台湾花蓮観光ガイド 誰も書かなかった花蓮の魅力をご案内

花蓮ってタロコ渓谷だけだと思ってるあなた、人生損してますよ!!
前回は、台北・高雄から花蓮までの交通機関について話をしたが、今日は、もう少し視野を広げて、台湾旅行に関して、最近気になっている事を話そう。
 
台湾は日本からも近く、親日派が多く、人々は優しく、日本語も比較的通じる。だから、初めての旅行でも安心して行けるところとして、最近、日本人観光客に人気の高い旅行先になっている。
 
確かに、中国や韓国とは違い、親日派も多いし、人々も優しい。日本語も通じやすい。間違いではない。でも、勘違いしないで欲しい。台湾は台湾であって、日本ではない。すなわち、外国であるという事を絶対に忘れないで欲しい。
特に、何度も台湾へ旅行に来ており、台湾通だと自称している貴方。最近、最初の頃の緊張感というものを忘れてはいませんか。
 
日本では報道されていないだけで、最近の台湾、特に、台北、台中、高雄といった都会ではかなり物騒になっている。
昔は、「この地域は危険だから、極力近寄るな」という場所がはっきりとしていたが、今は、「まさかこんな場所で」というところで、殺人事件、強盗事件、レイプが発生している。
 
まあ、男の一人旅はどうでもいいとして、女性の一人旅は特に注意して欲しい。また、シルバー世代の旅行もそうだ。
どこの国でも同じで、弱者と呼ばれる人達が犠牲になっている。
 
「えー、今まで何度も台湾に行ってるけど、そんな怖い目にあった事はないよ」と思っているあなた、それは単に、今まで運が良かっただけ。
俺がいくらこうやって注意を呼びかけても「大げさ過ぎる」とか「考え過ぎ」という人がいる。まあ、そういう人は一度、痛い目に遭えば分るのだろうが、まあ、出来れば、痛い目には遭って欲しくないしな。
 
よく外国人が「日本人は本当に親切です」って言うけど、日本人って本当に親切かい?相手が外国人だからってところあるよな。同じ日本人同志で、そこまで親切にするかって聞かれたら???だろう。
それと同じこと。あなたが台湾に来たら、あなたが外国人な訳よ。
 
本当に台湾の人全員があなたの思っている様な人達ばかりだったら、警察はいらないよな。死刑制度もいらないよな。
 
以前、台北の街を歩いていたら、見知らぬ男が声をかけてきた。ヒマだったし、興味本位で男の話を聞いたら「拳銃いらないか。今なら安くしておく。」と、本物の拳銃を箱から取り出して見せてくれた。確か、台湾のお金で3,000元だった。玉は最初に10発付いていて、無くなったら、宅配もするって言ってた。もちろん、買わなかったよ。でも、これが現実。
 
いくら言葉が流暢に話せても、俺達は外国人。ここは外国。だから、決して甘く考えない事。
 
初めての台湾旅行を考えている人は特に、日本のガイドブックだけを見て、自分で無理な計画を立てるのは止めた方が良い。
 
特にシルバー世代の人達。移動は手ぶらではない。トランク引っ張って歩くのって大変だよ。特に、台湾の街の歩道は日本の様に平坦ではない。段差が異常に多い。人も多い。
 
未だに、ぼったくりタクシーも多い。特に、観光地では。
夜、一人でタクシーに乗るなんて事は絶対にしない事。
 
正しく台湾を認識し、その上で、安全で楽しい旅行をして欲しい。
 
今日は何だか真面目な話で終わったな。まあ、たまにはこういうのもいいかあ。
 
さーて、そろそろ花蓮の旅案内に戻らないとなあ。
今度は、瑞穂方面へ行こうか。ここはなあ・・・・、おっと、今から瑞穂の説明してたら話が長くなるなあ。次回にしよう。
 
台湾も外国。いい緊張感を常に持って、旅を楽しんでくれよな!!

