ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫全体表示

 
 
 

ボスニア出身の外国語教師スーレイマンとその仲間が始めた、外国語の歌に日本語字幕を付けるプロジェクト。第一弾はアシュカ・エ・レ・サルタンバンクの「オン・ラシャ・リ­アン」です。翻訳して短い言葉に置き換えるは難しいですね。多少の意訳はご勘弁を。偶然この翻訳が出来上がった同じ時期にMUSICMAGANINE増刊「プロテスト・ソング・クロニクル」という本が出版されました。そのなかにもこの曲が紹介されています。ちょっと参考にさせてもらいました。最後にバンドのメンバーか­らメッセージを戴きましたので記しておきます。魂におけるユートピア主義者、精神におけるノマドであれ。私たちは皆「世界の市民」です。私たちの闘いは同じ、夢も同じ、理想も同じです。何も手放さないぞ!北フランス出身のSaltimbanksのバンドより、尊敬と友情と連帯をこめて。
【日本の8・6脱原発サウンドデモ】http://www.youtube.com/uniontube55?gl=JP&hl=ja#p/u/0/SBgqRgAIFnw http://www.youtube.com/watch?v=tYFZtVBTY7A&feature=youtu.be

 
よく知らないがw、動画は2010年フランス「年金デモ」らしい☆
 
 
                                            転載元: ロシア& チェチェン
 
 
【あきらめないぞ】
 
オレが住んでるスラムから
アンタが住んでる田舎の村まで
俺たちの現実は同じなんだ
そこらじゅうで反乱がおこりそうだ
この世界でオレたちのいる場所はない
 
農民、移民、不法滞在者

奴らはオレたちを分断した
奴らはうまくやっていた
オレたちが連帯しないから
奴らは甘い汁を吸えたんだ

でもオレたちは目覚める時がくる
そして、また奴らの首を落とすんだ
 
あきらめない
あきらめない
あきらめないぞ!
 
オレたちはバカみたいに信じていた
「民主主義?」、冗談じゃない!
ホントかウソか、見ればわかるよ
投票用紙に価値はなく
株式市場の方が大事なのさ

ハッキリ言ってしまおう!
オレたちはハメられちまったんだよ!
人権なんて価値はなく
エアバスのセールスの方が大事なのさ
一言で言ってしまえば
もっと稼ぐためには魂まで売れってことさ

この国は堕ちた売春国家
世界の独裁者を客に取る
奴らのきれいごとは、もう信じられない
政治家たちはウソつきだ
 
あきらめない
あきらめない
あきらめないぞ!
 
奴らは労働者にパン屑を放り投げた
労働者をなだめるために
労働者がたてつかないようにさ
金持ちや権力者・・

同志のみんな、有権者のみなさん
忠実な消費者のみなさま、
さあ、その時がやってきた!!
出直す時が来た!!

闘いあるかぎり希望がある
命あるかぎり蜂起する
闘っているかぎり倒れることはない
立ち上がるかぎり引くことはない
勝利への執念がボクたちの血に流れている

いまなぜ闘うのかわかるだろう?
理想はただの夢じゃない

さあ、もう一つの世界をつくるんだ!!
 
あきらめない
あきらめない
あきらめないぞ!
 
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事