ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫全体表示


☆速報☆


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5
東京中部ユニオンから「檄布」が贈呈されました。


 2019年6月9日(日)10時から、東上野公民館にて、コンビニ関連ユニオン結成大会が開催されました。支援やマスコミ関係者も含めて会場は入れきれない参加者でいっぱいになりました。

 大会は、本部社員、オーナー、店舗従業員、元配送ドライバーなど、それぞれの立場から、資本に対する怒りや闘いに対する思いが語られました。また東大阪市のセブンイレブン松本オーナーから電話でメッセージも伝えてもらいました。

 くさりきったコンビニ本部に対して、本部社員、オーナー、店舗従業員、配送ドライバーやデリカ工場労働者などの関連労働者が、労働者として、コンビニ関連ユニオンに結集して、団結して闘う中に展望があることが明らかになりました。そして7・11全国一斉時短ストの実現に向けて、団結して闘う方針を確認しました。

 加盟を迷っていたオーナーが、大会に参加をして、勇気が出たと、その場で加盟書を書いてくれました。

 大会は、河野執行委員長(セブンイレブン本部社員OFC)、永尾潤副委員長(セブンイレブン群馬県オーナー)、緒方副委員長(店舗従業員)、鎌倉書記長(千曲ユニオン)、清水書記次長(群馬合同労組)、S会計監査(セブンイレブンオーナー)などの役員人事案、議案と規約案などの議案を採択して、いよいよコンビニ関連ユニオンのスタートを切りました。

 全国から、期待と加盟希望の声が寄せられています。コンビニ関連ユニオンは、みなさんの思いと力とアイデアを結集して、すべての働く者が人間らしく生きられる社会を建設するためにともに闘います。みなさん、ぜひ加盟してください。まずはお気軽に相談をお寄せください。


イメージ 6
国鉄闘争全国運動6・9全国集会にて、同日午前中にコンビニ関連ユニオン結成大会が勝ちとられたことを報告する河野正史委員長


連絡先
  鎌倉書記長  電話  090-5572-9108
     メール musasino0314@yahoo.co.jp
組合費 本部社員・オーナー  月額3,000円
    店舗従業員その他の者 月額1,000円
     ※ 減免あり


以下「コンビニ関連ユニオン規約」から抜粋

コンビニ関連ユニオン規約
<第一章>総則
第1条(名称)
この組織は、コンビニ関連ユニオンという。

第2条(事務所)
コンビニ関連ユニオンは、事務所を長野県千曲市屋代2130−3に置く。

第3条(目的)
コンビニ関連ユニオンは、コンビニエンスストア本部の従業員、コンビニエンスストア・フランチャイズ店舗のオーナー、フランチャイズ店舗の従業員、店舗への配送などにかかわる労働者、弁当などの製造にかかわる労働者、などコンビニエンスストア事業に関連する労働者を広く結集し、組合員の労働条件を改善し、経済的社会的地位の向上とともに、労働運動の階級的大衆的発展をはかること、未組織労働者の団結、連帯、階級意識の向上を目的とする。

第4条(事業と活動)
コンビニ関連ユニオンは、前条の目的の達成のため次の事業と活動を行う。
(1)労働者、労働組合の権利の確立と拡大。
(2)組合員の労働条件の改善。
(3)組合員の福祉の増進と文化的地位の向上。
(4)同一目的をもつ他の団体、個人との協力・提携。
(5)未組織労働者の組織化。
(6)情報・資料の収集、および出版、調査と統計の作成。
(7)教育、宣伝、統一行動の企画と推進。
(8)その他、目的達成に必要な事項。

<第二章>組合員
第5条(組合員)
コンビニ関連ユニオンは、この規約に賛同する、個人毎に加入した組合員をもって組織する。

(中略)

第8条(加入の手続きおよび組合員の資格)
(1)コンビニ関連ユニオンに、加入しようとする場合は、所定の加入申請書に必要事項を記載の上、当月分の組合費を添えて、執行委員長に提出し、執行委員会の承認を得るものとする。
(2)労働組合法2条各項に該当する使用者の利益を代表するものに対しては、執行委員会は加入の承認をしない。ただし、コンビニエンスストアフランチャズ店舗のオーナーは、コンビニエンスストア本部との関係において実質的労働者であるとの判断にたち、この限りではないものとする。


(以下詳細はこちら)



イメージ 7

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事