この記事に

開く コメント(4)

いやいや、今回も本当に久しぶり!!
えっ、忙しかったのかって?うーん、ただ単にサボっていただけかなあ。
皆に紹介したネタはいっぱいあるんだけど、ブログって気分がのらないとなかなか書けないもんなんだな、俺にとっては。
 
まあ、言い訳はこの位でいいだろう。さて、今日の本題に入ろう。
 
今日は、観光案内から少し離れて、花蓮にはどうやって行けばいいかって事を紹介しよう。
 
「そんな事知ってるよ!」と言ってる人もいるだろうけど、そう言わずに聞いてくれよな。
 
まず、日本人観光客は、日本から台北か高雄に到着するのがほとんどだと思う。
まず、台北に到着した場合の方法だが、もっと一般的なのが、台湾鉄道を利用する方法。ただ、これが要注意。
日本では「台北-花蓮」の切符は入手困難という情報がすでに出回っているようだが、それは正解。
本当に入手困難だ。でも、だからって、諦める必要はない。ちゃんと手順さえ踏めば、入手可能となる。
 
まず、例えば、10月20日に花蓮に行きたいとしよう。その場合、乗車日である20日を1日、そして、予約する日を1日として計算して、15日前からの予約受付となる。と、言う事は、10月6日が予約開始日。予約は6日の午前0時(5日の24時)から、(この時間は台湾時間だから日本からの場合は、午前1時になるから間違えない様に)台湾鉄道のホームページから予約出来る。日本語版もある。
 
ただし、ここで要注意事項として、台湾の連休が入る時、17日前からの予約受付になったり、20日前からの予約受付開始になったりする。
だから、余裕を持って、旅行日の20日前からホームページの予約受付を覗くようにしておいてくれ。何せ、台湾だから。突然の変更は当たり前だから。
それと、予約する前に、事前に乗車希望の電車をいくつか候補を挙げておく方がいい。その場合、電車番号を控えておくように。それと、クレジットカードも用意するように。
予約の詳しい方法を知りたい人は、俺に連絡をくれれば、「予約方法」を書いた資料をメールで送るよ。もちろん、無料だから安心しな。資料をおくったからって、観光を俺に依頼して!なーんてことは言わないけど、思ってるよ(笑)
 
帰りの分も同じ要領で予約をいれればいい。往復で購入すると割引もあるぜ。夜中の0時(日本時間の1時)からの予約開始で、即、完売になるから、「夜中だし、明日の朝、早く起きて予約しよう」なーんて、のんきな事考えていたら、切符は手に入らない。何せ、台北の旅行社の連中が、中国人観光客のために、買占めを行っているから。だから、意外と、ギリギリになって大量のキャンセルが出て、満席だったはずの電車がガラガラって事もよくある。でも、これを充てにしていてはダメだぜ。
楽しむためには、それなりの努力も必要って事。
 
たまに、俺に購入をして欲しいって言ってくる人もいる。原則、それは断っている。だってさ、購入して日本まで切符送って、それでもしも突然のキャンセルになった場合、切符代の回収が不可能になるだろう。そこんところは理解して欲しい。切符の現物が自分の手元にあれば、キャンセルも出来るけど、それも出来ない場合、ちょっとリスクが大き過ぎるから。
と、言いながら、やっぱり、ご高齢の方から「どうしてもやり方が判らない」と言われたら、ついつい代行して購入しているけどな。その度に奥さんには怒られてる俺(笑)
 
さて、次は飛行機。台北からだと、台北松山空港から35分で花蓮に到着。復興航空が飛んでいる。受付は2か月前から。
インターネットでも購入できるが、飛行機ならば、日本の旅行代理店でも購入出来る。台湾鉄道は日本の旅行社は取扱いをしていないところがほとんどらしい。面倒なんだろうなあ。
 
