ここから本文です
宝の山
「地獄への道は、無数の善意で敷き詰められている」。ファシズムの二枚舌を見破ろう。橋下批判、草の根ファシズム批判は宝の山別館で

書庫国際連帯

記事検索
検索

公務員労組解職者が青瓦台前で集団ハンストに突入

「解雇生活15年なのに経歴3年しか認めない政府」

キム・ハンジュ記者 2019.02.12 16:55
イメージ


 全国公務員労組の解職者約30人が2月12日、解雇者の元職復帰を要求して青瓦台前で集団ハンストに突入した。 また青瓦台前で集会を開き、解職者の元職復帰に対する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の約束履行を要求した。
 また公務員労働者が強力な闘争に立ち上がったのは、 最近の交渉で政府と国会が取った態度のためだ。
 労組は1月21日、党政青3次交渉を行った。 1月30日には共に民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)議員が仲裁案を出した。 復職者の経歴を3年だけ認めるというのが核心だ。 公務員労組が法内労組だった期間が3年だという理由による条項だ。 政府はこの案に同意したが、労組は受け入れなかった。 解職者の解雇期間が15年になり、法外労組期間労組のアイデンティティを政府が否定する意味になるからだ。 労組は政府が民主労組抹殺政策により公務員を解雇した事実を認めて謝罪しろという立場だ。
 労組の関係者によれば現在、 労組は行政安全部、青瓦台秘書室などに面談を要請しており、 以後、強力な闘争で政府への圧迫を続けていくものと見られる。
公務員労組はこの日の決意大会の決議文で 「歴代政権はILO中核的協約労働基本権を要求する公務員労組を不法団体に追い立て、 この過程で闘争した公務員を解職状態にしたのは政府の責任であることを強調してきた」とし 「しかし共に民主党と政府は公務員解職者の経歴を一部しか認めないという立場を明らかにし、 解職者とその家族を再び失望させている」と明らかにした。
 公務員労組のキム・ジュオプ委員長は 「私たちが行く道(解職者元職復帰)で最大の障害は文在寅(ムン・ジェイン)政権」とし 「文大統領は公務員解職者の元職復職を数えきれないほど約束した。 関係者が問題解決すべきなのに、約束の履行をためらっている。 公務員労組弾圧の主犯は政府だ。 10万公務員組合員がこれに相応する復讐の闘争を行うだろう」と明らかにした。
 解職者のキム・ジョンス組合員は 「3年の経歴認定は、公務員労組のアイデンティティを否定する行為」とし 「われわれは盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の時に不正腐敗がない清潔な公職社会を作ろうとしたが解雇された。 盧武鉉政権が私たちをクビにして、 文在寅政府がまた欺瞞している。 文大統領が政府の謝罪と解職者の原状回復をしなければ、 文大統領のILO基調演説もないだろう。 われわれは最後まで戦って、堂々と元職に復職する」と声を高めた。
 文大統領は2012年と2017年の二回、 公務員労組解職者136人の元職復帰を公約した。

転載元転載元: たたかうユニオンへ!

イメージ
(写真 「旭捜査遅延、政治検察を糾弾する!」と抗議の記者会見。右から二人目は検察への「公開書簡」を手に持つチャホノ旭非正規職支会長。発言は故キムヨンギュンさんの母キムミスクさん【1月29日 ソウル】)

イメージ
(写真 雨の中、「AGC本社の責任で178名の解雇を撤回せよ」のビラを労働者が次々受け取る【1月31日 東京駅丸の内北口】)

検察の捜査審議委、旭硝子に不法派遣の起訴意見

非正規職労働者が告訴して3年7か月

キム・ハンジュ記者 2019.02.14 10:55
 検察の捜査審議委員会が2月13日、旭硝子の不法派遣事件について起訴意見を決定した。 非正規職労働者たちが旭硝子を告訴してから3年7か月目だ。
 先立って旭硝子は2015年6月、非正規職労働者が労組を作り、 下請労働者178人に「携帯メッセージ解雇」を通知した。 これに対し金属労組旭硝子非正規職支会(以下労組)は2015年7月、 労働部に不当労働行為と不法派遣を告訴して、 労働部は直接雇用是正命令を出した。 だが事件を受けた検察は、不法派遣に無嫌疑処分した。 そのため労組は大邱検察庁前でのテント座り込み、ロビー座り込みなどの行動を行った。
 労組は「捜査審議委員会の旭硝子起訴決定は、 非正規職労働者闘争の貴重な成果」とし 「検察はこれまで旭硝子の不法行為を目をつぶり、故意に時間を引き延ばした。 遅い捜査で鬱憤に充ちた被害者たちが長時間苦痛を受けた。 検察の責任は重い」と明らかにした。
 続いて「検察は旭だけでなく、現代・起亜車、韓国GMの不法派遣事件にも 意図的に時間稼ぎをしている」とし 「今回の決定を契機として不法派遣に対する検察の判断基準を変えなければならない。 現代・起亜車、韓国GMの不法派遣を直ちに起訴し、処罰しなければならない。 資本の表情ばかりうかがうのに忙しい検察の自省と変化を要求する」と伝えた。
今回の捜査審議委決定により、 旭硝子の不法派遣事件は裁判所に渡されるものと展望される。
 昨年から施行された捜査審議委は、 社会的に関心が集中する事件に対して 不起訴処分の有無などを審議する機関だ。

転載元転載元: たたかうユニオンへ!


