ここから本文です
フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所
地震、噴火、核ミサイル いつ現れるのか プルガサリ…

書庫全体表示

深海獣 レイゴー

イメージ 1

今日は幕張メッセでWFが開催されてました。参加されたみなさん楽しかったですか?
またブログでレポートお願いいたしまァす

さてさて、待ちに待った 『深海獣レイゴー』 のDVDが昨日到着しましたので早速レビュー書いちゃいま〜す

日本海軍の誇る大和以下連合艦隊は南方戦線、トラック泊地に駐留していた。連合艦隊に敵潜水艦が迫る。大和は攻撃を察知し先手を打って敵潜水艦の中央に主砲攻撃を打って出たが、敵潜水艦と思われた影は謎の巨大生物だった。大和の主砲は見事に謎の影に命中した…しかし、その影は伝説の龍レイゴーの子供だった。子供を殺されたレイゴーは連合艦隊に復讐の刃を向けた。ここに深海獣レイゴーと戦艦大和の死闘が始まる…

監督は「ガメラ4」の林家しん平師匠、怪獣デザインは雨宮啓太氏、造形は原口智生氏、主演はウルトラマンコスモス杉浦太陽くん、ベテラン黒部進氏や螢雪次朗さんも出演しててとても自主制作映画とは思えない豪華版スタッフです

2005年くらいから怪獣フリークの間で話題にのぼってて昨年ようやく公開されましたが、残念ながら全国上映にはならず、私んちみたいな田舎では公開されませんでした(^^;
このたびやっとDVDがリリースされたので、飛びついて予約してたしだいです〜

戦記モノと怪獣映画の融合はいままでありそうでなかったジャンルですから、めっちゃ新鮮ですね
子供を殺されたレイゴーの復讐というプロットは「オルカ」にちょっと似てるかも〜でもその敵が戦艦大和というのはまるで異種格闘技戦を観てるようでワクワクしますね
ただ、自主制作映画ですから予算の関係で商業作品のクオリティに及ばないのはしかたないことかもしれませんが、戦記モノは基本群像劇だと思いますので、無名のキャストでもけっこうですからもう少し出演者を増やして絵図等を大きくするともっとスケール感が表現できたかもしれませんね
それにレイゴーのギニョールはめっちゃかっこよかったのでもっとアップのシーン観たかったかも〜
CGのクオリティは致し方ないところではありますが、もう少し戦闘艦艇のディテール等をリアル表現して欲しかったですね。実写との整合性が「ヤンガリー」レベルだったのがちょっぴり残念です(^^;

いずれにせよ、こういった作品が作られるのは特撮・怪獣ファンにとってめっちゃうれしいことですね
しん平師匠は引き続き新作 「深海獣雷牙」 制作されていらっしゃいますし、 「長髪大怪獣ゲハラ」 のDVD発売もめっちゃ楽しみデッス!
メジャーな特撮・怪獣映画は冬の時代ですが、こういった情熱あふれる作品で特撮怪獣映画ファンのモチベーションを高めていただき、いずれ復活するであろうゴジラ、ガメラの新作を熱い想いで待ちましょう

  • 顔アイコン

    「オルカ」も先日DVD発売されましたね、で、「レイゴー」は私のほうも見ましたけど、ジャケには「全国劇場公開作品」って書いてありましたけど、それってウソですよね〜、ウチの地域でも公開されなかったですよ(^^;。まあ、出来に関しては仕方のないところだと思いますけど、メイキングでのしん平師匠の熱っぽいコメントには納得いきますねぇ。ラストの市川右近氏による歌舞伎の部分だけは意味わからなかったんですけど、メイキングを見たら意味がわかりました。ちゃんとした意味があったんですね〜。でも、やっぱりもうちょっとレイゴーをハッキリと見せてもらいたかったですね・・。それと、ミッキー・カーティスさんが、ちょい役で出てたのには笑いました。この手のジャンルでは「ガンヘッド」「ミカズキ」以来でしょうか??。

