ここから本文です
フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所
地震、噴火、核ミサイル いつ現れるのか プルガサリ…

書庫古今東西映画の小部屋

記事検索
検索

全134ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1


メジャーな作品のレビューが続いたので、久々にアルバトロスフィルム配給の怪しい
B級ホラー映画はいかがでしょ〜
2018年に公開された米国のオカルトホラー映画「死霊院-世界で最も呪われた事件-」デッス。アルバトロスお得意のHITしたメジャー作品のアイデアいただき邦題ですが、原題は[THE CRUCIFIXION]…キリストのはりつけの刑のことですね。いっそ原題のままの方がセンスよかったかも〜

2004年ルーマニア。アデリーナという23歳の修道女が、3日間監禁された後に死亡するという事件が起こった。逮捕されたのは、同じ修道院のディミトリ神父。彼は、その修道女を拘束し悪魔祓いを行っていたという。ジャーナリストのニコールは、真相を究明するためルーマニアへと向かった。司祭長はディミトリ神父を非難していたが、アデリーナは確かに悪魔に憑依されていたと証言する者もいた。そして、悪魔祓いが途中で中断されたことにより、悪魔は完全に消え去ってはいないという。にわかには信じられないニコールだったが、彼女の周りで不可解な出来事が起き始め……

過去に何度も観たことのあるような典型的なエクソシスト映画でまったくといっていいほど新鮮味はありません。でもタイトル以外はアルバトロスお得意の冗談のようなパクリC級映画ではなく、まじめに作られてるオカルトホラー作品で、ほどほど恐怖感があって見応えがありました。まるで本家「死霊館のシスター」のスピンオフのような趣の作品です。仕掛けはさすがに比べものになりませんけど〜ダハハ

本家の悪魔は“ヴァラク”…この作品では“アガレス”でキャラが違いますが、どちらもソロモン72柱に登場する悪魔の大幹部ですね。“ヴァラク”は死霊館シリーズでは黒幕的な悪魔ですが、こちらは単発(あたりまえか…)の作品ですから物語としては完結してるみたいです〜
ストーリーもスケールもVFXも本家と比べるのは酷ですが、B級お決まりのびっくり箱演出でそこそこビビらせてくれます。悪魔がアデリーナに憑依するシーンはなかなかショッキングでした

支離滅裂なストーリーで悪のり演出のC級作品が大半のアルバトロス・フィルム配給の映画の中では、予想に反してそこそこ出来がよく、面白い小品でした
たいてい退屈で観てて途中で眠気を模様するか、あまりのくだらなさに怒り心頭になるんですが、この作品は珍しくレンタル代の元を取った気分になりましたです〜ダハハ

『死霊院 世界で最も呪われた事件』予告編
イメージ 1

ついに待ちに待った「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」観てきました〜
さすがに月曜日だったし4DXや吹替版ではなく字幕版だったので、思いのほかお客さんはほどほどでゆっくり鑑賞することができました
帰りに通常版とDX版両方のパンフGETしたんですが、内容はほとんど同じでDX版は巻末にイメージイラストがついてるぐらいでしたです〜

さてさて感想はと言うと、ネタバレしちゃいけないので★で表現しますと…

ストーリー ★★★★★ 
演出・脚本とも「シン・ゴジラ」とはまったく方向性の違うハリウッドエンターテイメントでした。前作に比べるとよりSF的要素が強く、“モナーク”がまるで”シールド”みたいな強力な科学組織として描かれてました。ひょっとしたら「パシフィック・リム」の“環太平洋防衛軍(PPDC)”に繋がっていくのかも〜科学者を中心とした人間側のドラマも充実しててすばらしかったです。旧G作品をリスペクトしたオマージュも多々あって思わずにやけてしまいました 
若干やりすぎなところも感じましたが、とにかく前作に引きつづきゴジラが超イケメンです〜これじゃ次作「ゴジラ対コング」でコングとキャラがかぶっちゃうかも〜
ちょっと心配…

VFX ★★★★★
これはもうなにもいうことないですね。いつもながらすごい画を見せてくれます
前回と比較するとよりSF的な展開でした。スケールも絵面もすばらしいデッス
とても邦画では太刀打ちできないところですね

ゴジラ ★★★★☆
ゴジラのフォルムは前作とほとんど変わっていないのですがシン・ゴジラと違って表情が豊かです。恐怖感という点では断然シン・ゴジラの方が不気味です
感情があるような表現はちょっと好みの別れるところではではありますね

モスラ ★★★★☆
モスラの存在については、まさにモスラそのものでした。相変わらずの献身的な行動に泣けましたです〜最初脚がやけに長くてちょっとアンバランスに思えたのですが、劇中ではまったく気になりませんでしたです〜
それにBGMがまさかあの曲だとは思いませんでしたwwwダハハ

ラドン ★★★★★
ラドンはほんとめっちゃかっこいいです。「空の大怪獣ラドン」のイメージがそのままハリウッドに出現した感じ…劇中ラドンVSモスラの闘いはびっくりでした
もう少し暴れてほしかったかも〜ただ若干小者的あつかいだったですね

