秘密な京都

コメントをいただければ調子に乗ります♪

全体表示

[ リスト ]

続・奈良ホテル(5)

イメージ 1
 
お久しぶりです。
 
ではでは、「奈良ホテル」和食ディナーのレポであります。
 
 
和食レストランは、新館5階。  日本料理「花菊」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
今回は、一番お手軽な会席コース「飛鳥」をお願いしました
 
 
 
 
さて、まずは日本酒を選びましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
え〜〜っと、 「菊理姫(くくりひめ) 大吟醸酒」と・・・。
 
 
ボトル 720ml ・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
55,836円!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
なんですと〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
ふへぇ〜〜〜〜〜、
 
こんな酒があるんですね〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
気を取り直して、ソムリエさんに来ていただき、いただく日本酒の相談をしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
奈良は、日本酒発祥の地と言われています。
 
料理の流れに合う、2種の日本酒をお願いしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
まずは、春鹿(はるしか) 超辛口 純米酒」
 
竹製のクーラー、オサレですな〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
「切れの良い口当たりとコクがあり、さらりとした味わい 程良い自然な辛さ」
 
     と、メニューに書かれていました
 
 
 
 
 
ではでは、ここからお料理を紹介します。
 
今回も、料理写真に続く「拡大料理写真」は、右下クリックで更に拡大しますので、興味のある方はご鑑賞ください
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
先付 「竹の子と海老の蕗味噌和え くこの実」
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
前菜 「菜種芥子浸け より人参」
          「ずわい蟹共味噌和え 独活(うど) 胡瓜」
                  「茶ぶり海鼠(なまこ) 薬味 ぽん酢」
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
吸物 「清汁仕立 帆立豌豆(えんどう)新蒸 大根 人参 水菜 針生姜」
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
造里 「お造り三種盛り 芽物一式」
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
ここで、日本酒2種目。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
「柔らかく果実のようなフルーティーな香り しっかりした味が特徴 甘さも感じられ」
 
     と、メニューに書かれていました
 
 
 
 
 
料理もお酒もサイコーや〜〜〜〜 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
ふと、横を見ると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
奈良ホテル、もうひとつの美人画、
 
中村大三郎 の「美人舞妓」が、微笑んでいました。
 
 
 
 
 
 
お料理に戻ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
焼物 「糸よりごぼうサラダ風味焼き かぶら はじかみ」
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
「美人舞妓」にライトが当てられ、妖艶なお顔に・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
イメージ 26
 
イメージ 27
 
 
イメージ 28
 
蒸物 「百合根饅頭 えびそぼろ 銀餡 とき山葵」
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
 
小鉢 「大和まな お浸し 針柚子」
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
油物 「大和肉鶏 湯葉巻きの新挽き揚げ
             竹の子 茄子 獅子唐 柚子胡椒卸 煎出汁」
 
 
 
 
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34
 
御飯 「奈良県産ひのひかり 香の物」
                                留椀 「味噌仕立」
 
 
 
 
 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 36
 
宝石 「デザート」
 
 
 
 
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 38
 
(コースに含まれないのですが、あるところで頂戴した「ソフトドリンク券」で『マンゴージュース』)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや〜〜、堪能しましたです
 
 
奈良ホテルの和食も最高やね〜〜
 
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 39
 
「美味しかった?」と微笑む「美人舞妓」をしばし鑑賞し、「花菊」を後にします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 40
 
入り口横の飾り。
 
 
あの「枡」、ちょっとほしいかも
 
 
 
 
 
 
 
このあと、前回同様、「ザ・バー」へ参りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 41イメージ 42
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (おまけ)
 
奈良ホテル所蔵 左右対称の美人画
 
昭和10年頃、観光日本宣伝のポスターに使用した作品だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奈良ホテル

閉じる コメント(15)

顔アイコン

こ、これで一番お気軽な会席なのですか!
料理はもちろん、器が素晴らしいですね。どれも控えめながら、しっかりと自己主張している器たちです。

それにしてもこんな高い日本酒、はじめてみました。
頼む方がいるから置いているんでしょうけど、私は日本酒は新しい方が好きなので、回転率が気になります。

2016/3/25(金) 午後 10:41 [ 休まず遅れず働かず ] 返信する

顔アイコン

> 休まず遅れず働かずさん

よく見ていただき、ありがとうございます。

ちなみに、料理だけだと7,000円(税サービス込み8,316円)です。これが、一番お高いコースになると12,000円(同14,256円)となりますが、使う食材が高価になるためにお高くなるだけです。お手軽コースでも、最高の食材を使い、素晴らしい技で料理されていますので十分満足いたしました。7千円という値段は決して高いとは思いませんでした。

