ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫全体表示


ニーメラーの警告を無視してはいけない〜

「関西生コンを支援する会」結成される



イメージ



 4月15日、参議院議員会館にて「関西生コンを支援する会」結成総会が行われた。くしくも4日前、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の委員長・副委員長が、みたび逮捕されたタイミングとなった。参加者は約100名だった。

 関西地区生コンに対する弾圧とは、2017年末に関西生コン支部が行ったストライキ決行を契機に、現在まで、のべ58名の逮捕者が出ている事件を指す。労働組合としての当然の行為であるストライキに対し、警察、裁判所、検察が一体となった弾圧行為が行われている。これに抗するため「関西地区生コンを支援する会」が作られた。会の目的は「不当な長期勾留と接見禁止の即時中止及び保釈」「組合つぶしを目的とした、憲法28条・労働組合法1条2項に違反する不当捜査の即刻中止」「公正かつ迅速な裁判による無罪判決の追求」だ。


イメージ
 集会参加者の一人、ジャーナリストの竹信三恵子さん(写真)はドイツの牧師マルティン・ニーメラーの詩を引用した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そしてこう続けた。「いま日本で起きていることは、総合的な状況で言うならば、ニーメラーが言っていることです。この事件は労働組合に対する弾圧であることに異論はないですが、似たような状況が、あちこちにつくられています。

弁護士への大量懲戒請求、相次ぐニュースキャスターの解雇、朝日新聞への攻撃、研究費をめぐる研究者への攻撃などです。すべてが、ニーメラーが言っていたように、声をあげない限りどんどんやられていく。なので私は今回の事件について、生コンの組合員じゃないから知らないとは言いたくない。ニーメラーの警告を無視してはいけない。一緒に押し返していきましょう」と訴えた。

 なお、共同代表は鎌田慧さん(ルポライター)、佐高信さん(評論家)、宮里邦雄さん(弁護士)、海渡雄一さん(弁護士)、内田雅敏さん(弁護士)藤本泰成さん(フォーラム平和・人権・環境 共同代表)が務める。〔土屋トカチ〕





おまけ

「ニーメラーの警句なんのその」な人たち

「警察と争う気は全くない」と恥ずかしげもなくのたまう連中がいる。
3.11以降、首都圏反原連を母胎にして生まれた日本的ファシストの、しばき隊(現 C.R.A.C)やSEALDs防衛隊界隈 (東京デモクラシー・クルー/反安倍あざらし隊/エキタス/ANTI FA)などがそれである。

彼らにとってはニーメラーの警句はおろか、関西生コンの闘いも目障りなものの一つだろう。なぜならニーメラーの警句は警察権力の弾圧から生まれた教訓であり、関西生コンも反権力闘争を内包して闘われているからである。

日本的ファシストらが権力の弾圧から何を学んだかと言えば、「権力には逆らわないこと、権力が許容しない事は決してしないこと」・・これなのだ。
ナチがミュンヘン一揆で学んだこともこれでしたね。


以下は3.11以降、彼らが国会前等で「闘う仲間」に対してとった行動と、聞くに堪えない迷言の数々です。


◆しばき隊(現 C.R.A.C)メンバーです。「反権力を謳う人たちを極力排除して来た」と、自分たちが権力に対して如何に協力的であるか、権力に対して如何に無害であるかをアピールしている。 
↓↓↓


「闘う仲間を国会前抗議行動から排除する苦労を認めよ」と恥ずかしげもなく主張する。
↓↓↓


彼らには中核派は基地反対派じゃなくて「基地推進派」であるらしい(苦笑) だから排除対象なんですね。


国会前抗議行動で仲間を不当逮捕した警察機動隊を非難せず、逆に露骨に擁護したばかりか、不遜にも総がかり行動世話人の菱山南帆子さんの 排除をわめき立てたのです。
↓↓↓




彼らは「逮捕された方が悪い」と警察を擁護し、被逮捕者を罵倒したのです。これが国会前抗議行動の現実でした。

なお、この日不当逮捕された7人のうち中核派はたった一人で、他は創価学会青年部の男性を含む一般市民でした。


首都圏反原連、しばき隊(現 C.R.A.C)系の弁護士・神原元が「警察権力利用論」をまくし立てる。
↓↓↓

記事中に出てくる「右翼から懲戒請求された弁護士」の一人です。懲戒請求者リストを公安警察に差し出す、と言っている。「公安警察を利用するのは正義だ」と言うのです。


この『公安警察(=特高警察)利用論・権力利用論』は当然にも大炎上しました。

なお、この弁護士はしばき隊の独善的横暴が批判された時、「正義が暴走して何が悪い」という迷言を吐いたことでも有名です。


このように左翼風に似せた疑似左翼のファシストはニーメラーの言葉も意に介しないばかりか、反権力思想のかけらも持ってない。そればかりか右翼と同じく警察権力利用論を思想の根幹に持っいるのです。
それが今も変わらぬファシストの思想性です。

関西生コン大弾圧を喜んでいるのは何も右翼だけではない。ニーメラーの警句を意に介しないファシストたちもまた右翼のそれと同じなのです。

転載元転載元: 宝の山(新別館)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事