ここから本文です
フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所
地震、噴火、核ミサイル いつ現れるのか プルガサリ…

書庫全体表示

怪獣映画祭の夜 その1

イメージ 5
 
待望の 『京都怪獣映画祭NIGHT2』 この歳でオールナイトイベントはかなりキツイかと思ってたんですが、なんと4本の映画すべて意識を失うことなく午後11時の開幕から午前7時の終了まですべて観ることができて自分でもびっくり 
神経が興奮してたら眠気なんてふっとびますネ。ただ、お昼に帰ってきたらどっと眠気におそわれて爆睡、先ほどやっと意識をとりもどした次第です〜 
 
夕べ、仕事を早退して5時30分発の高速バスで一路京都へ、その途中コブクロムシから東京で大きな地震があたとメールが入りちょっとびっくりしたんですが何事もなかったということで一安心、8時30分に京都駅に到着、開場まで十分時間があるし、京都みなみ会館までは散歩にはちょうどいい距離だったのでぼちぼち歩いて行きました。途中、ケンタッキーで遅い夕食、9時前に会場へ到着したんですが、知り合いはどなたもいないし、私の不注意でロビーにいらっしゃった方々にご迷惑おかけしたり、入場まで長い時間寒い屋外で立たされてテンションがちょっと下がり気味になっちゃたんですが、いざ始まると気分が高揚しノリノリになってきました
 
まずは「妖怪大戦争」上映のあと、お馴染み木原浩勝さんの司会で妖怪トークショー、ゲストは原口智生さんと「妖怪大戦争」でヒロイン千絵を演じた川崎あかねさん
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
川崎さんからは当時の撮影秘話や苦労話、原口さんは幻の妖怪“海ピロリン”のことや「ガメラ3」の造形のことなど木原さんの軽妙な司会で楽しく聴かせていただきました
原口さんはいつも雑誌やTVで拝見してたとおりの方でしたが、川崎さんはぜんぜんお歳をを感じさせないすごいオーラを放ってました。ほんと女優さんってすごいわァ〜
 
イメージ 4
 
サイン会でしっかり持っていった色紙にサインいただいたあと
第2弾「モスラ対ゴジラ」に突入
やま団長が感嘆してたんだけど、ほんと家でDVD観るのと大スクリーンで観るのとではぜんぜん空気感が違うことを改めて実感 デジタルリマスターしたDVDの画像はたしかにクリアでキレイではあるんですが、キズといっしょに映画の持つ大切ななにかもいっしょにデリートしてしまってる感じ…スクリーンという媒体を仲介して観るのと直接光信号を観るのと違いかなァ〜DVDの方が確かに鮮明ではあるのですが、味わいははるかにおよびませんね。色合いや質感もかなり違ってるし、本編ドラマと特撮シーンの整合感も違います。音響の臨場感と迫力も家のTVとは…そんなこと再認識しながら観てましたです〜
 
「ウルトラセブン」の名エピソード「ウルトラ警備隊西へ」を大スクリーンで観ることができたのにも感動です
16mmフィルムでもぜんぜん遜色なかったです〜あのキングジョー独特の機械音を大音響で観賞できてめっちゃ満足 ただ、一瞬映るといわれるペダン星人の全貌はあまりに一瞬すぎて目撃できませんでした
年末WOWOWで放映されるハイビジョン版セブンでしっかり確認したいと思いマッス
 
そして最後は午前5時から「ガメラ3」さすがにこの頃になるとかなりな方々が夢の中…私も寝ちゃおうかと思ったんですが、久々にスクリーンで観る大好きなG3ですから結局最後までガン観しちゃいました
 
そして午前7時冬の夜の怪獣映画祭は無事終了…帰ってくると今朝京都にいたことが夢のようです〜
続いて、ロビーで展示されてた怪獣ガレキご紹介いたしマッス

  • 顔アイコン

    イベント参加お疲れ様でした。
    眠らないで、最後まで楽しめたなんて、すごいなぁ。
    イベントの様子が伝わる、画像、レポートありがとう。

    メカゴジラ

    2012/11/26(月) 午後 6:18

  • 顔アイコン

    どうもです〜
    興奮気味だったせいか最後までしっかり観ましたよ〜
    でもその分帰ってからは爆沈してましたけど今日はなんとか復活しました
    すごく盛況だったみたいで来年も開催されそう
    次回はぜひ参加してくださいね

    フクロムシ

    2012/11/26(月) 午後 6:58

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事