「菊理姫」の回転率はどうなんでしょうね? 本当にオーダーするお客様がいるのか、気になりました

2016/3/25(金) 午後 10:52 ずぅ 返信する

顔アイコン

和食って・・味もさることながら・・
目でも、味わえますね^^

2016/3/26(土) 午前 0:18 Qoo 返信する

顔アイコン

> Qooさん

おっしゃるとおりです。「拡大写真」を見てもわかりますが、それぞれの「盛り付け」もかなり神経を使って丁寧に盛られているのがよくわかります。味も見た目も繊細な料理ですよね。そして、器の素晴らしさも味わえる。すごいね〜

2016/3/26(土) 午前 0:22 ずぅ 返信する

手の込んだお料理を戴くと、豊かな気分になりますね♪
(*^_^*)

2016/3/26(土) 午前 8:02 [ chi*o*peko*i ] 返信する

7000円なら お値打ちですね 三重県のチョツトシタ料亭でも6000円です アルコールが高くつきますね、高いお酒、チビチビ飲むのが良いかな!

2016/3/26(土) 午前 8:04 [ hiro ] 返信する

和食が、ほんまに旨いと感じる歳になりました。
最近は、割烹ばかりです。
日本酒は、なかなか酔えないので、即効性のある焼酎ばかり飲んでます。

さて、お酒を楽しめる料理や流れは、会席っすね。
懐石と会席の違いを割烹の大将に教えてもらうまで、知らなかった。。。

2016/3/26(土) 午前 8:17 [ - ] 返信する

おはよう御座います!!

何時ながら僕らの口の入る料理では無いな〜〜!!

御酒に限っては手が出ません!!ナイス

2016/3/26(土) 午前 10:09 mor*1*260 返信する

アバター

美味そう!でもお酒高いなぁ。。質より量だなぁww

2016/3/26(土) 午後 5:58 なんでもかんでも食べるよ♪はるお 返信する

アバター

お料理もさることながら、私は鳥獣戯画のお椀にびっくりしました。
隣に興福寺とかあるのに、いいのかな(笑)。
食器だけでも堪能できますね。

2016/3/27(日) 午前 1:09 [ 221st ] 返信する

顔アイコン

お吸い物が美しいですね〜。
奈良のお酒って、普段あんまり見かけない気がしますが、いろいろあるんですね。
日本酒発祥の地?というのでググってみました。
現代の製法とあまり変わらない清酒の起源、ということなんですね。勉強になります。

2016/3/27(日) 午後 2:33 [ 東霞 ] 返信する

あーー

美味そうでもお高いなぁ和食ってでも味もさることながら・・
目でも、味わえますね
NICE

2016/4/18(月) 午前 8:18 eigekaii 返信する

顔アイコン

おっちゃーん!元氣ですかーー!

2016/5/13(金) 午後 6:15 なんでもかんでも食べるよ♪はるお 返信する

顔アイコン

ひゃ〜〜〜〜〜、、、、、、

ええんよ、ええんよ、ワシは『元気屋』さんの250円弁当で、ええんよ。

ただ、『お酒の値段』には驚かんぞ!!

45cc『20000円』のシングルを飲んだことあるし!!

奢って貰ったんやけどね。

2016/9/19(月) 午後 3:46 [ あらいぐま君 ] 返信する

顔アイコン

この『奈良ホテル』の記事は素晴らしいですね。

しかし、これ以降の更新が途絶えたままで、とても残念に思っています。

個人的なお願いですが、『京都お豆腐屋さん巡り』の記事をお願いします。

お忙しいのでしょうが、お豆腐は毎日食べてもいいモノですし、何と言っても『京都』には街中に普通に名店が沢山ありますものね。

ぼちぼちお願いできたら幸いです。m(__)m

2018/12/4(火) 午後 2:52 [ あらいぐま君 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事