残る方法は車。台北から花蓮まで車で約3時間半。途中、蘇花公路という断崖絶壁と山道を走る。急カーブも多い。
荷物が沢山ある人や、のーんびりと旅したいという人から時々依頼を受ける。俺の場合は、台北-花蓮の片道で、7,000元となっている。
これを高いと感じるか、妥当と感じるかは、その人の自由。
 
もう一つの方法。それは、台北市政府からバスで羅東まで出て、そこから電車に乗り換えるという方法。これが一番安い。羅東から花蓮までは、区間車という電車で約1時間。これは座席指定なし。バスも20分に1本の割合で出ている。台湾鉄道の切符がどうしても入手出来ず、でも、飛行機は嫌だという人にはこの方法が一番かも知れない。
 
さて、高雄からの場合だが、こちらも、台湾鉄道、飛行機、車という方法がある。
鉄道の場合は、高雄-台東間がまだ電化されていないため、時間がかかる。乗り換えなしで花蓮まで行こうと思うと、高雄か特急電車で4時間半から5時間半。一日7本しかない。
途中の台東で乗り換える方法もある。上手く接続があれば、台東から花蓮まではプユマ号に乗れれば、1時間半で台東から花蓮に到着出来る。
いずれにしても、意外と時間がかかるのが、高雄から花蓮だ。
新幹線で一旦、台北まで出て、そこから、花蓮に来る人もいる。が、時間的にはあまり変わらないし、こっちは交通費が高くつく。
 
飛行機の場合は55分で花蓮に到着する。華信航空が飛んでいる。
これが一番楽かも知れない。
 
後は、車。でも、こっちは台北からとは違い、山道は少ないが、距離が長い。
私がいつもお薦めするのは、一旦、台東の知本温泉あたりで一泊し、翌日、知本温泉から花蓮歴史街道を観光しながら花蓮へ入るという方法。
この場合、知本温泉までのお出迎えが必要になるので、観光料金以外に、追加料金は発生する。人数によっても違うが、一人1500元〜2000元ぐらいかなあ。
 
この方法ならば、台東で温泉も味わえて、花蓮観光も楽しめるという一石二鳥だよな。
 
まあ、初めての台湾の旅を計画する時は、まずは、俺に相談してくれ。
可能な限り、希望を叶えられるようなスケジュールを提案してあげるよ。まあ、本当は花蓮で宿泊して観光を楽しんで欲しいけど、そこはまずは、あなたの希望を聞いて、その希望が叶えられる旅を提案してあげたいしな。
日本の旅行社では出来ないプランを考えてあげるよ。
 
連絡方法は?って。メールでいいよ。
までメールもらえれば、ちゃんとプランを考えてあげるよ。優しいだろう!!
もちろん、無料だから安心しな。そんな事で金は受け取らないよ。
まあ、もしも、俺に会ってみたい!!なーんて嬉しい事言ってくれる人(出来れば女性が希望だけど)がいたら、花蓮に来てくれよな。
 
東台湾って思っているほど遠くないよ。でも、西側とはまったく違う、素朴で、大自然がいっぱいで、心癒される場所。
是非、東台湾にも遊びに来てくれよな。
 
待ってるぜ!!
 
 

この記事に

開く コメント(0)

久しぶり!日本はだんだん秋が近づいてきたようだな。花蓮は相変わらずの真夏。俺は夏が大好き。だから夏が長い方がいいのだが、観光で花蓮に来る日本人にとって、この暑さはかなり厳しいようだな。
 
夏場、花蓮に観光に来るとき、絶対に忘れちゃいいけないのが、サングラスと薄手の長袖。
花蓮の陽射しは日本とは比べものにならない。必ず、サングラスをしておく方がいい。眼球も日焼けする。慣れていないと目が疲れ、頭痛の原因にもなるからな。
それと、夏場の台湾の乗り物は、必要以上に冷房が効いている。だから必ず薄手の長袖は用意したほうがいい。さらに、日焼け防止のためにも、薄手の長袖は必需品だ。
俺の様に、年中、日焼けしている人間にとっては、今更皮膚がんを気にしても遅いだろうが、日本人にとっては、皮膚がん予防もそうだが、何よりも、身体に熱がこもるのを防げる。
 
