宮城の佐藤です。

宮城でチェンソーアートと日本ミツバチをやっています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全229ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日のタラ釣りでは、かなり良い成績を残せたのですが、その一つの要因としてタコベイトを使っていた事が挙げられます。
水深250mの海底にはほぼ光が届かない事から、夜光でボーッと光るタコベイトがアピールしたのだと思います。
しかし、サカナが餌を咥えてくれても250mを引っ張り上げるまでに針が魚から外れてしまってはなんともなりません。
深海釣りではそんな事が度々あるのでバレにくい針が考案されており、その中でも近年注目されているのが記事の標題にも入れた藤井商会のホタ針です。

イメージ 1

独特の形状で一時は生産を中止したこともあるようですが、今では復刻されて販売されています。

イメージ 2

この形状を見ると、バレにくいというよりは、「これでまともに針掛かりがするのだろうか?!」と感じます。 針先も針のチモトも内側に大きく湾曲しています。
今回は初めてこの針を使って仕掛けを作り、全ての針に魚をかけるパーフェクトを何度か実現しました。
バレにくいのは間違い無いと思います。 ただ、アタリがあっても針がかりしなかったケースもあり、針がかり自体は難がある?!
最後にはリールの巻き取り途中で12号のナイロンハリスをぶち切る大物に仕掛けを取られてしまいました!

針はいろいろ持っていて、下の針ははえ縄漁に使用されるタラ針

イメージ 3

14号のナイロンハリス付きで購入しました。
この針で作った仕掛けでもパーフェクトを達成! この針は総合的に掛かりやすくバレにくい針だと思います。

そして、普通に市販されている五目針

イメージ 4

この針が一番針掛かりが良いと思うのだけど、いかんせん、いろんなところに引っかかってしまい、肝心な口元のかんぬきにかからないケースも多いことからバラシも多いのが欠点だと思います。

しかし、深海釣り仕掛けも結構いろんな針を集めました。

イメージ 5

もう一生分針を購入しなくても大丈夫かも!







おまけ

今日は昨日釣ったタラを捌きました。
自宅用にキープした2本です。

イメージ 6

まずは、一番大きなタラ!

イメージ 7

おなかに何が入っているのか期待が高まります。

イメージ 8

結果は真子(卵)

イメージ 9

もう1匹も真子でした…

この記事に

開く コメント(0)


昨日は今シーズン初のタラ釣りに行ってきました。
深海釣りは出船する釣り船が少ない上に、休日は釣り人の多いカレイやヒラメ釣りがメインになるのでなかなか休日に乗り合い船の予約を取るのが難しいです。
今回乗船した清重丸も6月頃には年内の休日のタラ釣りはほぼ満席でした。

前日までは低気圧の影響で波高で出船できず、翌日からは台風24号で出船できず、本当にこの日だけがスポットで出船できそうなタイミングでした。
それでも、前日までには出船可能かどうかの判断が難しく、船宿でも「当日の朝、集合してから判断します!」とのこと・・・

イメージ 1

結局出船できることになり、乗船者は定員10人に対し9人
私は左舷の後ろから2番目で、5人の側
出船から1時間半ほどで釣り場に到着です。 場所は岩手の綾里沖水深250メートル
フェリー航路の近くです。

イメージ 2

まずは船内1発目でタラをゲット! 
しかし、この場所では2流しやっても釣れない人がいたので、「20分ほど走りまーす!」と場所移動

着いた場所が凄かったです! 沈船周りということでしたが、1発目から大当たり!

イメージ 3

胴付仕掛けの4本の針全てにタラが掛かっていました!
その後も投入すれば即アタリが出ます。
たちまちクーラーが満タン!

