台湾花蓮観光ガイド 誰も書かなかった花蓮の魅力をご案内

花蓮ってタロコ渓谷だけだと思ってるあなた、人生損してますよ!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さーて、今日はどこへ行く。
花蓮市内へ入る前に、面白いところを紹介しようか。
「港天宮」という台湾式の廟。ここはとにかくでかい!!驚きの大きさだ。
そして、派手!!さすが台湾の神様は派手好き!って感じだな。
でもさ、よーく落ち着いて看ると、細かい彫刻がいっぱいある。天井の彫刻なんて、感動ものだぜ。最初はでかさと派手さに驚くけど、帰る頃には、感動を味わえるのが「港天宮」だな。台北の龍山寺よりも俺は見応えがあると思うな。花蓮に来たら、「港天宮」は是非、見て欲しいところだな。
 
ここを終えたら、花蓮市内へと向かおうか。お客様からよくある質問が、「花蓮でどこか美味しいところありますか?」。
でもさ、「味」って個人差があるよな。俺が「美味い!」と思っても、あなたが「美味い」と思うか、その保証はない。だから、あくまでも、俺が「美味い」と思っている店を紹介する。
 
花蓮と言えば、ワンタン(扁食)と小龍包が有名。日本のガイドブックにも載ってるよな。でも、ガイドブックで紹介されているワンタンの店は、俺は美味いとは思わない。もっと美味い店がある。この店は、今までの日本人観光客の人達、全員が、「美味しい!!」と認めたお店。
「花蓮香」というお店だ。場所は、中山路と林森路の交差点近く。
他にも店舗があるけど、この中山路と林森路の店が一番美味い。
ただし、店のおばちゃん達の態度は最悪だぞ。まあ、台湾で店員の笑顔やサービスを期待する方が間違っているけどな。
この店は、まず、自分で勝手に席に座り、座席近くに置いてある注文票に自分で注文数を書き込む。
ワンタンの種類は、汁あり、汁なし辛口、ワンタン麺があって、ワンタンも、肉のみ、エビのみ、ニラのみ、ミックスとある。まあ、最初はミックスで頼むのがいいだろうな。一つ一つのワンタンがでかいから、結構、満腹になる。
注文数を書いたら、自分で、外の調理場にいるおばちゃんに注文票を渡しに行く事を忘れるなよ。待っていても、誰も来ない。
そうそう、注文票には、自分の席番号を書く欄があるから、ちゃんと記入するように。
ワンタン以外には、外の調理場の対面に、惣菜がおいてある。そこから欲しい惣菜を勝手に持って行く。
 
ここで、注意事項!!
台湾では、普通の食事を取る時にお酒を飲むという事はしない。だから、ビールを置いているお店は少ない。欲しければ、自分でコンビニ行って、持ち込みするしかないけど(この場合も、事前にお店側の了解を得る必要がある)、周りからは白い目で見られのを覚悟するんだな。

酒飲んで食べたければ、そういうお店に行くしかない。そういうお店については、明日にでも紹介するから心配するな。
 
あっ、ワンタンだけど、汁ありミックスで90元。安いだろう。
 
ワンタン食べた後は、お口直しに、スイカジュースを飲んで欲しいねえ。花蓮の名産はスイカ。
スイカジュースって台湾では色々なお店で売ってるけど、ほとんどが水を入れた薄いスイカジュース。あれは偽物だ。
俺がお薦めするのは、中山路にある、西瓜大王という店。見た目は古くて、汚い店だけど、味は保証付き。ここのオヤジは、さっきのワンタンのお店のおばちゃんよりは愛想はいい。

スイカジュース飲んだら、次は、小龍包だな。
これはガイドブックにも掲載されている「公正包子」が有名だけど、ここはいつも大行列。週末になると、1時間、2時間待ちも。
時間的余裕と暇な奴はここで並んで買うといいよ。1個5元だしな。
俺は、ここが混んでいる時は、その隣の店で買う。だって、味は同じなんだから。混んでいない方がいいからな。