さてと、今日はどこを案内しようか。前回までは鳳林を案内したっけ。だったら今日は、隣の光復を案内しようか。
光復で一番有名なのが「光復糖廠」だ。ここは、日本時代は鹽水港製糖会社の大和工場だったところ。戦後は、台湾製糖会社の花蓮工場として活躍していたが、今は、工場の操業も中止となり、観光地となった。
敷地内には、当時の工場で使用されていた機器や鉄道が保管されている。まあ、俺から言わせれば、保管というよりも放置されているようにしか思えないけどな。
工場跡も見学できる訳でもなく、何だかもったいないなあって感じがする。
日本だったら、当時の製糖の様子が見学できるように、工場の一部も復元したりするのだろうが、ここでは何もない。
 
ここでの観光客のお目当ては、「アイスクリーム」。色々な種類のアイスがある。いつも凄い人で、アイスをゲットするまでも一苦労。
俺だったら、この前紹介した鳳林の「三立アイスクリーム」の方がいい。
でも、折角来たのだから、土産話の一つとして、ここでアイスを食べるのもいいかも。出来れば、両方で食べて貰いたいけどな。
 
敷地内には花蓮では有名な某コーヒーショップがあるけど、恐ろしく値段が高く、その割に、「美味い!!」と言うほどの味でもない。
 
 
光復には他に、馬太鞍湿原がある。湿原の植物に興味のある人には楽しめる場所かもしれないな。でも、時期を間違えると、単なる湿地帯。
花の時期をしっかりと確認していく事を薦める。えっ、いつ頃が良いかって。湿原だからやっぱり梅雨時期でしょう。5月頃かなあ。
夏場に来ると、暑いだけの場所だから要注意。
 
俺さ、このブログ書いていて、ある人から言われた事があるんだ。
「あなた本当に花蓮が好きなのか。何だか花蓮の観光地を貶してばかりだ」とね。でも、それは大きな勘違い。
花蓮が好きだからこそ、日本人観光客には無駄な旅をして欲しくない。
ガイドブックにはいい事しか書いていない。でも、実際に現地へ行くと「えー、全然違う!」って事が多いよな。だから、俺は、正直に、面白い所、楽しい所、是非、見て欲しい所と、評判ほど面白みのない所、退屈な所をはっきりと述べているのさ。
 
まあ、俺のこのガイドが気に入らないのなら、読まなきゃいい。ただそれだけの事。
 
さてと、光復に来たなら、駅前にある農会のスーパーを覗いてみてはどうかなあ。ローカル色豊かなスーパーだ。
 
そうそう、さっき案内した光復糖廠の敷地内に、レストランがあるけど、ここは止めた方がいい。原住民料理なんだが、以前、俺が紹介したタロコ渓谷入口の「大衆餐廳」とは違って、美味しくない。
昼飯は、鳳林の如意亭で済ませてから、光復に入るか、光復糖廠入口のセブンイレブンで弁当でも買って、セブンで食べることをお薦めする。

また、光復糖廠内には「台湾製糖」の製品を販売しているお店があるが、値段は一般で売られている価格とほぼ同じ。決して安くなっている訳ではない。
 
最後に、ここでのアイスクリームを無料で食べれる秘密の方法をお教えしよう。ただし、アイスの種類を選ぶ事は出来ない。数は1個のみ。
俺の案内をちゃんと真面目に聞いて、ちゃんと反応してくれていれば、間違いなく1個は無料でゲットできる。何故って?ここはドライバーガイドに対し、無料のアイス引換券を渡している。
到着したらドライバーガイドは専用の控室に行って、手続きをすれば、アイス引換券と台湾製糖の商品をもらえる。最近は、台湾製糖のサプリメントが多いのが残念。以前は、缶づめや砂糖があったのに。サプリは一切飲まない俺には不要な土産だ。
ただし、タクシードライバーにはこの特典はないので、俺を裏切って、勝手にタクシーで観光した人には、この美味しい特典はない!!
 