イメージ 4

この他にもう一つ持って行ったイグルーの50リッタークーラーも午前9時半には満タン!
餌を付けた針の全てにタラが掛かってくる勢いなんで、途中から針数を3本に変更しました。

イメージ 5

クーラーに入らない分は持参したビニール袋に入れました。

そして、「皆さん、ほとんどいっぱい釣れたみたいなので、残り3回流して終了とします。」との船頭さんのアナウンスが出たところで私は竿をたたんで帰り支度に取り掛かりました。
もうこれ以上釣ったところでどうしようもありません!
多分3流しもやったら10本以上追加されてたでしょう。


イメージ 6

釣りの最中はあまりにも忙しくて船酔いする暇も持参したおやつを食べる暇もありませんでしたが、海はそこそこ荒れていました。
魚も台風の接近を本能的に察して荒食いしたのでしょう。

イメージ 7

イメージ 8

釣り上げたタラは合計で38匹!
今までにない大漁です。船頭さんも今までにないくらいの大漁と言っていました。
船中286匹、9名の釣果で全員が20匹以上のタラを釣り上げました。
船頭さんから、「佐藤さんも随分釣ったよね〜♫」と、褒められました。
今回は釣り針にタコベイトを付けていたのが良かったようです。

そして大物は

イメージ 9
イメージ 10

体長90センチ、7.92キロの大物です!
しかし、こうしてみると、私もタラに負けないお腹をしてますね〜



しかし、良いことばかりではありませんでした。
帰り道に復興の道路工事現場で後ろのタイヤをパンクさせてしまいました。

イメージ 11

サカナが重すぎたからでは無いと思いますが、側溝の角にタイヤを擦ったようです。

イメージ 12

工事現場の人も責任を感じたのか、ガソリンスタンドの人を呼んでくれて、スペアタイヤに交換して事なきを得ました。



この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

昨日は地元の神社のお祭りで、朝の5時半から夜の11時まで会場に詰めていました。
この度、私は50年に一度の当番が回ってくる「宿前」という大役を仰せつかって、この1年は開催行事の責任者として務めなければならないのです。

朝の草刈り、清掃、旗揚げ、御札回し、辻への御幣束立て、会場準備、2度の祭事、直会と続いて、締めは奉納舞踊となります。
今回は宿前として、沙也香ちゃんにお願いして一座の皆さんと一緒に踊っていただきました。

イメージ 2

沙也香ちゃんだけで5曲も踊っていただき、会場の受けも大変良かったです。
今回は会場も小さいので、本当に間近に見れたのも良かったです。

また、昨日には孫が我が家にやってきました。
八月四日生まれの男の子です。 息子の嫁が里帰り出産して、昨日新幹線で来たのです。
ちょうどにいいタイミングだったので自宅で一息ついてから、お祭り会場で地域の皆さんにご挨拶させました。

イメージ 11

ま、雰囲気だけってことで、本人の写真は無しで・・・

そして今日は・・
朝にちょっとだけ片付けをして、会場に飾り付けた竹や縄などを自宅の庭で焼きました。

イメージ 10


その時に、雑草も伸びていて気になったので。。

イメージ 3

草刈り!!!

イメージ 4

草刈りをしていたら、

イメージ 5

栗の実が良い感じになっていたので、裏手の日当たりの良い場所の栗の木を見に行ってみました!

イメージ 6
イメージ 7

いゃ〜っ、結構落ちています。 いくつあるか見えますか?

早速、物置にザルを取りに走りました。

イメージ 8

およそ30分くらいでこんなに採れました!
この後に、ブロワーでからのイガや落ち葉を清掃しました。

それから、雨続きでしばらく出来なかった庭の芝刈りをしたり、レモンと遊んだり・・
スズメバチの駆除トラップを6カ所に設置、一昨日のヒラメ釣りの道具を清掃して後片付け
その合間に床屋に行って調髪! 忙しい一日でした。

イメージ 9

あっという間の3連休でした。


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ポツポツとにわか雨が降る中、自宅を10時過ぎに出発して亘理の鳥の海に向かいました。
午後船のヒラメ釣りに行くためです。
途中の高速道路では前を救急自動車が走っていたので速度を落としましたが、100キロ制限の高速道路でも救急車は80キロしか出さないのを知りました。
追い越しをしていく車が多いけど、いいのだろうか?!

