ついつい はなうた

高齢者デイサービス「ハミング」と保育所「ハミングきっず」がここにあります。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
予告!

明日(22日)は ハミング合同クリスマス会
楽しそうなイベントが盛りだくさん

先生達の合奏も・・・・????
♪ピーヒャラ ♪ブー ブー(少々心配)

そしてなんといっても
「あいたたドンドンあいたたドンドン・・・・」
あの「あわてんぼうのサンタクロース」
の歌詞の一部
子どもたちの
タンバリン カスタネット トライアングル 鈴
の演奏中 
ここのフレーズの踊りが 私は大好き
とてもかわいい とにかくかわいい
他に2曲ほど用意されているようですが・・・
イメージ 1





ハミングのサンタ(今も点灯中)
イメージ 2





子どもたちが作りました
明日 この中にプレゼントが
イメージ 3





お部屋も・・・・
イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6





こちらは 今年も先生が
つるとってきました(散歩中)

さて 今年のトナカイは???
ちなみに昨年は園長先生でした

今年も残すところ10日ほど
クリスマス会で
インフルも胃腸炎も吹き飛ばせ!
(近隣小学校で出始めています)
何があっても 手洗い!
「かめさん をよろしく」
子どもたちは 元気です
今日も
1階は上高倉公園
2階はいちょう団地多目的広場へ・・・


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ノンタンの定番、汽車ポッポーができる
ようになったんです
ちょうど1歳児、2歳児は
「自分!自分!」「イヤ、イヤ」の時期
自分の使っている物を貸してあげるや
半分こにするのがとても難しい時期

でも 昨日のたんぽぽ公園のブランコ
でのできごと
はじめに2歳児が少しスピードを出して
乗れているのを見て
「すごいねー!さすが3歳になると
ビュンビュン乗りできるんだねー」
とみんなで関心していると
気持ちよくなったお友達
「いち に さん」 10かぞえた後
♪おまけのおまけの汽車ぽっぽー
ぽーっとなったら代わりましょ
「ポッポー!!」とうたうと
鼻高々にスッと代わってくれました

その後の1歳児も見習って
ニコニコで 次々交代することが
できました
2歳児はお兄さんお姉さん気分を
1歳児は真似っこで背伸び
異年齢児混合保育の良さを
実感したひと時です

ぜひ ご家庭でも
「いち に さん・・・・・・・
ぽーっとなったら代わりましょ」を
実践すてみてはいかがでしょうか

参考までに「ノンタン」お貸しいたします
のでお声がけください

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

早いもので今年ももう残り1ヶ月を切りました
気が付けば着実に真冬に近づいている今日この頃
さて 今年の晩秋のハミングを一気に紹介します

第1弾
なんといっても子ども達の新たなる発見を感じた
「お店屋さんごっこ」

11/22「保育ルーム ハミング」
回転ずし  「はるみ寿司」
「大盛況」でした
イメージ 1






イメージ 3





イメージ 4





お揃いのハッピを着て帽子を被り
職人に扮した2階の子ども達
着物に割烹着の女将さんはK保育士
もちろんお客さんは1階の子ども達
・お寿司を作るのを忘れてお客さんと
一緒にお寿司を頬張る子
・自分で作った料理はもちろん自分のもの
邪魔されないように衝立の裏でいただきま−す
・握りも回転も盛り付けも接客もナンバー1!
大活躍だっだまさにはるみの大将
・皆の様子をじっくり観察し真面目に働く
最後は生け簀で大はしゃぎ
・お盆に料理を載せてそろりそろり
ところが何度やってもテーブルの前で
こぼしてしまう子 頑張ってました
・衛生管理はおまかせ!
髪の毛が混入しないようにアヒルの帽子をかぶり
おいしそうにお寿司を食べていました
とこんな「はるみ寿司」の職人の皆さんでした

なんといっても本物そっくりのお寿司づくり・
から揚げ・うどん・さらには これらを皿にのせて
移動する段ボールのレーン(手動です)
イメージ 2





生け簀では 魚のつかみ取りと本当に先生方
ご苦労様でした

第2弾!
11/29 ハミングきっず
イメージ 5





「生鮮大市 君代」八百屋 魚屋 パン屋 麵屋さん 
昭和を感じるスーパーが新装開店しました
前日にはハミングの前で宣伝も・・・
一般のお客さん来たらどうしようと思うほど
イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8