あー、今日も言いたい事しゃべったな。
 
さてと、今から愛する妻が煎れてくれたコーヒーを飲みながら、数少ない休み前の夜をのんびりと過ごそう。コーヒーに一番大切なもの。それは妻の愛だな。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 

この記事に

開く コメント(0)

さて、今日は皆さんを林田山林業文化園區へご案内しよう。
ここは、日本統治時代に始まって、台湾・花蓮の林業全盛期の様子を垣間見ることが出来る場所だ。
 
まず、入口を入って目に入るのが、当時、伐採したヒノキやそこに住んでいた人を運ぶための電車。鉄道好きにはたまらない一品かも知れないな。
運転席にも入れる。
 
次は、当時の建物を復元した家屋に、様々な、木彫刻が展示されている。これは圧巻だ。さらには、当時の様々な品を展示している展示室もある。ここは、土足禁止だから注意するように。
 
園内は、駐車場の周りのエリアと、上のエリアとがある。ゆっくりと見て回ると、約1時間〜1時間半は欲しい場所だ。
ただし、ここは夏は避けた方が良い。ここは花蓮特有の「小黒蚊」というやっかいな蚊が多い。この蚊は、体長1mm〜2mm程の小さい黒い蚊(名前の通り)で、大群で襲ってくる。しかし、吸血されるまでその存在には気づかない。気づいたときは時すでに遅しの状態で、後が異常にカユイ。カユイからかくと、あっと言う間にそのかゆみが広がり、下手をすると、水膨れが出来てしまう。
日本製の虫よけスプレーはほとんど役に立たない。台湾に、「小黒蚊」専用の虫よけスプレーが販売されているが、これがとにかく臭い。
上手く表現できないが、体臭のきついおっさんの臭いがする。俺は苦手だ。
実は、この厄介な蚊を寄せ付けない(完全には無理だが)、肌にも優しい、香りも優しいものがある。これは昔から使われていたものだ。
最近はこれをお客様にお渡ししている。効果はあるようだ。
香りは赤ちゃんの風呂上りなどでよく使った(今は使っているか否かは知らないが)テンカフ(シッカロール)によく似た香りがする。
 
林田山林業文化園區の案内に戻るが、この場所は、好き嫌いがはっきりと分かれる場所だ。ある程度の年齢の人や山好きの人にはどこか懐かしさを感じてもらえる場所かもしれないが、若い人には「ウーン」で終わってしまう場所かも知れない。
 
まあ、観光地というのはだいたいがそうなんだけどね。
 
でも、折角、花蓮まで来たのだから、一度は訪れて欲しい場所でもあるな。
花蓮における日本の歴史を知るという事はとても大切な事だと俺は思うな。
 
ここでは駐車場の周りに何軒かのお土産を売っている場所がある。
ヒノキやクスノキのオイルが一番人気だ。こいつは、虫よけスプレーの代わりにもなると台湾人は好んで購入するが、日本人には向かないと思う。
後は、ヘチマを使って動物の置き物や帽子などがある。これは見る価値はある。まあ、日本まで持って帰るには、軽いが、荷物にはなるな。
でも、日本には売っていないと思うので、興味のある人は一考の余地はあると思う。
 
