ここから本文です
兵庫ドイツゲーム普及協会(HDF)のブログ
兵庫県でドイツゲーム(ボードゲーム)をさまざまな場所で広めて行く活動とボードゲーム会を開催しています。

書庫全体表示

うさぎのニーノ

うさぎのニーノ

対象年齢:3歳から
人数:2〜5人
プレイ時間:約15分
メーカー:ドイツ セレクタ社
デザイナー:Reiner Knizia Alss Vrtal

木製ウサギ20ヶ
色サイコロ1ヶ
箱が、そのままゲームボード(うさぎのお家)になっています。

イメージ 1


雨がたくさん降りました。
さあ大変!うさぎのニーノとその仲間達のお家(ほら穴)に水が入ってきました。
水たまりも出来ました(と水たまりの絵を覗き見せます)。
うさぎのニーノとその仲間達をお家から助け出してあげましょう!
誰がたくさん助け出してあげられるかな?

語りかけ子供達とうさぎのニーノの世界で遊びます。
ルールはすすめながら説明するのがコツです。
お子さんと一緒に遊んで下さい。
一緒に遊ぶ大人がやっているのを見て、子供達は遊び方を覚えます。

まず、色サイコロを振って、その色のドアの階段にうさぎをのせます。
そうやって順番にサイコロを振り、出た色のドアの階段にうさぎがのっていれば、そのうさぎを手に入れます。
サイコロにはうさぎの絵も書いてあります。うさぎの目が出れば、お家に残っているうさぎを直接1個手に入れます。(HDFでは、お家にうさぎが残っていない場合、階段に残っているうさぎを取っていいことにしています。)
お家にうさぎが1個もいなくなったら終わりですが、「階段に残っているうさぎは助けないの?」という子供達の素朴な疑問から、HDFでは全てのうさぎを助け出して終わりにしています。

お話しの世界で遊んでいる子供達は、必ずと言っていいほど「うさぎ」の顔を進行方向(外に出る方向)に向けます。
手元に持って行くときも「ぴょ〜ん」とうさぎが飛び跳ねるように持って行きます。
うさぎのコマは、耳をフェルトで体を木で作ってあります。大人には少し小さいうさぎのコマですが、小さい子供には手のひらに乗る丁度良い大きさです。
イメージ 2

サイコロも子供達が転がしやすいように木製で少し大きめなのですが、小さい子供だと上手にサイコロが転がせないかもしれません。
サイコロを転がしやすいように、音が出にくい素材のお皿やトレーのような物を用意すると遊びやすいでしょう。

※100均で、フェルト製のトレーやシリコン系のお皿のような形のもの、植木鉢受け皿等、サイコロトレーとして使えそうなグッズがありますので探してみて下さい。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事