小龍包を食べながら、公正路のお店を巡るのも楽しいぜ。花蓮の場合、夜市は期待しない方がいい。ほとんどが、食べるものばかり。「B級グルメ大好き!」なんて馬鹿な事言うなよな。夜市=B級グルメみたいに思い込んでいる日本人がいるけど、B級にもならないお店も多い。観光客が喜んで食べると、後で、トイレと仲良しになる可能性も高い。旅行中はリスクを負わない事をすすめるな。
花蓮の夜市は食べ物が中心だから、面白くないのさ。だから、公正路一帯の方が、お店もたくさんあるし、安いし、品質も悪くないものが多い。
服類は、ここで買うのがいいな。一枚100元でかなりの品質の服が手に入るぜ。
そうそう、もう一つ、花蓮に来たら食べて欲しいものがあった。
「口撞軻麵」。ここの牛肉麵は本当に美味い!場所はちょっとわかりにくいが、瞳街というところにある。旧花蓮港駅の近くで、花蓮分局(警察)の近くにある。
 
まあ、これだけお店を紹介すれば、夕食には困らないだろう。
但し、今、紹介したお店はどこもビールは置いていないからな。
 
どうしてもビールを飲みながら夕食が食べたい!!というわがままな人もいるだろう。そこで、そういった人のためのお店もちゃんとある。
中華路と瞳街の交差点の近くにある「炒天下 南北藝炒」というお店。
ここは、見た目は、日本のビアガーデン風のお店だが、料理は美味い。
バドガールならぬ、台湾ビールガールがいる。
ここなら、いくらでもビールは飲めるし、美味い料理も食える。
もちろん、白飯もあるから家族連れでもOKだ。
 
大事なこと言うの忘れてた。花蓮では、日本語の通じるお店は非常に少ない。英語も難しいなあ。
じゃあ、どうするかって。俺の場合は、お客様の希望を聞いて、そのお店まで行き、メニューの説明をさせてもらう。そして、注文までを完了させる。後は、食事の終わる時間を事前に決めておいて、その時間にお出迎え。
最後は、ホテルか駅か空港までお見送り。
これが俺流だ。
 
旅の案内人としては、最後まできちんとお世話するのが当たり前。
特に、食事は旅の楽しみのひとつでもあるからな。
 
さーて、今日はここまでだ。何だか俺も腹減ってきたな。今日は久しぶりに外食にするか。外食はいつも美味い飯を作ってくれる妻への感謝の気持ち。たまには、夕食作りから解放してやらないとな。
日本の旦那衆よ、月に1回でもいいから、別に高級なところでなくてもいいから、奥さんと一緒に外食しなよ。これ大事な事だぜ。もちろん、手なんか繋いじゃってさ。きっと、奥さんも喜ぶぜ。
若い頃は毎日の様にデートしてただろう。帰り際には、「このままずっと一緒に居たいよ」なーんて事、言ってたんだろう。
あの時の気持ちを思い出して、月に一回の妻とのデート、やるべきだよ。
日本の旦那衆はその点の心使いが不足してるんだよなあ。思いと思いやりは違うぜ。
 
そうだ、大事な事忘れてた!
俺に案内頼みたい時、どうやって連絡すればいいの?てな質問があった。
俺に案内を頼みたい人は、下記のURLにアクセスして、ホームページから問い合わせしてくれ。
花蓮に来るなら、俺に案内人を任せるのがいいぜ。後悔させないから。
http://harimaya.webnode.jp/
 
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

気が付いたら、久しぶりの登場になっていたな。すまない、すまない。
最近は、毎日の様にお客様のご案内が入っていて。
 
さーてと、今日はどこを紹介しようかなあ。
花蓮市内にちょっと目を向けてみようか。
通常、日本人観光客のほとんどが、花蓮まで電車か飛行機で來る。
花蓮駅に降りて、まず最初に「何もない、しかも、意味もなく広い駅前ロータリー」と感じる事だろう。駅も、台湾を代表する観光地のわりには、いま一つパッとしない駅だ。
実は、昔、花蓮駅は別の場所にあった。日本統治時代に出来たのが「花蓮港駅」。この駅は、今の駅とは全く正反対の海側にあった。だから、花蓮の街は、海側から開発が進み、お店も海側から山側へと広がっていった。
昔の花蓮の街(当時は、花蓮港市と言われていた)には、日本人のための尋常小学校、中学校、女学校があった。神社やお寺、映画館に旅館、洒落た喫茶店なんかもあった。
また、酒造工場も街中にあった。
もちろん、陸軍の基地もあり、将校さん達の社交場も一等地に建てられていた。
しかし、戦争によって花蓮の街も少しずつ姿を変え、酒造工場、将校の社交場等々は悲しい場所へと変わっていく。
もちろん、その内容はここでは話さないよ!聞きたければ、俺に案内を依頼することだな。
 
