ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫全体表示


中央タクシー労働者に襲撃弾劾の「声明」配布!

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


 1月15日群馬合同労組は中央タクシー群馬営業所(藤岡市上大塚)前で出退勤する労働者に「群馬合同労組中央タクシー分会長への襲撃事件を許さない声明」を配布した。

 従業員30名ほどの営業所、出退勤時間もまちまち。清水委員長一人だったが、1時間に数名程度にビラを手渡すことができた。従業員半分ほどにビラを渡すことができた。

 清水委員長が登場すると、元組合員のSが最初にビラまきに気付き、営業所長といっしょに確認に出て来た。二人がいったん事務所に戻った時に一人の労働者が出勤したのでビラを手渡した。すると再び所長とSが出て来て、所長が「清水さん、今敷地に入ったでしょう?だめだって言ってますよね?」と言う。いっしょにいたSが何やら電話をかける。

 警察がわんさわんさとやってくるまで10分もかからなかった。警察が到着すると所長とSが再びいっしょに出て来た。警察が「何をしているんですか?」と清水に声をかけて来たので「労働組合のビラまきだ。介入しないように」と通告する。

 「いや、市民からもめていると通報があったので…」と警察官。もめてなどいない。電話したのはその所長だと清水が言うと、所長は「私じゃありません。Sさんです」と言う。(後で警察官から聞いた話では名乗った名前はSという名前ではなかったそうな…)

 パトカー2台にバイクに別車両の公安までやって来た。警察官が危ないから敷地内に入って、というので従った。そうしたらSが「敷地内に入るんじゃねえ!」「やんのか?このやろう!」とわめき出す。この間まで組合の先頭で会社にふざけんじゃねえ!とぎゃあぎゃあやっていた人間が。

 Sは今年の5月に組合をやめると言って、最終的に9月に組合として脱退を承認した。原因は分会の不団結であるが、最大の問題はSが裁判の和解を強行に主張し、その理由が趣味のバイクを買う金ほしさだった。しかも他の二人は養う家族がいないからわからないなどと言っていたのだ。冗談じゃないという話だった。脱退の承認を9月まで引き延ばしたのは、裁判のこともあるが、組合脱退を会社が知ったらすぐにでも解雇に向けた攻撃が始まる、だから代わりの組合を見つけるまで会社から組合は守ってきたのだ。それをここに来て、Sは新たに就任した所長と一体となって、分会攻撃をしている。立て替えていた裁判費用も払うといったきり知らんぷり。裏切り者の末路を見るようだ。

 結局警察は、事態はわかったが、出動して、それで騒ぎが大きくなってしまったもので、帰るに帰れない。出退勤する従業員も通行人も何事かと注目する。これ幸いとビラまきが続いた。

 中央タクシーのこのような過剰な反応は何を意味しているのだろうか?それほどこの「声明」を労働者に読まれたくないということだろう。 この「声明」はフェイスブックやツイッターでも拡散されて、日本だけでなく海外からも怒りの声、激励と連帯のメッセージが寄せられている。脅せばつぶせる、そんな思い上がった襲撃犯、資本家とその犬どもに、労働者の力を思い知らせる闘いだ。ぜひみなさんのご支援をよろしくお願いします。



関連記事



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事