秘密な京都

コメントをいただければ調子に乗ります♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全429ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

続・奈良ホテル(5)

イメージ 1
 
お久しぶりです。
 
ではでは、「奈良ホテル」和食ディナーのレポであります。
 
 
和食レストランは、新館5階。  日本料理「花菊」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
今回は、一番お手軽な会席コース「飛鳥」をお願いしました
 
 
 
 
さて、まずは日本酒を選びましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
え〜〜っと、 「菊理姫(くくりひめ) 大吟醸酒」と・・・。
 
 
ボトル 720ml ・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
55,836円!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
なんですと〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
ふへぇ〜〜〜〜〜、
 
こんな酒があるんですね〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
気を取り直して、ソムリエさんに来ていただき、いただく日本酒の相談をしました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
奈良は、日本酒発祥の地と言われています。
 
料理の流れに合う、2種の日本酒をお願いしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
まずは、春鹿(はるしか) 超辛口 純米酒」
 
竹製のクーラー、オサレですな〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
「切れの良い口当たりとコクがあり、さらりとした味わい 程良い自然な辛さ」
 
     と、メニューに書かれていました
 
 
 
 
 
ではでは、ここからお料理を紹介します。
 
今回も、料理写真に続く「拡大料理写真」は、右下クリックで更に拡大しますので、興味のある方はご鑑賞ください
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
先付 「竹の子と海老の蕗味噌和え くこの実」
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
前菜 「菜種芥子浸け より人参」
          「ずわい蟹共味噌和え 独活(うど) 胡瓜」
                  「茶ぶり海鼠(なまこ) 薬味 ぽん酢」
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
吸物 「清汁仕立 帆立豌豆(えんどう)新蒸 大根 人参 水菜 針生姜」
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
造里 「お造り三種盛り 芽物一式」
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
ここで、日本酒2種目。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
「柔らかく果実のようなフルーティーな香り しっかりした味が特徴 甘さも感じられ」
 
     と、メニューに書かれていました
 
 
 
 
 
料理もお酒もサイコーや〜〜〜〜 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
ふと、横を見ると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
奈良ホテル、もうひとつの美人画、
 
中村大三郎 の「美人舞妓」が、微笑んでいました。
 
 
 
 
 
 
お料理に戻ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
焼物 「糸よりごぼうサラダ風味焼き かぶら はじかみ」
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
「美人舞妓」にライトが当てられ、妖艶なお顔に・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
イメージ 26
 
イメージ 27
 
 
イメージ 28
 
蒸物 「百合根饅頭 えびそぼろ 銀餡 とき山葵」
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
 
小鉢 「大和まな お浸し 針柚子」
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
油物 「大和肉鶏 湯葉巻きの新挽き揚げ
             竹の子 茄子 獅子唐 柚子胡椒卸 煎出汁」
 
 
 
 
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34
 
御飯 「奈良県産ひのひかり 香の物」
                                留椀 「味噌仕立」
 
 
 
 
 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 36
 
宝石 「デザート」
 
 
 
 
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 38
 
(コースに含まれないのですが、あるところで頂戴した「ソフトドリンク券」で『マンゴージュース』)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや〜〜、堪能しましたです
 
 
奈良ホテルの和食も最高やね〜〜
 
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 39
 
「美味しかった?」と微笑む「美人舞妓」をしばし鑑賞し、「花菊」を後にします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 40
 
入り口横の飾り。
 
 
あの「枡」、ちょっとほしいかも
 
 
 
 
 
 
 
このあと、前回同様、「ザ・バー」へ参りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 41イメージ 42
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (おまけ)
 
奈良ホテル所蔵 左右対称の美人画
 
昭和10年頃、観光日本宣伝のポスターに使用した作品だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奈良ホテル

開く コメント(15)

続・奈良ホテル(4)

イメージ 1
 
ロビー「桜の間」でしばし休憩。
 
嫁がケータイ(スマホではありません)でパシャパシャ何か撮ってるなと思えば・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
この和風シャンデリアを撮っていました。
 
