FREEMAN

制作会社「FREEMAN」の気ままなブログ HP→http://www.geocities.jp/hutaba06/

放浪

暁照雄師匠のドキュメンタリーをラジオでやりたい。
持ち込んだ企画書を前に当時ラジオ編成にいたOさんが、話の合いそうなんがおるわと紹介したのが同期の市川さんだった。
指先で下唇つまみながら神経質そうに文字を追いかけ、「ええがな、やりたいことやったらよろし」。
船場のボンチのような身なりで昔風の奇妙な関西弁を操る、焼ける前の法善寺とオダサクの作品から抜け出してきたような人だった。
「その代わり、金はないで」
蓋を開けてみれば本当に予算のない中で、照雄師匠の三味の音を追いかけ、藤本義一先生や喜味こいし師匠から、戦前より戦後にかけた上方芸能の系譜を伺う、本当に夢のような時間だった。
ABCの旧社屋、丑三つ時のスタジオで三波春夫の俵星玄蕃を感極まって聞いていると突然扉が開いて、「きみ幾つやねん」。けったいなおっさんがおるもんやなと感じ入ったものだが、想えば先方も同じだったに違いない。
作品がとある賞に入選した夜、ふたりで祝杯をあげた。市川さんの行きつけの寿司屋で、くどくど鰻の食い方について講釈たれる口調が耳障りで「上方の人間に江戸前の粋語っても無粋なだけですわ」。
洒落でいったつもりが、「きみは喋り方を知らん。ええ作家になるには文章だけではあかん」と酒の酔いも手伝って口論になった。
相生橋の暁照雄師匠の店でも、「目上の人間に対する態度がなってへん。師匠、こら由々しき事態でっせ」としつこく絡む市川さんに師匠が、「目上も目下も、あんたらふたりとも私の子供みたいなもんやないの」。全員で大笑いした夜を思い出す。
その後も、Oさんと市川さんがコンビの時はよく番組を任され、法善寺の路でも何度かご一緒させていただいた。一度、中津の事務所に来られたことがあった。
あいにく不在だったが、応対したスタッフに、「浦田は忙しいしてますか?」
答えるとうれしそうに微笑み、ご丁寧にも名刺を渡して帰ったそうだ。
「近いうちにまたやりたいですね」挨拶すると「いつでも企画もってきなはれ」。
市川さんらしい物言いだった。
 
「全身転移や。ほんまに、あっと言う間やったわ」。
通夜の席、綿をちぎったような疲れと共にOさんの顔には無念の色が濃かった。
最近は制作とは関わりのない部署へ配属されていたらしい。時を同じく幹部職につき現場を離れたOさんは、同じ年の好敵手の壮絶なる闘病を、最期までそばで励まし、支え続けた。
大勢の参列者を見送り帰り際、Oさんは充血した眼で二カッと笑うと、
「くそ!また作品つくりたいなぁ!」喉元から絞り上げた。
 
朝日放送プロデューサー市川寿憲、享年54歳。
改めて合掌。

この記事に

開く コメント(1)

春めいてきました。

3月も終わりを迎えようとしておりますね。

日差しもあったか〜くなってきて、そろそろお花見の計画を企む従業員Iです。

ちょうど桜が見頃のころかな。次の淀川左岸中津寄席!
4月15日、日曜日18時から♪

暁照夫師匠をお招きしての特別公演、こちらも桜と同じく見逃せません!

特別公演のため、当日券の販売は予定しておりません。
チケットの購入、ご予約はお電話(06-6359-8370)&ホームページでも
受け付けております。

皆様お誘い合わせの上、ぜひぜひお越し下さいませ♪
イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

2012年 始めます!

お久しぶりです。本当に。従業員Iです。

2012年も2月になりました。
1月は行く。2月は逃げる。3月は去る…。

早い、早すぎです。日々の流れが!!

さって、それはさておき、ついにやります!中津寄席

ちょっとお休みをいただいてたのですが、新しい年になったことですし、
楽しく再開です
皆様ぜひぜひお越し下さいませ

イメージ 1

【日時】2012年3月12日(月) 18:30開場 19:00開演

【チケット】☆お夜食付 前売1500円 当日2000円

<場所>
〒531-0071大阪市北区中津3-16-8 中津商店街内 株式会社FREE MAN 1F

<チケット購入&問い合せ先>株式会社FREE MAN TEL:06-6359-8370 

この記事に

開く コメント(0)

