たとえ明日 私が葬られるとしても

クリスチャン葬儀士の雑感。キリスト教葬儀の話題…は案外少なく、ネコやゲーム、小ネタばっかり。

全体表示

[ リスト ]

 まとめ (敬称略、ご意見はコメント欄へ)
★ 喫緊課題
 旗振り役は誰(組織でも)がするの?誰ならできるの?

★ 物資供給支援
(状)不足物資は火葬場稼動地域で「棺」「骨壷」「火葬燃料」、非稼動地域で「納体袋」、全般「ガソリン」
└(課)物資供給支援が必要
└(見)国道4号線沿い、一関・奥州・北上・花巻付近に後方支援拠点がほしい(prof)
└(見)当該地の葬儀社で協力・提供してくれるところはないか(prof)
 
★ 人的支援
(状)法医学者が足りず検案が進まない(碑文谷)
└(課)法医学者の人的支援が必要 
 
(状)搬送車両・ドライバーが不足している(お杉)
└(課)搬送車両・ドライバーの支援が必要
└(見)ガソリン不足と一般車両規制の影響で外部乗り入れは困難か(はる)
└(見)寝台車など1対1搬送は非効率。トラック搬送を視野に(はる)
 
(状)火葬場は18時間ぶっ通しで火葬しているtontocamata
└(見)火葬実務者の交代要員は?技術者の人的支援が必要か(はる)

★ 状況と課題ノート
(見)棺はあっても納棺などの人員が不足しているのではないか(碑文谷)
└(状)一部地域への一般ボランティアの立ち入りは現段階で規制されている
└(見)現段階では指揮・連絡系統の確立が第一(はる)
└(見)葬儀業界が関われるのはあと1週間程度後(prof)
└(見)解禁時に行政とボラの連携を円滑に行うためには事前段階で取り纏め・中継をする人が重要では(はる)
└(見)あるいは行政側で率先してボラの指揮を行うことができるか(はる)
 
(状)今週末には国道340号線一関〜陸前高田間が開通する可能性がある(prof)
└(見)それまでに一関あたりに物資集積拠点を置ければ後が早い?(はる)
 
(状)仙台に検案部隊、山形にも応援部隊予定(碑文谷)
└(見)具体的支援のためには拠点の確保と連携が重要(はる)
 
(状)緊急車両しか通行できないルートがあるため移動に制限がある(prof)
└(状)納棺等は緊急的な支援とは扱われていない
 
(状)大船渡での放射線影響は現在のところ医学的には問題のないレベル(prof)
└(課)地域によっては問題のあるレベルの被爆の可能性がある?
 
(状)棺は12日時点で少なくとも2便、宮城等に送られた。ただし数量は多くないtontocamata
(状)被災地周辺地域(確認できているのは水戸)でも棺が品薄になっているtontocamata
└(見)火葬が間に合わないため対土葬用に棺よりも納体袋が必要。宮城はほぼ確保、岩手が品薄(prof) 
 
(状)ドライアイスが足りない(碑文谷)
(状)遺体の検案前の腐敗が問題になっている(碑文谷)
(状)遺体はもうすでに一般的処置のできるレベルを超えてきている(prof)
└(見)遺体保全には外部塗布用パウダーが有効か?(碑文谷)
└(見)薬剤塗布で遺体の腐敗は止められない(prof)
 
(状)ガソリンが不足している(prof)(tontocamata
└(見)移動・流通は困難(prof)(tontocamata
└(見)地域のガソリン総量が減ると救命・医療などほかの支援活動に影響が出るtontocamata
 
★ 意見ノート
(見)早い段階での具体的支援が求められる(碑文谷)
└(見)意見を言う者がたくさん来ると揮系統が混乱するので現段階で一般人に入ってきてほしくない(prof)
└(見)器具や薬剤もエネルギーも足りないので来ても納棺と搬送しかできることがない(prof)
└(見)無理に行って物資やエネルギーを食いつぶすのは逆効果ではtontocamata
 
(見)死者の尊厳を守るための具体的方策が必要だ(碑文谷)
└(見)儀礼や感情的・宗教的なことを尊重できる段階にないのではtontocamata
 
(見)遺族のサポートが必要だ(碑文谷)
 
(見)緊急措置として埋葬(土葬)する際には二次火葬を想定して人物識別タグをつけてほしい(碑文谷)

閉じる コメント(8)

寝台車も霊柩車も、もちろんガソリンも無い。棺も無い。

棺にも入れられないまま毛布に包んだご遺体を家族自らが火葬場へ運び、
泣きながら火葬している姿が報道されていました。

2011/3/17(木) 午前 10:21 お杉 返信する

顔アイコン

喫緊課題に関して
・碑文谷先生が計画立案を依頼した「若手たち」って誰?
・彼らはどこで何をしている?
・どういう話をしてどういう結論に?
・彼らは旗振り役になれるの?
・なれるとしたら他の人たちも参加できるの?
・それともただ「若手エンバーマー数名による個別の支援」にとどまるの?

