全体表示

[ リスト ]

FM1e 弐号機

KさんからFM1eを譲っていただきました。

足りない部品をサンダータイガージャパンに注文し、前後タイヤは初号機で使っていたPMT200を。
ステアリングリンケージは初号機を同じく空物のリンケージを利用。
構造上ステアリングサーボが偏るので(サーボホーンの中心が左右のどちらかにずれる)あえて片引きに
今のところフロントブレーキは当分取り付ける予定が無いのでそれに合わせたセッティングにします。
あまりスピードが出るとコントロールできないのでモーターはタミヤ・GTチューン。アンプはキーエンス。
スパー92T、ピニオン33T。バッテリーはLiFe(A123)。

日曜日にZioさんが黒井山に行かれるとのことだったので急遽用意して行きました。
いきなりのロールアウトでしたが走行フィーリングはまずまず。さすがにトップスピードは遅いですがコーナリング、
立ち上がりは良い感じで思いっきりアクセルを握っていけました。
ZioさんのM5と一緒に走らせましたがストレートでは完全において行かれますがインコースのコーナリングでくらいついてそれなりの良い勝負。これなら良しとしましょう。


走行後、リヤダンパーの初期のフリクションが無くなってフニャフニャに。
オイルが漏れてはいないので、たんにダンパーオイルが落ち着いた(30000番のオイルなのでエアー抜きがなかなかできない。サブタンクもあるので数回に分けてオイルを入れないと調整できない)だけでした。
オイルを足して再調整。ついでにできていなかったボディの補強もしておきました。
FM1eのライダーの固定はみなさんシートとライダーをマジックテープ等で固定されていますが、それだと足が開いて路面と干渉したり衝撃でライダーがはずれたりします。
そこで私はシャーシのネジを利用してライダーを固定するようにしています。これだとシャーシではなくライダーを持ってコースへ移動とかも大丈夫なので扱いは楽チンです。


せっかく整備したので少しだけテスト走行。昨日夕、百間川に。
リヤダンパーが良くなった分、今度はフロントダンパーが気になります。あまりにフニャフニャで場合によってはポンポン跳ねまくります。
帰ってからちょっと調整。フロントダンパーはフリクションダンパーなので内側に粘度の高いオイルを塗布。
とりあえず30000番のオイルを塗ってみました。若干固くなり過ぎたかもですが、とりあえず次回走行で確認です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事