hyattaspac*blog

ハイアットを中心としたホテル宿泊記。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 11


【BATH ROOM】

バスルームも十分に広くシンプルながらセンスの伺える仕上げになっている。とにかく『白』と『黒』の世界!それがチープにならず高級感を保っているのは大判磁器タイルや大理石などマテリアルの良さ、そしてこだわりのあるディテールの仕上げがあるからこそ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 10


バスルームの入口は引戸になっており使い勝手が良い。正確には『吊り戸』で床にレールがなくフラットになっている。この吊り戸は吊り部にワイヤーがあるが壊れやすくメンテナンスが大変で普通のドアよりコスト高だ。もちろんパークハイアットも採用しており当時は本当に珍しかった。今の高級ホテルでは当たり前になったが…。

イメージ 3

イメージ 9


一番ディテールで関心したのがこの『シャワーヘッド!』なんと黒!周りの置時計やグラストレーなど一貫して黒で統一されている。また、ガラス棚のアールになったデザインだが客室のガラス棚のデザインをそのまま切り取ってきているあたりが憎い。

イメージ 4


アメニティはハイアットのスタンダード。

イメージ 5


お決まりの《 泡 × 泡 》セット!

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



続いてクラブラウンジはvol.3はへ。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事