こういった秘話を本当はガイドと名のつく連中は皆がちゃんと話せるようになるべきなんだが、それが出来ていない。
ガイドブックに掲載されている事しか話せない連中が多い。

俺思うんだよな。旅の案内人ならば、プロの案内人ならば、案内人のプライドにかけて、自分が納得のいく案内をすべきだってね。
そのためには、やっぱり勉強だぜ。それも、机の上の勉強だけではダメ。
生き証人の生の声を拾い集める。それが如何に大事かってことさ。
だってさ、当時を知る人達の高齢化は深刻な問題だぜ。今のうちに、一人でも多くの人達の声を拾い集めないと、その内、聞きたくても聞けなくなる。
そのための勉強の時間を惜しんでいる奴は、プロとして名乗る資格はないと俺は思うな。

おっと、またまた話が脱線してしまった。

旧花蓮港駅跡地には、「鉄道文化園區」という場所がある。鉄道ファンでなくても、一度はここは覗いてみるべきだな。花蓮の歴史の一部を見る事ができる。

酒造工場跡は、今は、「花蓮産業創造文化園區」となっている。ここも時間の許す限り行くべきところだな。
何があるのかって、それは行けばわかる。余計な知識を持たず、とにかく行ってみな。その方が、全てが新鮮に感じられるから。
どうも日本人は事前に色々と知識を得ようとし過ぎる。だから、見るべきところを見ず、つまらないところばかりを見てしまう。まあ、そういうガイドブックが多すぎるのも問題だがな。

後は、将軍府と松園別館。この二つは、必ず、見に行って欲しい。但し、ただ単に見るだけでは意味がない。
そこに隠された秘話を聞いて、その上で見に行く必要がある。
これだけははっきりと言っておこう。俺がよく言う、「秘話」は、どんな書物や文献を見ても一切、載っていない。何故ならば、俺の秘話は、さきも言ったけど、生き証人の証言、生の声、それが秘話だから。
最後にもう一か所、ここはまず、普通のガイドは絶対行かない場所。その所在すら知らない連中が多い。旧花蓮港市営住宅跡。ここは早く行かないと、その内、姿を消してしまうだろうな。
花蓮市内にも、日本時代の歴史があちらこちらに残っている。今紹介した以外にも、当時、御屋敷と言われた日本家屋や、街中に設けられた防空壕、今は教会になっている、旧稲荷神社の石灯篭、日本時代に作られた橋等々。特に、日本家屋や防空壕は、その内、必ず姿を消してしまうだろう。
 
もう一つの日本の歴史を知りたいなら、花蓮に来ることだ。台北じゃない。台中でも台南でも高雄でもない。花蓮だ。
そして、時間はあまりない。知りたいのなら、今しかない。

俺ね、いつも思うんだよ。日本の高校の修学旅行。最近、台湾にも来ているらしいけど、台北じゃダメだよ。花蓮に連れて来て欲しい。
そうでなければ、自分達の大先輩達が如何に苦労して台湾で生きていたかを学べない。
俺が責任もって案内してやるよ。
 
もちろん、大人も同じだぜ。台湾好きって人多いけど、やっぱり、花蓮でのもう一つの日本の歴史を知ってから、「台湾好き」と言って欲しいというのが俺の正直な気持ち。

あー、今日も言いたい事言ったな。

さー、今日は久しぶりに妻と二人、バルコニーから海の音でも聞きながら、のんびりとジントニックでも飲むとするか。
今日は写真はなしだ。今日、紹介したところは、写真ではなく、実物を自分の目で見て欲しいからな。

次は、花蓮市内での食事処について話すよ。それじゃまたな!

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事