ここから本文です
兵庫ドイツゲーム普及協会(HDF)のブログ
兵庫県でドイツゲーム(ボードゲーム)をさまざまな場所で広めて行く活動とボードゲーム会を開催しています。

書庫全体表示

ありんこヘラクレス

ありんこヘラクレス

対象年齢:6歳以上
人数:1〜4人
プレイ時間:20分
メーカー:ドイツ HABA(ハバ)
作者:Michael Huber (ミヒャエル・フーバー) & Hermann Huber (ハーマン・フーバー)
発行年:2008年

働き者のありさんたち、いつも一生懸命お家づくりに(あり塚)に励んでいます。
けれどもあばれんぼうの「ありくいアントン」が蟻さんをつかまえようと、辺りをぶらぶらしています。
力持ちの「ありんこヘラクレス」が大急ぎでみんなの逃げ込む「あり塚」を完成させます、さ〜アントンに見つかる前にお家を完成させられるかな!?
 
完全に全員で協力するルールと、協力しつつももらえるご褒美を競いあうルールの2種類があります。

アリ塚を完成させるには、17本の枝木を集めなければなりません。
1人ずつ代わりばんこにサイコロを振って、出た目に合わせた道のタイルをめくって枝木の場所を確認したり、アリ達を動かしたりしていきます。枝木を収集するには、アリ達の本拠地から1列に途切れることなく、枝木が落ちている場所までつなげる必要があります。
いったんうまく、ある場所でつなげても、全部で17本必要なのですから、すぐさま他の枝木の場所に向かわなければなりません。無駄なアリの移動がないように、全員で意思疎通を計りつつ上手に列を移動していきましょう。
しかし、もしサイコロがアントンのマークを示したら、アントンを一歩進める合図です。アントンがアリ達の本拠地に辿り着いたら、全員負けとなってしまいます。

競争ルールでは、さらに、自分の色のありんこを担当します。自分のありんこが、枝木を取った列の名に含まれていると、ごちそうチップをもらえます。チップに描かれている食べ物が得点となるので、できるだけ列の中に自分のありんこを含めておきたいものです。
しかし皆、自分はチップを欲しいが人にはあげたくないため、人のありんこを関係ない場所に飛ばし、自分のだけを居座らせようとします。
そうこうしているうちに、どんどんとアントンが迫ってきてしまいます。
こうしてゲームを続けていき、アントンが本拠地に到達して全員負けか、アリ塚が無事完成したら全員の勝利としてゲーム終了です。
競争ルールでは、アリ塚が完成した暁には、全員のごちそうチップに描かれている食べ物の数を比べて、最多獲得者が勝ちとなります。

子供達と遊ぶ時は、完全に全員で協力するルールで遊びます。
大人と遊ぶ時は、競争ルールで駆け引きも楽しみます。

イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事