ここから本文です
「遠い足をほんの少し長く伸ばせば、僕たちは、透き通った指で互いにかんたんに触れあうことができる」 いしいしんじ

書庫最新記事

すべて表示

  • 飛騨山脈Tシャツ

    こういうのを調子に乗っていると言うのだろうけど、Tシャツにも刺繍してみた。 Tシャツはユニクロのクリストフ・ルメールとのコラボライン。 えーっ、騎手が?と思ったら、同じ名前のデザイナーだった。 図案を左寄りに写してしまったことに刺し終わってから気づく。 左右のバランスを取るために、西穂に続いてありもしない右 ...すべて表示すべて表示

  • お花の山、籾糠山へ

    2017/6/17(土) 午後 11:54

    旧河合村の天生峠から登る籾糠山(1,744m)。 2015年秋(飛騨地方全般で紅葉が美しかった年)に燃えるような紅葉を楽しんで以来2回目、今回は初夏の高山植物を見に行ってきた。 夫、発熱のため、お留守番で申し訳ないなと思いつつ単独行です。 クマ恐怖によりここのところ躊躇していた単独行だが、籾糠山は入山者も多いし環境パトロールのおじちゃんも常 ...すべて表示すべて表示

  • 飛騨山脈バッグ

    2017/6/14(水) 午後 5:17

    ハンカチ刺繍がそこそこ成功し、調子に乗って小さなバッグも作った。 残っていた麻だが、もう少しサイズを小さくすればよかったなあ。 さて、その飛騨山脈の雪はだいぶ溶けてきた。笠ヶ岳の馬の雪形もやせた上にところどころがハゲて、キリンっぽくなった。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事