ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫全体表示


3・10群馬さよなら原発アクション2019。群馬はまだまだがんばります。



イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ


イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

集会宣言
 
東京電力福島第一原発事故発生から、8年が経ちました。政府は、除染やインフラ復旧整備等の公共事業型復興政策を進めてきましたが、被害が収束したとは到底いえません。今も約10万人が避難したまま、元の暮らしに戻れていません。廃炉作業も高線量に阻まれ、汚染水はたまり続け、国の立てた計画通りには全く進んでいません。福島県民は、台風や強風、地震など起こるたびに3.11事故の再来を感じ、不安な生活を送り続けています。
被災者の多くが子どもの甲状腺がん等の健康被害を心配しています。すでに200人を超える子どもたちに甲状腺がんが発見され、その数は、年々増えています。それでも政府は「原発事故の影響は考えづらい」と言い続け、健康検査の縮小を進め、唯一の生活環境の空間放射線量の目安となる"モニタリングポスト"も、大半を撤去するというのです。国は、原因論だけに終始するのではなく、「子ども被災者支援法」の整備など実効力の伴う救済策を早急に進めるべきです。
また、避難者支援の打ち切り問題も深刻です。ふるさとを離れ、家族ばらばらになったまま、多様な喪失と不安に苦しみ、生活再建や、人間関係の回復には程遠い避難者がたくさんいます。こうした避難者の置かれた状況やその苦悩が周囲から理解されないという問題もあります。日本政府は、東京オリンピックを前に、マスコミ報道などを利用して、福島の原発事故被害や避難を「すでに終わったこと」と、演出しています。避難者への住宅支援や、いのちに係わる各種支援政策を切り捨て、加害電力会社は税金で守り、避難はあくまで自己責任で終わらせようとしています。
このような状況が進み、周囲の無理解から"いじめや偏見"がうまれ、福島からの避難者であることを隠して生活せざるを得ないという理不尽な事態も広がっています。一方、全国30箇所、約13,000人原告の損害賠償裁判では20173月の前橋地裁判決を皮切りに、全国5地裁判決で、国と東電に「重大な過失責任」があること、被災者救援は国の責任であることが示されました。国と東電には、この司法判断を真摯に受け止め、福島切り捨てをやめ、実態に見合った被災者救済を早急に行う義務があります。きらに、群馬に避難した方たちが、権利回復と損害賠償を求めて東京高裁で闘っている「原発事故損害賠償群馬裁判」を支援していきましょう。
今日本では9基の原発が再稼働してしまいました。そして、いま福島事故当事者の東京電力「柏崎刈羽原子力発電所」や、首都東京に近く、老朽化が心配されている茨城県の「東海第2原子力発電所」の再稼働が進められていますが、いずれも危険極まりない原発であり、事故が起きれば群馬も被災地になってしまいます。再稼働反対!の声をさらに大きく広げてゆきましょう。
昨年、猛暑の夏も、原発無くても電気は足リていました。原発エネルギーはコストが高い、事故がおきなくても危険な使用済み燃料の処理ができない、常に被ばく労働が伴う等の理由で、安心安全を求める世界の流れは圧倒的に「脱原発」です。
二度と福島の悲しみが繰り返されないために、以上のとおり私たちは宣言します。
 
2019310日 力あわせる200万群馬さよなら原発アクション参加者一同

イメージ

2019年の「3・11」高崎集会にお集りの皆さん
今日のこの団結で、原発をなくしていきましょう

どれだけの放射能が高崎に降ったのか?

 原発事故から8年、政府はもう原発事故を「なかったかのように」ふるまっています。
 放射能が目には見えないことをいいことに、自主避難者を公営住宅などから追い出す攻撃も激しくなっています。
 では、放射能はなくなったのか?を考えてみましょう。

CТBТ高崎観測所

 包括的核実験禁止条約(CТBТ)の検証制度である国際監視制度の監視施設として高崎市綿貫町におけるCTBT放射性核種探知システムは、エアフィルターで集塵した検体をゲルマニウム半導体検出器によって分析するものです。 これはアルファ崩壊するウランやプルトニウムなどを検出することはできません。
 でも下の表のように、福島原発事故によって、テルル129/132、モリブデン99、ニオブ95、テクネチウム99、バリウム140、プロメチウム151、プラセオジム144など、核燃料の核分裂反応で生まれたとしか考えられない様々な核種が高崎市で捉えられていることが分かります。
国はセシウムとヨウ素しか発表しないが

 表の下のほうにある「CS」がセシウムの事。「CS」に比べて「TE(テルル)」「I(ヨウ素)」の数値の大きいことがわかります。
 一番数値の大きい「ヨウ素135」は核崩壊して今は、「セシウム135」になっています。半減期は230万年。
 政府が「放射能が残っているかどうか?」に引き合いに出す「セシウム137」の数十倍も残っていると記録されています。
 そういうことは国民に全く知らされていませんが、高崎に放射能はたっぷり残っています。
群馬の数百倍も放射能が降った福島

 この表はあくまでも、福島から217キロも離れた高崎観測所での数値です。福島の仲間の格闘と連帯して、いっしょに、「原発なくそう」と粘り強く闘っていきましょう。

イメージ




明日3・11は反原発福島行動2019。郡山市開成山公園まで行ってきます。ぜひごいっしょに。

イメージ

転載元転載元: NAZENぐんま

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事