電動・オン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全133ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

FM1e テスト

仕事だったのですが急遽休みになってしまった(出社したら勤務表の作製ミスのため人がダブってた)ので
昨日整備したFM1e弐号機のテストに行ってきました。

今回はフロントダンパーのチェック。
昨日はフリクションが全くなくポンポン跳ねる状態でした。そこで30000番のオイルを塗ってフリクションアップ。
ちょっと固くなり過ぎた感がありますが、これならダンパー効果もOKだろうという状態にしています。

1パックだけですが走行させてチェック。
昨日はコーナリング中にサイドガードが路面に接触するとフロントがポンポン跳ねて不安定になっていましたが
今日の走行ではフロントが暴れることもなく良い感じです。
固過ぎた(?)と思っていましたが、ちゃんと動いて路面をとらえているのを確認。通常の走行はもちろん、あえて
コーナリング中にアクセルを握りフロントに負荷がかかるようにしても安定して走れました。
ほぼこれでセット出し完了かな?

あとはモーター・アンプを変えてスピードアップさせたいところですが、スパーアダプターの精度が悪くてスパーギヤがきれいに回ってくれません。初号機のスパーアダプターは良かったのに・・・ しかも今使っているアダプターは新品なんだけどねぇ。今の状態でモーターのパワーを上げるとあっという間にギヤをなめそうなのでパワーアップは断念か・・・
おまけに前後スプロケットも中心がずれているようでチェーンの張りに余裕をもたしてやらないとチェーンが切れてしまいそうです。おかげで走行音の大きいこと。どうにかならないものかな?


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
FM1e 弐号機です
ステアリングマウント上下はオプションのアルミ製。
リヤスイングアームもオプションの片持ち式。
フロントサスアームはGP用?
リヤダンパーはインテギー
これらのパーツはKさんが導入されていました。

モーターはタミヤ・GTチューン
アンプはキーエンス・エクストレイ
ステアリングサーボはサンダータイガー(ノーマル)
スパー92T、ピニオン33T(48モジュール)


イメージ 5
ステアリングリンケージは空物のリンケージとGPツーリングのパーツを利用。
サーボ(ホーン)の中心が車体中央からずれるのであえて片引き方式に。KSR-4も片引きですし・・・
ステアリングダンパーはタミヤ・F1用のF104アルミHEローリングダンパーを。30000番のオイルを塗って調整。
(塗り具合で固さを調整。かなりの期間同じ状態が維持できます)


イメージ 6

イメージ 7
ライダーの固定はこのように。
アッパーフレームを固定しているネジを長い物に変更して内側から外側に差して固定。ネジが約1cm外に出るようにします。ライダーの足に穴を空けて飛び出たネジを差し込みます。ネジ山があるので簡単には抜けないししっかり固定できます。足を固定するのでお姉開きになることもありません。ノーマルのライダーを使用する場合はこれが簡単で確実と思っています。もちろん、初号機も同様の固定方法です。
本当はライダーを動かしてハングオンさせたいんですけどね。

開く コメント(0)

FM1e 弐号機

KさんからFM1eを譲っていただきました。

足りない部品をサンダータイガージャパンに注文し、前後タイヤは初号機で使っていたPMT200を。
ステアリングリンケージは初号機を同じく空物のリンケージを利用。
構造上ステアリングサーボが偏るので(サーボホーンの中心が左右のどちらかにずれる)あえて片引きに
今のところフロントブレーキは当分取り付ける予定が無いのでそれに合わせたセッティングにします。
あまりスピードが出るとコントロールできないのでモーターはタミヤ・GTチューン。アンプはキーエンス。
スパー92T、ピニオン33T。バッテリーはLiFe(A123)。

日曜日にZioさんが黒井山に行かれるとのことだったので急遽用意して行きました。
いきなりのロールアウトでしたが走行フィーリングはまずまず。さすがにトップスピードは遅いですがコーナリング、
立ち上がりは良い感じで思いっきりアクセルを握っていけました。
ZioさんのM5と一緒に走らせましたがストレートでは完全において行かれますがインコースのコーナリングでくらいついてそれなりの良い勝負。これなら良しとしましょう。


走行後、リヤダンパーの初期のフリクションが無くなってフニャフニャに。
オイルが漏れてはいないので、たんにダンパーオイルが落ち着いた(30000番のオイルなのでエアー抜きがなかなかできない。サブタンクもあるので数回に分けてオイルを入れないと調整できない)だけでした。
オイルを足して再調整。ついでにできていなかったボディの補強もしておきました。
FM1eのライダーの固定はみなさんシートとライダーをマジックテープ等で固定されていますが、それだと足が開いて路面と干渉したり衝撃でライダーがはずれたりします。
そこで私はシャーシのネジを利用してライダーを固定するようにしています。これだとシャーシではなくライダーを持ってコースへ移動とかも大丈夫なので扱いは楽チンです。


せっかく整備したので少しだけテスト走行。昨日夕、百間川に。
リヤダンパーが良くなった分、今度はフロントダンパーが気になります。あまりにフニャフニャで場合によってはポンポン跳ねまくります。
帰ってからちょっと調整。フロントダンパーはフリクションダンパーなので内側に粘度の高いオイルを塗布。
とりあえず30000番のオイルを塗ってみました。若干固くなり過ぎたかもですが、とりあえず次回走行で確認です。

