全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ストラップ

のりまきの携帯電話には、北朝鮮の『金剛山』ストラップがついている。
もちろん平壌を経由して行く旅で買ったものではなく
韓国から金剛山に行くツアーでの温井里の売店で購入したものだ。
韓国産の金剛山ストラップ、といったところか。
丸い厚めのコインのような形に『金剛山』という文字と山が描かれている。
ちょっとかわいい感じのする品物だ。

昨日は家族4人で夕飯を食べに行く。のりまきあてにメールが来たようで
席につくやいなや胸のポケットから携帯を取り出した。
すると、その時に『金剛山』が外れてしまったのである。
慌てるのりまき。レストランの椅子の下などなど探す探す。
その手のリアクションに弱い両親まで一緒に慌てる。
「どうしたの?何があったの?」
とりあえず
「携帯のストラップが取れちゃったんだそうです」
とふとまきが説明。
「おっかしいなあ〜」
それでも気にするのりまき。見つからないので
「ちょっとトイレに行ってきます」
とのりまきが席を立つ。
とのり母が
「あの子もしつこいね〜。何だって言うのよ」
と言ってくる。
「外国で買ったから大切らしいです」
(両親には金剛山に行くのを黙って、ただ韓国に行くと伝えていることもあるので)
「え?そうなの?それは大変。外国で買ったんだってよ。お父さん」
と母。父は どうだっていい 風な顔である。
「まあ、でもまた行くでしょうから、その時買えばいいと思います」
とりあえずフォローする。
「また行けれるようなところなの?」
「はい、また絶対行くと思いますから。その時でもまだ買えますし」
のりまきトイレから出てくる。
その時から視線はずっとわれわれのテーブル、椅子の下である。
結局何度見回しても見つからなかった。しょげるのりまき。
「またどうせ行くんでしょ、その時に買えばいいじゃん。他のでもいいんだし」
とのりまきをなだめる。

ストラップを気にしながら帰宅。
風呂に入ろうとしたのりまきがセーターを脱ぐ。
ころころころ〜ん。
『金剛山』が転がり落ちて来たのである。
「いや〜。シャツとセーターの間にあったんですね〜」
のり母にも見つかったと報告に行くように何度も言ったが結局報告はしていない。

順番違い

我が家では寝る時、一年くらい前からタオルケットを常時使用するようになった。
夏はもちろんのこと、肌触りが良いので、冬でも毛布の下にタオルケットを敷く。
誰かの家にお泊りをした時の真似、だったのだが、のりまきは
「これ、いいですね〜。肌触りがいいですもんね〜」
などと言っていた。

先日ひさびさにのりまきが敷いてくれた布団で寝た。
かけ布団の上と下が逆になっているのはいつものこと。
まあ、いいか。と布団に入る。タオルケットが毛布の上に、
つまり毛布とかけ布団の間にサンドされている。
どうしてこうなるのか。
順番通りにたたんでそのまま敷くはずなのに。
肌触りが良いから使っているタオルケットの意味をなしていない。

のりまきは既に就寝中。
仕方がないので、直して寝た。

家でも仕事

ある夜のこと。
FAXを送ろうとするのりまき
電話番号を口に出して3度も確認している。紙に書いてあるFAX番号を復唱し、
液晶の画面も復唱する。
そうして確認しているのが耳に入る。送ったかとおもいきや
「ちょっと、いいですか?最近うるさくてね〜」
とふとまきを呼ぶ。なんで自分の送るFAXに私を呼ぶ必要があるのだ?
3回も確認しているのに。
「え?もう充分確認したじゃん。最近うるさいって何よ?」
と言いつつももう一度確認に付き合う。のりまきが復唱する番号通りに
液晶に入力されているのかの確認だ。たいして見もせず
「大丈夫。大丈夫」
と言ってようやく送信。

なんでも職場では最近はFAXの複数確認後の送信が義務付けられているんだそうだ。

やっぱり

「やっぱり、そのまんま東が県知事だって!!予想通りだ!」
宮崎県知事選挙のお話。
「そのまんま東って宮崎出身なの?」
「そう。やっぱりね。自民党が分裂したから絶対当選すると思ってた」
「ふ〜ん」
「やっぱりね!」
嬉しそうである。何回やっぱりを言っただろうか。
想像通りに物事が運ぶとそれは嬉しそうである。

元旦から年賀状が届いた。
それぞれの味がある。
のりまきの同僚からの年賀状には
「のりまきさんもたまには良い仕事をしますね」
と。
たまにでも良い仕事が出来ることは良いことだと思った。
タイトル通り、かなりさぼり気味ですが、
本年もよろしくお願いします。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事