ギドラ ★★★★★
最初トレイラーで観たとき、全身が細身で翼の形状に少し違和感をおぼえたんですが、劇中ではまったく気にならずほんと美しいフォルムでした。西洋のワイバーンのごとく、翼をたたんで前脚の役目をしてるんですねェ〜
顔面はドラゴンそのもので、初代のような東洋の竜のイメージはありません。デザイン的にはゴジラと共通するようにも思いマッス
とにかく強大なラスボスでしたです〜また再登場してほしいかも〜

トータル ★★★★★
前作に比べてもエンターテイメント性が高く、すばらしいVSXと合わせて期待を裏切らない大感動の大作でした
エンドロールのテーマ曲がブルー・オイスター・カルト[GODZILLA]だったのには思わず笑っちゃいましたです〜伊福部音楽もふんだんに使用されててドハティ監督が旧作をリスペクトされてるのがよく分かります。ほんと眼福の2時間12分でした

これはまた「シン・ゴジラ」のときみたいに、複数回シネコンへ足を運ぶことになりそうです〜それに次回作「GODZILLA VS. KONG」もめっちゃ期待したいと思いマッス


イメージ 1

昨年大HITした伝説のROCKバンド クイーン のボーカリスト フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」…シネコンへ行けなかったので、GEOで借りてきました

1970年代初頭のロンドン、ゾロアスター教徒ペルシャ系移民出身の青年ファルーク・バルサラは音楽に傾倒し、厳格な父とは折り合いが悪く、自分のルーツを嫌って「フレディ」と名乗っていた。ある日フレディはファンだったバンド「スマイル」のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに声をかけ、ヴォーカリストが脱退したばかりの同バンドに見事な歌声を披露して新しいヴォーカル兼ソングライターとなり、同じく新メンバーのベーシスト ジョン・ディーコンとともに新生バンド「クイーン」をスタートさせる……

ロックミュージシャンの伝記映画が大HITしたのには正直驚きました
プレスリービートルズなら理解できますが、クイーンにこれほどの知名度があったとはびっくりです
たしかにタイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめ「伝説のチャンピオン」
「ウィ・ウィル・ロック・ユー」…等々お馴染みのHIT曲はたくさんありますが、伝記映画がこれだけHITするとは…クイーンが偉大なロックバンドだったことを改めて認識しましたです〜

ただ、映像作品としてはあくまで創作された劇映画で、事実とはだいぶ相違があるみたいですね。ただ脚色されてるはずなのに、バンドメンバーの出会いからビッグバンドになるまでの過程はあまりにも淡泊だし、成功してからのフレディの苦悩自体もあまり深くは描かれていないように思います。なんかうわべだけの出来事をトレースしてるだけのあくまでファッション優先のフィクションって感じ…あまり感動するようなシーンはありませんでした。クライマックスの「ライブ・エイド」のステージはどうやって撮ったのかちょっとびっくりしましたですけど〜

ただ、致命的な欠点は主人公フレディ役のラミ・マレックがフレディ本人にあまり似てないこと…パフォーマンスはそっくりなんですが、面相があまりにも違いすぎ〜
他のメンバーは全員よく似てるのに肝心のフレディに難があるのはかなり残念要素です〜トラブルがあって主役が途中交代したみたいですが、先の俳優さんの方が写真見るかぎりフレディに似てますねェ〜歌唱力は判りませんけど…
いずれにせよ、HIT相応の名作とは思えませんでしたです〜ダハハ

ROCKバンドの伝記映画というと、ダコタ・ファニングがシェリー・カーリーを演じてた「ランナウェイズ」の方が印象深いですね。なんせバンドのメンバーがみんな無邪気で可愛かったですから〜

クイーンについてはうちにあるコレクションでいうと、73年リリースの1stアルバムはリアルタイムでGETしてますが、それ以外では13thアルバム「ミラクル」のCD持ってるだけです〜
クイーンのサウンドは、HRなのかプログレなのかカテゴリー不明で、あまりにもおしゃれで洗練されてて、私の嗜好には合いませんでした。なんせダーク&ヘヴィとはまったく異なる華やかなサウンドですから〜
クイーンでゆいいつ好きなナンバーはというと1stシングルの「炎のロックンロール」でしょうか…なんせシンプルでスピーディーなHRですから〜

そんなこんなでこの映画が大HITした理由がよく理解できないんですが、ともかく現在ではあまり観る機会のないHM/HR系のミュージシャンの伝記映画がHITしたことは画期的な出来事だと思いマッス
レッド・ツェッペリン「永遠の歌」とかまたリバイバル上映されてHITしないでしょうかねェ〜デヘヘ