このデザイン、よろしいな〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
さて、このロビーには、こんなものがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
これ、碁盤なんですよね。
 
とても古いもののようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
碁盤があれば、当然・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
将棋盤もあります
 
 
「譲ってくれ」とかけあう愛好家が後を絶たないそうです
 
 
 
「はさみ将棋」か「五目並べ」を嫁としようかと思いましたが、止めました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
「吹き抜け格天井」のある、玄関フロント前に来ました。 天井高9m。
 
正面扉は、皇室の方々が来られた時に開放されます。
 
 
この左の壁には・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
(右下クリックで拡大します)
 
「花嫁」( 上村松園 作)が飾られています。
 
(以前にもレポしましたね。 評価額3億円
 
 
 
 
鉄道省観光局が、観光日本宣伝のために昭和10年頃ポスターに使用した作品。
 
当時のポスターの中では極めて美しい出来で、諸外国で話題を呼んだそうです。
 
 
この作品、左右対称となるもう一つ別の作品があります。
 
その紹介は次回に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
玄関を出たところ。
 
お寺のような門構えも格天井。 ひとことで言えば、「重厚」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
「灯り」もよろしいですな〜
 
こういうのを好むようなお年になりました  しみじみ・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
外から見たところ。
 
初めて来た時、この玄関に圧倒されてビビりまくりでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
さて、もうすぐ夜の帳(とばり)が降りてきそうです。
 
 
 
 
お部屋に戻り・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
お風呂っ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
「槇風呂」が優しく体を包んでくれます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
その後、お部屋で少しゴロゴロして
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
再び、出発〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
途中、壁に飾られた書の鑑賞をしました。  今井凌雪 「詩経小雅 鹿鳴」
 
奈良らしい  「鹿」の字がお散歩中の鹿みたいですな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
同じく、今井凌雪「蘇曼殊詩」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
これも凌雪 「荘子養生主第三第二章」
 
 
今井凌雪が奈良の生まれというご縁からでしょうか。
 
こんなすごい作品が、さりげなく廊下の壁に飾られています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
皇室の方々の来館写真も見ながら・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
新館 日本料理「花菊」へ
 
 
 
 
 
 
次回、おまたせ!  「花菊」での会席料理につづく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(18)

イメージ 1
 
前記事で、首都圏にお住まいのお二人から、「松の実ケーキ」が珍しいとのコメをいただきましたので、ボツネタを引っ張りだしました
 
 
なぜボツにしたのかは、最後に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
「奈良ホテル・24時間ステイ」の際、ホテルショップでこんなものを買っておりました。
 
「ホテルメイド パウンドケーキ 【松の実】」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
松の実って、韓国料理でお目にかかるぐらいしかないかもですが、こうやってケーキにトッピングするナッツとしても使われるのを初めて知りました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
火が入ると、松の実はしっとりとなって、歯ごたえはなくなりますがネットリとした食感が残って、面白いです
 
 
ケーキの中には、ドライフルーツが入っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
ボツにした理由は、うまくカットできずに、こんな写真しか撮れなかったから
 
 
 
お味は、とってもGOODです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奈良ホテル

開く コメント(20)

続・奈良ホテル(3)

イメージ 1
 
ティーラウンジから中庭に出ました。
 
さすが奈良ホテル。 ウエイトレスさんが、さっとドアを開けてくれました
 
(追い出されたワケジャナイヨ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
その先、1階部分は、ロビー「桜の間」ですね。
 
 
そこを通って、先へ進むと・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
今夜、お泊りする「雪の間」です。
 
古い建物にサッシがあと付けされていますが、違和感ないように処理されているのはさすがです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
もう少し先、2階を見上げると、たぶん前回宿泊した部屋。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
(前は、こんな感じでお庭を見ていました)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
前回できなかったお庭散策が出来てよかったです
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
さて、ここにはこんな木があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
奈良といえば鹿。  鹿はこれを食べませんから、あちらこちらに生えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
ちなみに、奈良ホテルのマークも馬酔木がデザインされているそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
屋根の上。 「鴟尾(しび)」に乗ったカラスに見送られて、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
今きた道を戻ると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
乃木将軍お手植の松」があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
「お手植え」ってのは、手入れしたらダメなんですかね?
 
