ここから本文です
フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所
地震、噴火、核ミサイル いつ現れるのか プルガサリ…

書庫全体表示

イメージ 1
 
イメージ 2
 
Chapter10 「再会」
「あら、米森さんずいぶんお久しぶりね」
 千里は微笑みながら単純に再会を喜んでいるように見えたが、真弓はどういう表情をしたらいいのかずいぶん複雑な心境だった。
 事前に審議会の出席者名簿を受け取っていたので米森が同席することは分かっていたが、それにしても8年ぶりの再会場所としてはあまりにも場違いなシチュエーションに戸惑いを隠せない。
 無言のまま軽く会釈をし斉藤と儀礼的な言葉を2言3言かわすと、5人で防衛省の会議場へ続く殺風景な通路を進んでいった。
「それはそうと、東京駅でずいぶんひどいめにあったそうじゃないか。ケガはなかったのかい?君たちを襲った連中はいったい何者なんだ?」
米森は千里と真弓どちらにも話かけるように口を開いた。
「詳しいことはまったく分からないけど、たぶんSF的発想でいうと異世界からの刺客ね。シアンキングを操っている者…いや配下といった方が正しいかなぁ。おそらくこれ以上私が守部文書に深入りすると都合が悪くなるんじゃない。だからズドンと一発この世から抹殺しようとした。守部文書は解読すればするほど異様な物語でにわかに信じられそうにないんだけど、私の命が狙われるところをみると、あながち虚構の世界の産物じゃなく、今回の一連の事件の謎を解く重要な秘密が隠されてると考えて間違いないわね…」
「シアンキング???それはあの怪物の名前?」
「そう、私が勝手にそう呼んでるんだけどね。やっぱ名前は必要でしょう。蒼い竜王だからシアンキング・・・
ね、真弓」
 ふいにふられて真弓はあわててうなずくしかなかった。
そして白昼、東京駅の戦慄が蘇り一瞬体が硬直した。ただ狙撃者が貴幸そっくりな人物だったことに、千里が気づいていない様子なのがゆいいつ救いに思えた。
「今日の会議は非公開だそうだけど、現在の進捗状況だけ簡単に説明して私の見解は話さないでおこうと思う。話すとそれだけでとんでもない妄想癖の変人にされてしまいそう。それより今は真弓の持ってる情報の方が大事、会議が終わったらすぐにでも行ってみたいところがある。米森さんもご一緒しません?」
 「えっ」…真弓は小さく叫んで、千里の表情をうかがった。
 なんとも複雑な2つ感情が自分の心の中で葛藤するのを感じた。
「残念だがぼくは明日早朝から、また南鳥島へ行かなくっちゃならないんだ。例の“ガメラの墓場”海域の海水温が異常に上昇して、海底面の微振動が継続しているらしく、文科省と防衛省からJAMSTECに再度調査要請が来てるんだ。またなにか悪いことが起こりそうな予感がする。おれも浅黄ちゃんみたいにガメラと話ができるようになりたいよ。そうしたら事の真相がすべて判るのに…」
 真弓は少し残念に思っている自分の気持が理解できず少し動揺している。
それが千里にはよく分かった。
 米森も千里と会話はしていたが、視線は真弓の表情をうかがっていた。斉藤はそんな3人の様子を気にもとめず、悟相手に怪獣に関する持論を展開している。
 
 会議場の大きな扉を開くと、日本のトップクラスの科学者たちと防衛省の制服組、各省庁のキャリア官僚が円卓を囲んでいた。悟はまったく場違いな場所に来たことを少し後悔しながら指定された席に着いた。
 千里はまったく動じず堂々としたものだが、事件後急いで駅地下で買ったパンプスがうまくフィットしていないののを気にしながら、隣席の日高博士に軽く会釈をして着席した。
 資料の目を通しながら、真弓の脳裏には13年前、ガメラ渋谷襲撃の同時刻、朝倉美都とこの会議場で同席していた記憶が鮮明に蘇っていた。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
スミマセン ほとんどお話が進んでませんけど〜
そのうちなんとか急展開を見せると思いマッス 
ただいま脳内で妄想中、期待しないでお待ちくださいませ〜

  • こんばんは。

    確かに急展開ではありませんけど、また重要人物が一人。今回も省けない内容でしたね。

    ゆっくり進めて下さいね。こちらもゆっくり愉しみたいと思います。

    [ ねんたん ]

    2012/3/25(日) 午後 6:45

    返信する
  • 顔アイコン

    そろそろ怪獣に再度登場してほしいんですけど、一応人間模様を整理しとかないと次のステップへ進めないもので・・・デヘヘ
    前章の後へくっつけてもいいようなお話ですね
    さて次はどうなるのでしょう???いよいよ急展開をみせるかなァ〜
    期待しないでお待ち下さいませ〜

    フクロムシ

    2012/3/25(日) 午後 8:34

    返信する
  • 顔アイコン

    本当に重要人物が登場して役者が揃いましたね!
    じっくり、ゆっくりと展開して行ってくださいね。
    毎回、楽しみにしています。

    kaizer

    2012/3/26(月) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    どうもありがとうございマッス
    文才がないので、すごくぎごちない稚拙な文章でお恥ずかしいのですがいろいろ想像しながら遊ばせていただいてます
    どういう展開になるのかほんと分からないので毎回ハラハラしながら書いてます
    また読んでいただけたら嬉しいデッス。これからもよろしくお願いいたしマッス(^^v

    フクロムシ

    2012/3/26(月) 午後 11:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事