ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫全体表示

6月17日、203回目のタカキン。
今週も声をあげる。
好意的な共感も多く感じるが、やはり「関心がない」という無関心層の冷たい視線も多いのも確か。「こわい」「うるさい」…
「無関心」というのは、消極的なものではないだろう。「常識」的な考え方や政治的な問題、支配・差別・搾取にかかわる問題に、口を出してはいけないという、その人を取り巻く支配構造そのものが日常不断に、その人に強制している意識のあり方だ。「同調圧力」ということばがあるが、むしろ体制への服従を強制する支配のあり方そのものだろう。
職場をみればいい。日本は法律では8時間労働制だ。残業は、特別な時にだけ、労使協定にもとづいてのみ、可能である。ところがどうだ?もうけのためには、残業が当たり前。中央タクシーなど多くの職場は固定残業代で「定額働かせ放題」。毎日過労死するほど残業しようが、それ以上の残業代は一切出ない。8時間労働制など存在しないかのようだ。おかしいだろう!と声をあげた人間が、特別な人になり、排除と差別を受ける。国鉄分割民営化によって闘う労働組合が圧倒的少数派になるなかで、こういう現実が強まった。人はひとりでおかしいと声をあげるのは大変なことだ。労働組合がおかしいことにおかしいと闘っていたら、まだ声をあげやすかった。労働組合が会社の味方になって個人が声をあげるのは人生かける勇気が必要になった。その結果がブラック企業だ。学校でも地域でもそうだ。そういう見せしめが毎日繰り返され、みんなが「おかしいことにおかしいと言わないことが正しいあり方」だという奴隷根性をたたき込まれる。考えてはいけない、批判してはいけない、こういう意識がたたき込まれる。
こういう現実を食い破って声をあげる人は「おそろしい人」に映る。「平安」が乱される。絶対関わり合いたくないと思う。
しかしそれが原発再稼働と戦争への道であることは間違いないのだ。
どうすればいいのか?いろいろな試みがあっていい。ただ「おかしいことはおかしい」と、支配・差別・搾取の社会のあり方に対して、真っ向から団結・連帯・革命をかかげて闘う人々の存在は必要だ。この塊がつぶされない力を示し、存在感を示していくこと。


土曜日のテレビ朝日、「池上彰のニュースそうだったのか」という番組に、三里塚闘争と学生運動が取り上げられた。三里塚・芝山空港反対同盟の市東孝雄さんと昨秋の京都大学のバリケードストライキが登場した。終わった話、ではないことが重要だ。
この力が必ず社会を変える起爆剤になる。

タカキンは続く。

イメージ

イメージ

イメージ






イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ


イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ


原発をとめる、戦争をとめる、新しい労働者の党が必要だ。参議院選挙で東京から鈴木たつおさんを国会に送ろう!

イメージ




転載元転載元: NAZENぐんま

  • 顔アイコン

    そもそもブラック企業なんて言う奴は決まって仕事ができないクズ野郎の戯言なのだよ!
    時間内で仕事ができない能無しなのだから残業して当たり前、企業は能無しのお前らを使ってやってるのだから感謝するべきだ!
    お前らみたいな奴らはどこに勤めても企業に抗議することしかできないだろうが、その力を仕事に活かせばブラック企業などと思わずになるのではないか?
    そもそも勤めてやってる感が滲みですぎ!
    雇われてるの!わかる?
    それが嫌ならニートになれ!
    誰にも支配されないぞ!
    だが国に迷惑だから生活保護なんて甘い考えはやめろよな!
    日本にいる価値もない生物なのだからとりあえずお前らの嫌いな日本から出て行きなさい!
    くだらない活動も早くやめなさい!

    [ アンチタカキン ]

    2016/6/23(木) 午後 3:02

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事