『ボヘミアン・ラプソディ』トレイラー
イメージ 1

先週24日から公開されているかわぐちかいじ氏原作の架空戦記映画「空母いぶき」
今日休日だったので、シネコン行って観てきました〜

20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦“いぶき”であった。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐。そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊が出現。想定を越えた戦闘状態に突入していくなか、政府は戦後初めての「防衛出動」を発令。迫り来る敵戦闘機に向け、迎撃ミサイルが放たれる……

原作だと敵は中国人民解放軍北海艦隊で、紛争地は先島諸島周辺海域ですから、バーチャル戦記とはいえいつ勃発しても不思議でないような半端ないリアリティがありました
でもこの映画では、敵はカレドルフ(東亜連邦)という珍妙な新興国家に変更されてて、紛争地も架空の太平洋上波留間群島ということになってますから、残念ながらリアリティが皆無…緊張感がまったく違います

それに原作のように陸海空自衛隊の複合的な島嶼奪還作戦ではなく、“いぶき”を旗艦とした第5護衛隊群単独の救出作戦ですから、物語のスケールが違います
政府の対応も「シン・ゴジラ」のようにプロセスが詳細に描かれていないのでなんともおそまつですゥ〜
戦闘自体もいきなりミサイルを被弾しちゃいますし、その後の対戦戦略等も専門的に描かれてなくて、紛争自体も24時間程度で完結しちゃうのも納得いきませんです〜

とにかく敵が架空国家になった時点で「空母いぶき」としての魅力は半減です。その上敵の顔が見えないのでは、リアリティなんてあったもんじゃありません。これじゃ敵は「Q」か「赤い竹」みたいなものです〜

脚本は平成ガメラシリーズやパトレイバーの伊藤和典さんですが、残念ながら原作の息が詰まるような緊張感にはとうていおよばない作品でした
いっそ原作読んでない方が面白いかもしれませんね。原作とはまったく別物の映像作品として観たほうがいいのかもしれません
CGのクオリティもイマイチだし、残念ながら予想に反して期待はずれの作品でした
西島さんの秋津艦長めっちゃかっこいいのにほんと残念です〜
かえすがえすもなんで某国に忖度しちゃったかなぁ〜

これでは、DVDリリースされたら買おうかどうしようか迷っちゃいますねェ〜ダハハ

ステルス

イメージ 1

2005年公開の米国製スカイアクション映画「ステルス」デッス

近未来。アメリカ海軍が極秘に進めるテロ対策プロジェクトに、400人以上の候補者から選抜されたベン大尉、カーラ大尉、ヘンリー大尉の三人がパイロットとして選ばれ、最新鋭のステルス戦闘機「F/A-37タロン」を操り運用テストの成果を挙げていった。ある時、上官のカミングス大佐から、いよいよ空母「U.S.S.エイブラハム・リンカーン」配備での洋上訓練に入るという知らせが入った。それと同時に新たな仲間が加わると告げられ、三人は困惑する。その「仲間」として三人の前に現れたのは最新鋭のA.Iを持ったステルス無人戦闘機「E.D.I(エディ)」だった。完全自律行動が可能なために人間を必要としないというE.D.Iに対し、ベンは不信感を隠せないでいた……

監督は「ワイルド・スピード」「トリプルX」等のロブ・コーエン、主演のパイロットはジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックスの3人デッス

架空の戦闘機の派手な空中戦がみどころのハリウッド製娯楽作品デッス。ただ2005年公開の作品ですから、現在の技術に比べると若干VFXが甘いかも〜ちょっとCG臭ささが強いシーンもあります
でも、空母から離着艦するステルス機めっちゃかっこいいです〜
主人公たちの愛機『F/A-37タロン』はこんな戦闘機…

イメージ 2

ただ可変前進翼を持ったステルス機なんてちょっと未来的すぎるかも〜
空母上でF/A18なんかといっしょにならぶと若干リアリティに欠ける感じもします
もう一方の主役「E.D.I」になると…

イメージ 3

これはもう戦闘機というよりはほとんどUFOですねwww「ナイトライダー」のK.I.Tみたいに人間と会話しちゃうし〜感情まであるみたいですゥ

こんなステルス機が登場する近未来のお話なのに、敵はタジキスタンのテロリストだったり、ロシアの戦闘機だったり、北朝鮮の兵士だったりとかなりリアル…国際問題なんておかまいなしに無断で他国に侵入して派手にドンパチやらかしてしまいます
まさに脳天気なハリウッドの娯楽映画ですね

原作では実在する隣国が敵なのに、変に忖度して架空の国名に変更しちゃったりする日本映画とはずいぶん根性が違います。この作品、劇中でいちばん人間を殺戮してるのは、他ならぬアメリカ軍なんですよね〜

さてさて、24日からいよいよ「空母いぶき」が公開されますが、この作品くらいのレベルを維持できてたらめっちゃ面白いと思うんですけど〜いかんせん敵国が架空の国なのが少し気がかりです。CGのクオリティもどんなもんでしょネ…それに海自がまったく協力してないみたいでちょっと心配かなぁ…ダハハ

ステルス (字幕版) - 予告編

開くトラックバック(1)

全134ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事