2011/3/17(木) 午後 10:54 はる 返信する

顔アイコン

喫緊課題に関して2
・全葬連、全互協の動きは?(ホームページでは何の動きも見られない)
・厚生労働省が直接旗振り役を務める可能性は?

2011/3/17(木) 午後 11:10 はる 返信する

顔アイコン

燃料を探して行ったり来たり。
東北道は緊急車両専用道路で、PAには緊急車両に対する燃料補給がされる様になっていますが、必ずしも燃料があるとは限りません。
1つのPAまで燃料を求め走っても、そこになければ次の50キロ先まで走らなければなりません。
今日の走行距離は、「わずか530キロ」だけ。
当然ながら私の車は高速料金は無料ですが、1度の燃料確保で200キロ以上走るのは疲れます。
今日はホテルに2時に戻りましたが、ロビーで酒を練んでいたボランティア達に1時間説教をして、部屋には3時着。
昨日からボランティアなる人種が大挙押しかけ、道路は通れない、燃料は確保できなくなった、いい加減なことを言って歩く等で、本当に迷惑をしています。
本人たち曰く、「「我々はボランティアであり専門家のプロです」というが、何が専門家なのか、何がプロなのか(金を貰えばプロなの?、か不思議で仕方がない。 削除

2011/3/18(金) 午前 3:42 [ prof ] 返信する

顔アイコン

上の時間は午前2時と3時ですので

燃料補給は夜間に行うが1回230キロほど走り確保している。
雪が降り凍結している山岳路に、ボランティアなる人種がFRの車に初タイヤ出入り、狭い山道で立ち往生し我々緊急車両の通行を阻止しているために、通常の2倍以上の時間を要する様になっている。
お願いだから、今の段階でボランティアは来ないでほしい。
本当のプロの邪魔でしかない。

昨日はイギリスのテレビ局(BBC?)が取材をしたいと来たが拒否。
それでも大船渡に来ると言うので取りあえず名刺交換だけ。
コメントをしてくyれと言われたが、「立場的にできない」と断る。
明日は8時発なので3時間は練れそう。

燃料確保がなければ1日120キロ6時間の走行であるが、あと4〜5日は夜間燃料に燃料確保走行が必要みたいである。
救援や復興を支援すると言いながら、妨げているのは誰? 削除

2011/3/18(金) 午前 3:55 [ prof ] 返信する

顔アイコン

雪も解けた頃なので、大船渡に戻ります。
宮城県警と話したところ、昨日の仙台近郊積雪量は約10センチで、東北道もチェーン規制が出ていました。
そのために、スタットレス、チェーン、4駆以外は通行禁止でしたが、ボランティアが「夏タイヤで走り事故を起こして完全閉鎖」。
そのために、警察、消防、自衛隊、物資運搬トラック等を2時間近く立ち往生させてしまったとの話でした。
中には、患者さんを搬送していた救急車もあり、無責任な行動がどれだけ社会に迷惑をかけるか認識してもらいたいものです。

泊まったホテルのスタッフも言ってましたが、みな夏タイヤの夏ワイパー、燃料や水、食料も持たずに来て「どこで買えますか?」と聞くとの話でした。
通行できる道も調べてかないで、現地に行けば「何とかなる」と思っている様です。
取りあえず、私の情報をホテルがコピーしましたので、県対策本部、県警、県消防の確認しているルートは教えました。 削除

2011/3/18(金) 午前 9:25 [ prof ] 返信する

本日市役所から在庫の確認があり、納体袋を寄付しました。
東北からの希望だそうで、今日物資を持って出発するようです。

2011/3/18(金) 午前 11:39 お杉 返信する

顔アイコン

profさんへ
他人の脚を引っ張り、自己を誇大宣伝するのはこうした災害時に態度としては最低です。サポートする者はもっと謙虚に。悪口と自己宣伝はこのさい一切止めることを希望します。具体的な事実の報告だけを希望します。あなたに全ての情報が入っているわけではないだろう。あなたが全ての質を判断できるわけないのだから。あなたはまず謙虚になること。 削除

2011/3/18(金) 午後 1:49 [ hajime ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事