部

4  期 日:平成30年12月15日(土)   雨天決行

5  大会日程:  開会式9:30〜 9:40試合 10:00〜15:00  閉会式15:10〜15:20

6  場 所: 三木総合防災公園(第2陸上競技場 天然芝)

7 参加チーム   阪神昆陽特別 芦屋特別  高等特別 のじぎく特別 いなみ野特別 東はりま特別
            姫路特別  姫路しらさぎ特別  あわじ特別  以上 9校 

            兵庫県内の特別支援学校(知的)サッカー部(18歳以下)

8  注意事項
 大会形式
 ① リーグ戦方式(予選)で行う。勝ち点方式で、勝ち点:3点、引き分け:1点、負け:0点とする。
 ② 勝ち点が同点の場合、①当該チーム同士の勝者 ②得失点差 ③得失点が同じの場合、得点 が多い方を    上位とする。④それでも同点の場合は抽選とする。
 ③ 決勝、3位決定戦等について、同点の場合は、PK方式(3人制)で行い勝者を決定する。
   関西大会出場枠が確定していないので、場合によっては順位決定戦も行う。  
 
・ 審判については、主審は兵庫県サッカー協会に依頼し、副審を参加チームの指導者で行う。
・  参加者は事故等がないように安全管理に留意する。会場への行き帰りや、大会中事故等が発生した場合、主催者側は応急処置を除き一切責任を負わない。
 
その他    (1) 大会参加費として1チーム3,000円を徴収する。(大会当日に徴収)
  
    

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事