東京北部ユニオン 

韓国・民主労総が今月末にゼネスト計画。
「ムンジェイン政権は反日」だのなんだの騒ぎ立てるマスコミなどには、韓国の労働者階級の闘いの意味は理解できないだろう。

国境を越えて労働者は1つだ! 財閥と新自由主義政権との対決は世界共通の課題。

日本でも旭硝子(AGC)解雇撤回闘争で連帯するぞ。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12




(韓国旭非正規職支会チャ・ホノ支会長のフェイスブックの投稿より)

4年間で公安検事2人に会った。

2015年〜2017年2月まで公安検査イ・スジン
2017年〜2018年5月まで公安検査キム・ドヒョン

1人はアサヒ事件を処理しないで時間を引き延ばして逃げたし、1人は時間長引かせて無嫌疑処分を下した。 これらを通じて公安検察の素顔を見た。 これらは企業を告訴した事件は故意に処理しない。 そうするうちに結局無嫌疑処分を下す。 これらの起訴独占権は資本には起訴しないことで独占使用する。 反対に労働者の事件は一件ももれなく起訴する。

キム・ドヒョンが使ったアサヒ不法派遣不起訴理由書は圧巻だ。 最初から法を歪曲させて縮小させた。 完全詐欺師水準だ。 法解釈を思いのままにする。 それだけでなくキムアンド葬儀言語をそのまま受けて使う。 キム・ドヒョンは5千ページの調査証拠資料を備えた労働部の起訴意見を捜査も進めないでひっくり返した。 キム・ドヒョンが作成した26ページ不起訴理由書は労働部の5千ページ調査証拠資料を一気に休止で作った。 今は調査資料が1万ページになった。

これらは他の地域で今日もまた他の事件を強くこねて法を思いのままに解釈しているだろう。

アサヒ不法派遣事件は検察には恥辱的な事件だ。 不起訴処分おりた担当検事を職権乱用で告訴して。 高等検察に抗告して。 高等検察にテント座り込みを進めて検察を圧迫したところ捜査に問題があるとし再捜査を進めた。 検察庁ロビー占拠で連行されて事件が世の中に知らされて言論が関心を持つから。 検察が負担を感じたし。 検察は捜査審議委員会で事件を渡した。

検察は不法が明白な事件を覆おうとしたが死のうと飛びかかる私たちに押されてここまでくることになった。 二人の公安検事は処罰を受けなければならない。 これらは検事の資格がない者だ。 もちろんこれらを操縦する者は別々にある。 大韓民国検察は恥ずかしくなったと思わなければならない。

写真は検察捜査審議委員会出席前に控室から撮った。

イメージ

転載元転載元: 韓国旭非正規職支会支援共闘会議のブログ

韓国の労働組合のナショナルセンター・民主労総の「100万組合員の力で世の中を変えよう 写真で見る2018年民主労総」という写真集が出ました。

この中で「長期闘争事業場」の写真の1枚に2018年2〜3月に訪日した旭非正規職支会の3人の組合員と日本の支援の仲間がAGC旭硝子の関西工場尼崎事業所前で「不当解雇宣伝戦」を行った写真が掲載されています。

イメージ

表紙
イメージ


裏表紙
イメージ


裏表紙には、


 내삶을 바꾸는 민주노총

  人生を変える   民主労総

 세상을 바꾸는 민주노총

  世の中を変える  民主労総

 모든 노동자의 민주노총

  すべての労働者の 民主労総


とあります。

 ついに韓国大検察庁検察捜査審議委員会が、AGC旭硝子の派遣法違反容疑について起訴勧告決定を出して決定的な局面を迎える中、AGC旭硝子本社の責任を追及する闘いもバージョンアップが問われています。

 旭非正規職支会を先頭とした韓国労働者階級の英雄的な闘いに連帯し、団結する日本の労働者の闘いをともにつくり出しましょう。旭非正規職支会支援共闘会議に加入して、いっしょにAGC旭硝子本社の責任を追及する声をあげましょう!


転載元転載元: 韓国旭非正規職支会支援共闘会議のブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事