そうそう、ここには、当時の線路が一部だが今でもそのまま残されている。
これをローアングルで写真を撮ると、結構、いい作品になる。
 
しまった!!俺、虫よけスプレーするの忘れてた!!あー、かゆくなってきた。でも、慣れって怖いよな。このかゆみも10分もすると消えてしまう。えっ、誰だ!「そりゃ、あんたは現地人だから」って言ってるのは!!
まあ、確かに、台湾人のお客様をお迎えに行った時など必ず最初に聞かれるのは「あなた何族」だもんな。原住民じゃねえ!!って言うの。「日本人です」って答えても「冗談きついねえ」って大笑いされる有り様だかなあ。
でも、。俺は正真正銘のMade In JAPAN!!!
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

さてと、今日はもう少し、鳳林に留まって、見どころを案内しよう。
まず最初は、「校長夢工場」。面白いネーミングだろう。校長先生を製造?って思うかもしれないが、実は、そうなんだ。ここで、校長先生のアンドロイドを製造している。てな訳はいよな。でも、校長先生を製造って部分は、実はハズレではないんだ。どういう事か知りたい?そりゃ知りたいよな。
だったらどうすればいいか。このブログの愛読者ならもうお判りだろう。そう、俺に案内を頼むしかないよな。どうやって頼めばいいのかって。後で、連絡先教えるよ。
この校長夢工場は、お昼の12時から1時半までは昼休みだから注意。HPには、休館日は書いていないけど、月曜日がお休みって事が多い。
 
もう一つは、「客家文物館」。台湾には、内省人(台湾人)、外省人、原住民、客家人という民族がいるけど、花蓮にはその全部が住んでいる。しかも、花蓮市内以外の場所では、各々の民族が集落を作って住んでいる。
ここでは、客家人の文化を見学できる。是非、見て欲しいところだ。

その客家文物館の敷地内に、「花手巾植物染工房」というお店がある。ここでは、植物染めの体験が出来る。植物染めの商品の販売もやっている。興味のある人は是非、行ってみてくれ。体験染めは1時間〜1時間半ほど。地元の人とワイワイガヤガヤ言いながら体験するのも面白いかもよ。言葉なんて通じなくても、どうにでもなる。心配ご無用!!

さあ、お腹がそろそろ空き始める頃だよな。一般的なツアーでは、次の機会に紹介するが、林田山林業文化園區の近くの「豚足」の店でお昼を食べるか、鳳林の山の中の客家料理の店で食べる事が多い。が、俺は行かない。何故って。だってさ、昼間から豚足はきつい。山の中の客家料理の店も、建物は変わっているが、味はいま一つ。どちらも、俺はお薦め出来ないなあ。
俺がいつも行くお店は、「客家文物館」の裏手にある「如意亭」。素朴な台湾料理のお店だが、ここの炒麺(台湾風焼きそば)は天下一品。
俺も30年近い台湾生活の中で、色々な炒麺を食べてきたが、ここのは最高に美味い。麻婆豆腐も美味い。結構、日本人に馴染みのある料理が揃っている。たまには、普通の中華料理を食べたくなる時もあるだろう。そういう時は、ここがお薦めだ。
 
お昼ごはんが終わったら、鳳林の街をブラブラしよう。
食後のデザートは、「三立アイスクリーム」。ここのアイスは美味いぞ!
俺が案内した時、もしも、その気があるなら、「お一つ如何ですか」とマンゴーアイスなんかを持って来てくれた時には、もう最高に嬉しいねえ。えっ、いやいや、別に催促している訳じゃないよ。あくまでも、その気があるならばという話。
 
鳳林の街中には、日本統治時代からやっているお店もある。雑貨屋さんなんだが、歴史を感じるねえ。
 
他にも、台湾人観光客が喜ぶ場所があるけど、日本人観光客には面白くない場所なんで、案内はしないよ。
折角、花蓮まで旅に来たのなら、心の底から「楽しい」「美味しい」と思える場所へ行かないと、時間とお金の無駄だからな。
 
さてと、そろそろ鳳林の街を後にして、次の目的地へ行こうか。と、言いたいところだが、今日はここまで。
次は、林田山林業文化園区あたりを案内するよ。それじゃ!!
 
イメージ 1
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事