    ジ〜ラ

    2009/7/26(日) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    表現しようとした構図はよく分かるんですが、いかんせん自主制作ではこの設定を完璧に表現するのは無理ですよねェ〜セット使わず三笠艦上で撮ったみたいですが、スケールがとても大和には見えなかったのが残念です〜まあそれは無理でしょうけど(^^;
    でもストーリーは新鮮でした。ありそうでなかったプロットだと思います。できればもう少しCGのクオリティが高かったらよかったんですけど〜それにあきらかに艦船のデッサンやディテール間違ってましたし・・・レイゴーはデザインも凶暴な海棲ゴジラといってもいい感じでかっこよかったです〜ほんともう少しじっくり観たかったですね。さて次回作「雷牙」はどうでしょう。予告見る限りなんかコメディみたいな感じですけど〜

    フクロムシ

    2009/7/26(日) 午後 10:11

    返信する
  • 我が家にもレイゴーのDVD来ました♪
    色々と制約があったと思いますが、よく作ってくれたと思います。
    雷牙は下町人情劇と怪獣のコラボ映画のようですが(^^;)
    雷牙の活躍がたのしみです。
    今回は前回以上に上映が少ないので心配ですが・・・
    8/9の上映会には絶対行きたいと思ってますー。
    レイゴージオラマをトラバさせてくださいねー。
    ペタリ♪

    よっしー

    2009/7/27(月) 午前 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    雷牙ですが・・・あんまり期待できないな・・・
    だってオールライダー対大ショッカーの
    ヒーロー共演に対抗して60年代風怪獣映画って・・・
    ギララの時の悪夢が・・・
    そっちよりも同年代のセイザーXのほうがおもしろかったですよ
    あっちはプロレスのハッスルとコラボして
    タイガーマスクみたいに闘ってましたよ
    それぐらいのすごい人気でしたね 削除

    [ 馬ノ助 ]

    2009/7/27(月) 午後 6:42

    返信する
  • 顔アイコン

    これの本公開時はグランセイザーとジャスティライザーと
    セイザーXの合計18人のヒーローが力を合わせて闘う
    セイザーXの劇場版
    そして雷牙もヒーロー共演のオールライダー対大ショッカー
    この監督の林家しん平さんはヒーロー共演作品を
    潰したい悪意が感じられる・・・ 削除

    [ 馬ノ助 ]

    2009/7/27(月) 午後 6:46

    返信する
  • 顔アイコン

    よっしーさま、トラバどうもです〜
    雷牙は予告編見る限りではちょっとレイゴーとは雰囲気が違いますね
    浅草と深海獣のつながりがよく分かりませんです〜(^^;今回はピイピチアイドルも登場してるみたいで、レイゴーみたいにシリアスじゃなくって軽いノリで観たらいい感じですね。さてさてどうなりますことやら、こちらではまず上映されませんからまたDVD待ちですが順調に撮影が進むことを期待しマッス

    フクロムシ

    2009/7/27(月) 午後 7:25

    返信する
  • 顔アイコン

    馬ノ助さん、自主制作怪獣映画とメジャーの商業映画ではぜんぜんカテゴリーが違いますから、対抗もなにもそんなことぜんぜん考えてないと思いますよ。それに怪獣モノとヒーローモノではジャンルがまったく別物ですからファン層も当然異なるし、好みによって評価もさまざまですからどちらも楽しめたらいいんじゃないかな?

    フクロムシ

    2009/7/27(月) 午後 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    私もかいました。大和対怪獣の構図がいいですね。傑作ぽち

    もすら

    2009/7/27(月) 午後 8:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ポチどうもです〜
    「怪獣対戦艦大和」というのは私たち子供の頃の大きな憧れだったかもしれませんね
    こんな映画めっちゃ観たかった!まさかこの歳になって実現するとは思いませんでした(^0^)

    フクロムシ

    2009/7/27(月) 午後 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    フクロムシ様>>
    ちょっと辛口になってしまい失礼しました
    また、悪い癖でパッパとスパイスを入れようと思い
    うっかりだばぁしてまた激辛に 削除

    [ 馬ノ助 ]

    2009/7/27(月) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    激辛カラムーチョですか(>△<)”
    まあ、ヒーロー好きの方も怪獣好きな方もみなさんなかよく楽しみましょう(^0^v

    フクロムシ

    2009/7/27(月) 午後 10:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事