淀川便り

今宵19:30〜NHKにて、中津寄席が出演予定です。
 
プロ野球ってもなぁ、オールスターなんてのも単なる茶番、そもそも民放なんてどのチャンネルひねっても同じだし、つまんねーし、NHKかニュースくらいしか見るもんねーなという、昨今の番組事情をお嘆きになりながらも、こよなくテレビと寄席と芝居小屋を愛する諸兄諸姉は、是非ご覧ください。
 
 
テレビをご覧になられた後は、来週火曜日726日は中津寄席、
続けざまに是非、前売り券のご予約を……。
 
ご出演は、ナオユキ(漫談)╱暁明夫・あきら(音曲)╱カオリーニョ藤原(音頭)の御三方。
会場も、節電&暑さ対策を兼ねたドライアイスひんやり寄席で初の試み。
夏らしいご演目で皆様をお迎え致します。
 
そして翌月821()は、中津寄席祝30回の記念興行。
暁照夫師匠&六代目文三師匠の初共演など、
中津でしか見られない豪華メンバーが勢ぞろいです。
照夫師匠をより深〜く楽しむためにも、7月興行も必見ですよ!

この記事に

開く コメント(7)

心の処方箋

ここ最近、タガの外れた大人をよく見かける、ような気がする。
中には迷惑なやつもいる。
 
……すんませーん。ちょっと、すんませーん!
事務所の前で大声を上げる男がいる。
何のようかと覗くと、
……おたくんとこ、今、人きてるんとちゃいます? いや、ちゅうのもね、
うちの前に、朝から大きいバイクが2台も止まってるんですわ。
2台、2台でっせ、それも大きいのが。たまりませんわ。
……で?
……いや、せやから、おたくんとこに来てる人が、うちの前にバイク止めてんのちゃうか思て……
……誰も来てませんよ。
 
あッ、ソウデッカァ〜、と男は帰って行った。
阿保か、いや、ド阿呆か、とハラワタ煮えくりかえる訳だ。
 
家の前に見知らぬバイクが止められて迷惑だ。
ひょっとしたら普段、人の出入りが多いあそこかもしれない。
そこまではいい。しかし、その確かめ方に問題が大アリ食い。
大の大人が何の了見もなく、言いたいことを、そのまま言ってしまったのだ。
どうやらこれは、タガが外れとる。
 
電車内で、少年マンガに没入するおっさん。
店で、携帯に向かって大声でしゃべるおばはん。
自己顕示で他人を押さえつけようとするアンタ方……etcetca
家でやれと。心の景観を壊すなと。
 
……ええやないか。誰に迷惑かけるわけやなし。
タバコで副流煙、垂れ流しとるお前の方が、よっぽど公害や。
……おれはなぁ、そんなお前らの寿命縮めるために、わざわざ街中でタバコ吸うとんじゃ。
と、こっちのタガが外れんばかり。
 
ただし、愛すべき人間もいる。
 
たまに行く商店街の小さな整骨院の院長先生は、よく喋る気さくな男。
鍼灸の腕は折り紙つきなのだが、やはり少しタガが外れていておもしろい。
先日のこと。院内にはこちらも含め、客?2名。
隣のベッドでマッサージを受ける男性客と院長の会話がカーテン越しに聞こえる。
 
……ついに始まりましたねぇ。チャンピオンリーグが!
……はぁ。
……見ました?昨日のバイエルンとインテルの試合。
……いえ。
……あっ、まだですかぁ。ぼくも(!?)、もちろんCLは全試合録画してるんですけど、
やっぱりだめですねぇ、朝から見てしまいましたよ。いや〜、良かったなぁ。
あっ、結果しゃべっちゃ、まずいですよね
……いいですよ。
……またまたぁ〜。あ〜でも言いたいなぁ。でも言ったら悪いしなぁ。
……いや、録ってないですから、ビデオとか。
……じゃ、今晩のスポルトは見逃せませんねぇ〜。
 
院長先生はまるでサッカーの感動を同次元で分かち合える同志のように
その男性客に語りかけているのだが、カーテン越しに聞く限り、
彼の独りよがり、もしくは勘違いにしか思えてならない。
 
院長先生の独断となった欧州フットボール講談は、その後も続き、
こちらは整骨院を後にする訳だが、帰りしな、料金窓口で上記の謎が氷解する。
並べられた診察カードから自分のものをとろうと、隣のカードにふと目を落とすと、
院長先生の話を紳士に受け流すその男性の名前が、
香川さんだった。
 
なかなか見事なタガの外れっぷりである。
その後、いい気分でミナミへ。酔っぱらいすぎて、乱痴気をひとつ、ふたつ。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事