開く コメント(0)

土日の走行

土曜日は2時過ぎから百間川へ、日曜日は朝から黒井山へ。

土曜日。午前中は用事があったので午後から。
本当なら黒井山へ行きたかったのですが、3時間弱しか走行させられないので百間川へ。
久々の百間川。前回の黒井山での走行でギヤ比を上げていたので百間川のタイトなコースではギヤ比が高過ぎです。特にインコースはアクセルオンで思うように加速してくれません。また、風が強くて気温が低かったのでいきなりフルスロットルではタイヤが滑って転倒です。
ギヤを変えてもよかったのですが、とりあえずはそのままで。

SB5初号機、同弐号機ともタイヤはGRPですが、吹きっさらしの河川敷。しっかり着込んでいても寒いぐらいの気温だったので路面温度が低すぎてバンク時のフルスロットルではタイヤはズルズルです。
それでも加速時さえ気をつければまともに走ってしまうのだからさすがGRPです。
ちなみに、ガンベイドも1パック走らせましたがタイヤがグリップしないでマキマキ状態でした。


日曜日は朝から黒井山へ。
SB5初号機、同弐号機ともギヤ比を上げていましたが、ちょっと上げ過ぎていたので少し落としました。
初号機はコネクターの接触不良がひどくなり走行途中で電源が切れるように。
弐号機は徐々にブレーキが効かなくなってきたので確認してみるとフロントブレーキのサーボが動かなくなっていました。
初号機・弐号機ともメンテしないとダメですね。
ガンベイドも1パック。この日も気温が低く時折雪が舞う状態でしたがタイヤはグリップしてくれたので普通に走行できました。周りが山に囲まれている分、風が弱いので路面温度は百間川より高かったのでしょう。

この日は夕方から用事があったので15時過ぎに終了。
初号機・弐号機ともに調子が悪くなったので丁度潮時でした。
約5時間、調子が悪くなるまでは思いっきり走らせることができました。


開く コメント(0)

5日の日曜日は雨の予報なので4日(土曜日)に黒井山に行ってきました。

11時前に到着。先日黒井山のメンバーになられたSさんと他に4人の方がいらしていました。
みなさん4輪なので交代での走行になります。
4輪の方はみなさんインファーノGTがメイン。その中に1/5を持って来られていた方が。
さすがに1/5だとコースが狭いだろうと思っていましたが、実際に走行させているのを見ると
ちょっとキツイだろうけど意外とまともに走れているようです。コースレイアウトはみんなが通常走らせている
レイアウトと同じ。タイトなインコースも普通に走っていました。しかもスピードはインファーノGTに負けないぐらいの
ハイペース。これは1/5も有りかも・・・ 欲しいかも・・・(絶対に無理ですが)

走らせたのはSB5初号機2パック、同弐号機3パック、ガンベイド2パック。
ついでにドローンレーサー1パック。
Sさん以外の4輪の方が14時過ぎには帰られたのでそこからはガンガン走らせました。
SB5のステアリングダンパー調整、バッテリーがA123時のギヤ比の模索等、内容的にも充実した走行に。

明日も良いお天気なら出撃したいところですが、午前中は雨の予報。
まぁ、おとなしくしておくかな?

開く コメント(0)

RCネタも

29日(日)に今年初めての黒井山へ。
コースに着いたのが11時前。この日の天気予報は昼過ぎから雨ということもあり誰もいません。
着いた時はお日様ものぞいていましたが雲は多め。雨が降りだす前に少しでもということで集中して走行させました。

この日走らせたのはSB5初号機。前々週の15日に百間川で走らせて以来です。
前回の走行時、ステアリングの反応があまりにも鈍かったのでステアリングダンパー固くしていたのですが、
ちょっと固くし過ぎてピクピク状態でした。
百間川では縁石が無いのでぶつけることもなく、狭いコースなので反応が良い方が走らせ易いのですが
黒井山では反応良すぎです。ステアリング操作に気を使いながら走らせれば走らせられないことはありませんが
思いっきり攻める走りはできません。

1パック走らせて状態を確認後ステアリングダンパーを調整。
2パック目からは丁度良い感じになり攻めた走りができるようになりました。

お昼を回った頃からどんより曇り空。雨がいつ降ってもおかしくない状態に。
少しでも走らせようとお昼も食べずに走行させます。
午後1時をまわった頃からついにポツポツと雨が。でもまだそんなに気にならない程度。
どうせなら最後はLiPoバッテリーで思いっきり(普段はA123で走行させています)走行させることに。
段々雨が強くなってきましたがなんとか最後まで走行させることができました。
パワーのあるLiPoバッテリーだと違いますねぇ。A123で走行させる時はもう少しギア比アップかな?

走行後雨が本格的な降りになりこの日の走行は終了。
時間にして3時間弱でしたがバッテリー5パック分走行させました。
とりあえずはストレス解消にはなったかなー

開く コメント(0)

全133ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事