さて、それでも11時半頃には現地に到着して早めのお昼としました。

イメージ 2

この時期の亘理の名物と言ったら地元では知らない人はいない「はらこ飯」です。
出船場所の近くの「水けしき」という名のレストランで食しました。
わざわざ駐車場まで店のオーナーが傘をさして迎えに来てくれるなど、とても親切です。
いただいた名刺には「ミシュラン掲載店」とあったけど本当だろうか?
はらこ飯の他にも鯵のフライやお刺身が付いていて、鯵のフライは文句なしに美味かった!
手作りのタルタルソースがバッチリとマッチングしていて、刺身も味が付いていて、わさびと何かを合わせたソースに絡めて食べたら美味しかったです。
肝心のはらこ飯の方は美味しいのだけれど、もっと美味しいはらこ飯も食べているし、いくらが小さかったので残念!
しかし、食後のコーヒーまでついて¥1350は内容からしたら安いと思いました。

さて、腹ごしらえも終わっていよいよ出船です。

イメージ 3

雨もおさまり静かな海です。

イメージ 4

新調した新しいリールを試してみたいのと、90センチオーバーの大物を釣りたくて船に乗りました。
休日にも色々と用事があって、お盆以降船に乗るのは1ヶ月以上ぶりです。
12時半の出船です。

1時間ちょっとの航程で釣り場に到着し、早速1枚を釣り上げました。

イメージ 5

まあまあの良い型です。 70センチくらいのヒラメが釣れました。
しかし、その後は釣れるものの型が小さくて、4、50センチ止まりです。
その後、ちょっと移動をして別の釣り場に向かいました。

午後船は沖上がりが5時なので、残り時間が1時間になったところで私の餌の状態は・・

イメージ 6

はい、桶の下の方に大きな黒い奴が見えますが、これはイワシではなくて小さなサバです。
大物ヒラメを狙うために残しておきました。

イメージ 7

そして、餌を投入!!!

イメージ 8

ラストチャンスにかけて投入してみたものの、餌にしたサバで細かく竿が震える時間が長く感じました。
小さなアタリらしきものはあったのですが、その後は続かず、そのうちサバの動きも伝わらなくなりました・・

イメージ 9

竿を上げてみたら、サバにはかじられていた跡がありました。
きっと食いついたヒラメが小さくて食いきれなかったのだろうと推測します。
周りで上がっていたヒラメも小ぶりなものでした。

そんなわけで、今回は7枚の釣果に終わりました。
記録の更新はなりませんでしたが、時間の短い午後船でヒラメを7枚釣ったのですから、まあまあの成績だったと思います。

帰宅してからは早速魚の捌きをします。
翌日に予定されている地元のお祭りでみんなに刺身をご馳走しようと思いました。

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

結構まともに捌けるようになりました。
ちゃんとした捌き用の包丁ならばもっと楽に綺麗に捌けるのでしょう。

この記事に

開く コメント(0)

ホースマン

しばらくブログをサボっていました。

まあ、もちろんこれまでにも色々あって・・

巣落ちした巣箱の始末をしたり・・

イメージ 1

物置の片付けをしたり・・

イメージ 2

大きな虹を見て感動したり・・

イメージ 3

会社の釣り大会で3位に入賞したり・・

イメージ 4

しかし、このところは週末にことごとく雨が降り、あんまり楽しくないです。

今日もそんな天気で、以前に買っていた立体パズルの組み立てをすることにしました。

イメージ 5

まあ、パズルと言っても組み立て図があるので頭を使うというよりは面倒な作業です。
なんと言っても142個のピースを組まないといけません。

イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

途中、来客で中断したのと、2度ばかり組み立てをミスってやり直しをしながら2時間ほどで完成しました。 これを作ろうと思ったのは、造形とバランスの美しさです。
いつもの10倍シリーズではないですが、これもまた合板で大物作品に仕上げてみたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

全229ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事