・買い物してきてもいいよと言っても
一途に頑張ってくれた魚屋さん
・パン屋のはずが開店と同時に麵屋に
お財布の固さはピカイチでした
・さすが2歳児はお金のやりとりができていました
買い物に行くときももちろん帽子とタオルは外して
から
・「いらっしゃいませー」と大きな声で呼び込み
マグロの競りでは「はいっ!」と手を挙げ
千円でお買い上げ
・タオルを頭に巻いて麵屋でお盆にうどんをのせて
ウェートレスさん まぐろの解体ショーを怖かった?
・お店のマーク「君代店長」の似顔絵を見て
「こわっ いっぱい」と 開店とともにずっとジュースを
飲んで休憩中
・八百屋のぼうしをかぶって張り切って
レジの中を何度も見て売り上げの確認をする子・・
・大根を売っていたと思ったら
フードコートでおいしそうにジュースを飲んでいた 
と思ったら ラーメンの麺を  山盛りに・・・
・保育士と一緒にお金を「はいっ」と渡して上手に
お買い物 でも疲れたらフードコートでおいしそう
にジュースを  飲んで「プハー」とくつろいぐ子
皆さんのおかげでスーパーは大賑わい
イメージ 9





焼き窯でピザを焼いたり マグロの解体ショーが
あったりと盛りだくさんの企画
思わず先生方の「燃え尽き」を心配するほどでした

本ページを書きながら 子どもたちの様子や姿を
一人思い出し ほくそ笑んでしまう私です・・・
まずは そんな晩秋の一コマでした

第3弾!
これからのシーズンへ向けて
11/16 「手洗い集会をしました
手についた ばい菌を上手な手洗いでやっつけよう!
今回は 歌のお姉さんが登場
皆と一緒に「ビオレママうた」
♪おねがいカメさん♪に合わせて・・・・・
今では
その曲が流れると楽しそうに手洗いする0歳児の姿も
ぜひ ご自宅でもご一緒に

そして気が付けば クリスマスシーズンに突入!
準備も進行中です
近隣ではインフルエンザも流行の兆しも
子どもたちは
寒さに負けず 広場で落ち葉拾い
ひっつき虫がズボンにいっぱいつくほど
保育士にも・・・・・
草の種も冬支度

暦どおりの寒さに・・・
「手洗い」忘れずに 寒い月曜日になる?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年も畑に出かけることができなくて
残念でしたが 困っていたところ

ハミングに小さな畑が出現!
そこに 急きょ頂いてきた
つる付きさつま芋を埋めて
昨日 
「なんちゃって芋掘り」をしました
イメージ 6





お部屋で芋掘りの本を読んで気合い十
分でのぞみました
女子2人組の争奪戦はすごかった
バーゲンセールを見ているよう(笑・・・)
イメージ 1





土を触るのが苦手の子もお芋にタッチ
先生と一緒にわっしょい
イメージ 2





遅い登園のお友だちが来ると
「○○ちゃん こっちこっち ○○ちゃん
これだよ」と皆が大切に 一株とってい
たお芋を教えてあげていました
優しい子どもたちに感動です(涙・・・)

まだまだ埋まっているのではないかと
一生懸命掘り続ける子
あまりのやる気に 土の中にダイブす
る子
虫が出てくると手にのせる子
頑張って触ってみる子
イメージ 3





イメージ 4





最後は
掘った山盛りのお芋を皆でゴシゴシ水
洗い
沢山の経験ができました
イメージ 5







お昼にふかしたお芋を少しづつ味見
争奪戦を戦い抜いた女の子は
思わずほっぺに手をあて
「おいし〜い」と幸せそうでした
やはり 女子は「バーゲン いも くり
かぼちゃ」ですね

・おまけ
お芋と一緒に頂いてきた
「じゃが芋と人参を洗いました」
11/7(火)小春日和
まるでおいしいカレーができそう
イメージ 7





イメージ 8





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

11/2(木)から12/8(金)までの申請受付です

小規模認可保育事業「ハミング きっず」も
随時 見学受付中です
詳細は ホームページをご覧ください

今回は少しだけ本園と照らし合わせて
「小規模保育園とは?」について
 
まず2015年4月の「子ども子育て支援新制度」
から小規模の認可保育園と位置づけられました

これにより本園も2010年よりの無認可保育事業を縮小し
新たに「ハミング きっず」として再スタート
・対象児 0歳児 1歳児 2歳児(各3名)
(制度的には19名以下 本園は9名定員)
正直 大規模に比すとまさに超小規模
一般的には アットホームが故に
目が行き届き それぞれの子どもの
発育に応じた援助ができるといわれています
子どもたちを見ていると やはりこの時期の
月齢の差は大きく個別のよりきめの細やかさが
求められると実感します

