hutatuyanosikiのブログ

山に目覚めた中年オヤジの山旅日記

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

皆さん、こんばんは
このところ週末の度に天気が悪く、思うように山行が出来ませんね。
ということで昨日は山行を見送りは自宅待機の土曜日となりました。
まあ、こんな時はラーメンでも食べに行くかと、私のホームグラウンドのラーメン屋「チーナン食堂」に行ってきました。
ん〜
やっぱりここのラーメンを食べると落ち着きます。
いろいろラーメンを食べ歩いても、結局ここのラーメンに戻ってきてしまいます。
それくらい、私にとって慣れ親しんだ味です。

とまあ、こんな天気の悪い休日は、暇つぶしに自己満足なブログでも書いてみようと思い、以前、二ツ箭オールスターズのイガグリさんからもリクエストがあった私のラーメンベストテンをアップしてみることにしました。しかし、あくまでもタイトルに書いてある通り「独断と偏見過ぎる私のラーメンベストテン」ですので、あまり当てにしないで、皆さんの舌で判断していただければと思います。
そして、このベストテンには、ラーメン日記に出ていない初登場のラーメンもありますので乞うご期待!(笑

【第10位】正月屋(郡山市)(ラーメン日記初登場)
とにかく、正統派のしょうゆラーメンという感じで、完成された味という印象です。女性にも好まれる味と思われ、私の妻のイチオシのラーメン屋です。
イメージ 9【第9位】東風(いわき市)(ラーメン日記初登場)
ここのラーメン屋は白菜ラーメンが人気ですが、私的にここは塩ラーメンが絶品だと思っています。丁寧に作られたラーメンという印象で、あっさりしていて飽きの来ない味です。スープは透明感があり、最後まで全部飲みほしてしまいます。
イメージ 1


【第8位】白河手打ちラーメン うさぎ(鏡石町)
とら食堂系のラーメンと思われますが、本家のとら食堂をはるかに上回るとも思える味です。白河ラーメンをブラッシュアップした完成度の高いラーメンだと思います。
イメージ 1


【第7位】麺屋 信成(郡山市)
私は、あまり奇をてらったラーメンは好きではないのですが、ここのラーメンは奇をてらった感があるのに、とにかく他の店とは一線を画す味で、凄くインパクトのあるラーメンです。このブラックラーメンは色が濃いのにしょっぱくなくコクがあり絶品でした。この後も何度か足を運んだのですが、いつもイベントに参加中のようで閉店中でした。それだけ人気のある店なのでしょう。
イメージ 3


【第6位】伏龍(須賀川市)
ここのラーメンも第8位の「うさぎ」と同様、とら食堂系と思われますが、やはり本家のとら食堂をはるかに上回る味と思われます。そしてここのラーメンは、ボリュームもあり食べ応え十分、ワンタン麺を頼んだのに、間違えてチャーシュー麺を頼んでしまったのかと間違えてしまったほどでした。私の中では白河ラーメンの中ではナンバーワンと思っています。
イメージ 4



【第5位】松食堂(喜多方市)
喜多方ラーメンは正直どこも似たような味という印象があり、ここのラーメンもやはり喜多方ラーメンの味なのですが、喜多方ラーメンの王道とも思える味だと思っています。まあ、もしかしたら隣の坂内食堂の行列を横目に見ながら入るから余計美味しく感じるのかもしれませんが・・・。あ、それ以上に飯豊の帰りにカロリーを消費しきっているからかな?(笑
一昨年の二ツ箭オールスターズの皆さんで、並んで食べたのが忘れられません。
イメージ 2
【第4位】いくよ食堂(日立市)
写真のラーメンは一番最初に食べた塩チャーシューメンですが、実は一番スタンダードな普通の醤油ラーメンのクオリティーが非常に高いことが判明、それ以降3回ほど足を運んでいます。このしょうゆラーメンにミニチャーハンを付ければあとは何もいらないという感じです。
しかしここのチャーシューメンは半端ないです。でも私はもうチャーシューメンは卒業しました。(笑
日立市の老舗というのが納得の店です。
イメージ 5

【第3位】仙台屋食堂(小野町)
シンプルイズベストという言葉はここのラーメンのためにあるのではないかと思えるほど、素朴でシンプルなラーメンです。正直初めて食べた時は、それほどおいしいと思わなかったのですが、2回目、3回目と段々はまっていき、今では中毒症状が出てきています(笑
普通盛り600円で普通の店の大盛り程の量があり、満足度が半端ないです。
第4位のいくよ食堂と同様、マイブームになっているラーメン屋です。
イメージ 6
【第2位】日向屋(栃木県佐野市)
いきなり栃木県に飛んでしまいましたが、初めてここのラーメンを食べたとき、福島県の代表選手である喜多方ラーメンや白河ラーメンを超えてると思ってしまうほど、佐野ラーメンの魅力にはまってしまいました。(というか佐野ラーメンはこの店しか行っていないので、ここの店の魅力にはまってしまったという方が正しいかもしれませんが・・・)
ここの店の麺は、手打ち感がものすごくあって、麺が角ばっていて舌触りも申し分なく、非の打ちどころがないという印象です。
先日のGWの「北岳敗退日記」の目的は山に登ることだけでなく、ここのラーメンを食すことも目的の一つといっても過言ではないくらいでした。
行列が出来るのが納得の店で、2時間位までなら並んででも食べたい店です。
イメージ 7
【第1位】チーナン食堂(いわき市)
地元のラーメンなので、ひいき目に見ていると思われそうですが、とにかく私にとってなくてはならない存在のラーメン屋です。
港町小名浜に昔からあり、港で働く人たちの胃袋を満たしてきた老舗の大衆食堂です。
私がこの町に来て間もなく通いだしたので、かれこれ30年近くになるでしょうか?お店の「昔のお姉さん」方は、一昔前までは私のことを「おにいちゃん」と呼んでくれていたのですが、白髪が増えだしたころからでしょうか?最近はめっきり呼んでくれなくなりました(当り前か?)
決して万人受けする上品なラーメンという訳ではありませんが、とにかくどこか懐かしい素朴なラーメンで、何度でも通いたくなるラーメン屋です。
イメージ 8
ということで、私の暇つぶしにお付き合いいただき有難うございました。

今日の日曜日は雨雲レーダーを見ると、梅雨空ではあるものの昨日の土曜日よりは雨の心配はなさそうだったのでホームグラウンドの二ツ箭山へ行ってきました。
エゾハルゼミの大合唱が初夏の訪れを感じさせてくれました。やっぱり季節を感じながら歩くのはいいものですね。

さてさて、GWの北岳が敗退し、正月明けの燕岳以降遠征でまったくいい思いをできないまま半年が過ぎようとしております。やっぱり燕岳で今年の運を使い果たしてしまったのでしょうか・・・?(泣き
本格夏山シーズンの前に、一度飯豊や朝日でガツンとやりたいところですがどうなることやら・・・。

おしまい

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事