変な形で伸びているのが気になりました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
さらに進むと、メインダイニング「三笠」が見えてきました。
 
前回、ディナーをいただいた窓際の席は、あとから増築した部分だというのがよくわかります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
こちらは、朝食をいただいたところ。
 
 
あ、そうそう。 先程から「朱塗りの欄干」が気になっておられるかと思いますが、ウィキペディアには、このように解説されています。
 
 
 
1945年(昭和20年)の終戦後、同年12月1日に運輸省は本ホテルを日本交通公社に貸し付け、営業も委ねることとしたが、これと前後して同年9月28日、本ホテルはサンフランシスコ講和条約発効後の1952年(昭和27年)6月30日の解除まで連合軍に接収されることとなった。
この際、白木仕上げの内外装が不潔であるとして米兵によって危うく全館ペンキ塗り潰しにされるところであったが、当時の日本側支配人が必死で本ホテルの来歴を米軍担当指揮官に説明して説得し、欄干など直接手が触れる部分を朱塗りとし、従業員スペースの内装をペンキ塗り潰しとすることで由緒ある本館主要部を守った、というエピソードが残された。
 
 
 
すごいね〜 歴史だね〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
さて、道を戻ります。
 
この2階は、スィートルームかな???
 
 
 
 
外からは全くわかりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
ティーラウンジへ戻ります。
 
我々が帰るのを見て、ウエイターさんが、すぐに扉を開けてくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
(右下クリックで拡大します♪)
 
さて、何をいただきましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
嫁は文庫本を読み、私はボ〜〜〜〜ッと外を眺めながら・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
嫁はシャンパン。  私は、ロイヤルミルクティー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
嫁が選んだケーキ。
 
シャンパンにケーキ?と思われる方がいるかもしれませんが、フツーツ系のケーキに甘めのシャンパンはよく合います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
右下クリックで拡大します。
 
奈良ホテルのきれいなケーキをご鑑賞ください
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
私のオーダー品、「ロイヤルミルクティー」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
奈良ホテルのロイヤルミルクティー
 
ロンネフェルト社フレーバーティー
“アイリッシュウイスキークリーム”を使用。
 
アッサム茶葉にアイリッシュウイスキーのアロマと
カカオの実をブレンドしたロンネフェルトの人気茶葉です。
 
心も体もほっとするひとときを。
 
 
 
と、メニューに書かれていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
これに合わせるのは、「松の実ケーキ」。
.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
右下クリックで拡大します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
再訪、奈良ホテル。
 
贅沢な時間がゆっくりと流れていきます
 
 
 
 
 
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(24)

イメージ 1
 
岐阜県大垣市の『類店』を堪能した翌日・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
松尾芭蕉の「奥の細道むすびの地」である、大垣の観光はほとんどせず
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
大垣へ行くなら、是非行きたかったこちらへ向かいました
 
 
煙の上がる煙突の横には・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
これから商品となる材料、「檜(ひのき)」が沢山積み上げられています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
そのとなりにあるこちら。  有限会社 大橋量器の・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
横に、ひっそりとあるアンテナショップ、「枡工房 ますや」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
え〜〜っと、岐阜県大垣市には「ます」の製作会社が5社ありまして、全国生産量の8割を占めるそうです
 
 
その中でも、ここ「ますや」は、「枡」を基本に数々のアイディアグッズを世に出すお店
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
店内ところ狭しと並んだ商品は、見ているだけでも楽しい
(写真は、右下クリックで拡大します。 ぜひご覧になってください)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
いろいろ悩んだ末に、こんなものを買いました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
その中でも、お気に入り 「豆ますストラップ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
松尾芭蕉のシルエット入り〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回、大垣市で買った「うまいもん」2つです
 
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
枡工房ますや

開く コメント(14)

全429ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事