また、クラス別でない異年齢保育という観点からも
より保育の専門家として
より高い知識や技術、配慮、安全対策など
経験と臨機応変 まさに工夫しながら保育をしてい
ると日々思う次第です

ちなみに 本園はA型
現在 4名の専任常勤保育士と3名の非常勤保育士
(併設無認可保育園兼務)が勤務しています
担当制はありますが チームという意味では
小さいが故に 連携や共有はできていると
思います
常勤換算で 日当たり4名の保育士が勤務しており
9名に対して4名と高い基準になっています
(国基準での通常規模園は 
0歳児3:1 1から2才児6:1)
とにかくこの年齢は 加配なくして無理だとは思いま
すが・・・

では その保育士は 皆 子育て卒(中)の保育士
です
ひょっとしたら 若い未婚の保育士がいない?
なんてことがデメリットかも知れません(笑)
 
子ども視点でみても 日常生活に見本
となる兄や姉がいるわけで
逆に 思いやる弟や妹が存在することとなります
(もちろんいい意味においてですが 悪いことも
マネします・・・・・し 兄弟喧嘩にもなります)

最大のデメリットはよく言われる
「3歳の壁」
3歳になる年の3月末には寂しい卒園がやってき
ます
現在 連携施設は 
S認可保育園1名 AK幼稚園3名です
もし 2歳児3名がS認可保育園を希望すると調整
となります
結果1名のみが連携枠で決定し、他の2名は
この時期に再度認可保育園に申請をすることとなり
ます
なお この場合 通常の新規申請よりも加点がされ
調整されます
参考までに 
一昨年度は S認可保育園1名 連携調整後再申
請で他の認可保育園が1名 連携外の幼稚園1名
でした
昨年度は S保育園2名(連携調整後再申請児1
名含む)連携外の幼稚園1名でした
市の説明によると現在のところ市内のこのような各
施設で卒園後待機児となったケースはないとのこと
です

給食も自家調理にこだわり手作りを基本としています
離乳食等も保育士 調理員連携のもとすすめていき
ます
駅から少々離れていますが、車が可能であれば駐車
場もあります
なお、無認可保育園と併用となりますので時間によっ
てはご不便をかけることもあります
保育室は南に面し日当たりもよく
狭いながらのお庭では砂遊びや豆自動車遊びができ
ます 虫たちも子どもたちの友達です
周辺の自然環境はまだまだ豊かで多様な散歩コース
があります 
ここの子どもたちは本当によく歩きます S認可保育
園まで交流に歩いて遊びにいきます(バギーも)

S保育交流以外の行事等ですが
併設の無認可保育園(定員7名)と合同で行っいます
・入園進級を祝う会
・虫歯予防集会
・七夕のつどい
・夏まつり
・敬老のつどい
・ミニ運動会
・いも堀
・ハロウィンパティー
・お店屋さんごっご
・手洗い集会
・クリスマス会
・新年のつどい
・豆まき
・ひな祭り
・お別れ遠足・・・・・・
また 併設された
高齢者デイサービスとの交流事業(おじいちゃん
おばあちゃんは子どもたちが大好き)
そんな縁側での交流は日常的に行われています
さらに ハロウィンでは地域との交流もしています

乳幼児期は小規模で 3歳から集団でなんていうのが
理想なんでしょうが・・・・

ところで 現在 大和市では第8希望まで記入できます
どうしても 4月復帰という状況であれば
できるだけ多く記入するしかないかな
なぜならば 無認可保育園がどんどん認可化され
以前受け皿となっていた無認可保育園が減少している
からです
また 「0歳児が入りやすい」(定員=在園児)となると
育休し1歳での入園が難しいということも起きています
本来 復帰したいときに 入園したいときに
保育園に入れるというのが本当の姿だと思いますが
併設された無認可保育園も年々低年齢化しています
(認可保育園が増え、3歳以降の受け皿が増えたが
乳幼児の受け皿がそんなに増えていないから)

また 同じように1歳以降であっても
やはり転勤 引越し等も4月に多い?
とすると在園児が動く可能性もこの4月が多そうです

このままでは
「復帰できない」「退職」ということの選択になるのな
らば数多く希望する必要があるかも知れません

※本内容は、本園の分析傾向です
お住まいの地域や施設に当てはまるものではありま
せん

もしものためにとお考えの方へ
明日以降 無認可保育園(大和市認定保育園)
「保育ルーム ハミング」を書きます

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事