ここから本文です
兵庫ドイツゲーム普及協会(HDF)のブログ
兵庫県でドイツゲーム(ボードゲーム)をさまざまな場所で広めて行く活動とボードゲーム会を開催しています。

書庫全体表示

 私は、この事業に関わって4年目。就学前の「親子ドイツゲームクラス」を2つの事業所で3年間実施してきました。
 ねらいは、まずは子どもたちに「人と関わりながら一緒に遊ぶ楽しさ」を味わってもらうこと。友だちの行動にも注目しながら、起こった事象を見て一緒に笑ったり、勝った負けたと一喜一憂する体験を通して、自分の心の動きを感じ取ったり、また一緒に遊ぶ人の心の動きにも気づいたり、それを楽しめるようになることで「一緒に遊ぶ」ことができると考え、支援を続けてきました。
 もうひとつのねらいは、お母さん支援です。意外と幼い子どもたちと「一緒に楽しく遊ぶ」ということは、子どもを持つ親であっても難しいことなのです。
普段は上下の関係で「育てる・教える・しつける」という関係で関わることが多いなか、対等にお互いが心を開放して「一緒に遊ぶ」ことをお母さんたちにも体験してもらい、今後の親子の関係性にも活かしてもらおうと考えています。
 とはいえ、始まったばかりの事業の中で、前例のない「ドイツゲームクラス」というものを運営していくのは、まだまだ手探り状態で、試行錯誤を続けているところです。
そんな中、今年度の4歳児5歳児対象のクラスでは初めての試みとして、毎週最初に新しいゲームを1つ全員で遊ぶということを続けてきました。
使ったゲームを、覚え書きを兼ねてここにご紹介しておきたいと思います。 
本来のルール通りでは難しいものも、ルールを変更して遊びました。(括弧書きのあるもの)

 年度当初は、ゲームの勝敗にこだわりすぎて、負けそうになったところで「やめる!」と言ったり、拗ねてしまって続きを遊ばなかったり、またそれを避けるため友だちと遊ぶことを嫌がったり・・・
また、みんな自分の遊びたいゲームが譲れず、どのゲームから遊ぶかの相談がまとまらなくて、ジャンケンの結果も受け入れられないという時期もありました。
そんなこんなの気持ちのぶつかり合いを実際にたっぷり経験させました。必要以上にすぐに解決できるような仲裁は敢えて避け、子ども自身が自分の気持ちを感じ取り、また相手の気持ちにも気づき、折り合いをつけて楽しく過ごせるように変化してくるのを気長に待ちました。
ただただ、子どもたちの持ってるはずの力を信じ、「ゲーム遊び」の持つ魅力を信じつつ・・・
成立する場面では丁寧に進行役に徹し、できる限り「楽しかった 経験」の積み重ねとなるように細心の注意を払いながら、ゲーム遊びを楽しみました。

 子どもたちの様子は、じわじわと変化を見せ、後半にはどの子も「ゲーム」が大好きになっていました。毎週必ず最初にする「新しいゲーム」をとても楽しみにするようになり「今日のゲームは、どんなゲーム?」と、びっくりするくらいの集中力で説明が聞けるようになりました。少し複雑なルールも説明を聞いて理解し、お母さんに頼ることもなく、友だちと一緒に譲り合って遊べるようにもなりました。

 子どもたちにとって「ゲーム遊び」の魅力は、時を超えても揺るぎないものであると確信することができました。今うまく遊べない子も、経験不足によるところが大きいように思います。「うまく遊びたいのに遊べない」そんなモヤモヤした経験こそ、たくさんたくさん積み重ねることで、その子自身の中で様々な変化を起こします。恐れないで、寄り添いながら丁寧に向き合い、そんな経験を積ませてあげたいものです。

☆H27年度に使ったゲームのタイトルです☆
「しまブタ」(お母さんに描いてもらい、カードは4枚)
「ウボンゴミニ」(お母さんと一緒に)
「わたしはだれでしょう」(15枚のカードからお母さんの質問で答えを絞り込む)
「リングディング」(できたらチン!と鳴らして全員合格)
「酋長ボンバボン」(1人ずつ課題に挑戦)
「イヌイット」(どちらにたくさんのビーズが入っているかみんなで当てる)
「ビリービーバー」(順番に丸太を1本ずつ抜く)
「ドブルキッズ」
「スピードカップス」
「お宝つめほうだい」
「魔法の鏡」(簡単なカードをみんなで考える)
「ピッグアピック」(同じカードを探す)
「リフトイット」(手で積む・リフトを手で持って積む)
「ドゥードゥルクエスト」(絵の上にシートを載せて描く)
「ドクターシュリュッセルバルト」(手探りではなく見て合うカギを探した)
「よくみてごらん」(3枚の中から変化があったものを当てる)
「いかだ動物園」
「なんじゃもんじゃ」
「ひつじ算」
「ワニに乗る?」
「ありんこヘラクレス」(最初のタイル配置を表向きで)
「クルクルおばけ」(3体回るように歯車を配置できたら終わり)
「ピット」(手札3枚で、揃ったらチン)
「ドメモ」(1〜3、1〜4で考えてみる)
「かたろーぐ」(選択肢は3で)
「We Will Rock You」(8枚のカードで「どんぐりころころ」に合わせて)
「ひつじがいっぴき」
「ミイラの宝物」(ひとつでも出目があるタイルを取る)
「タントリックス」(1〜5を1人ずつ、6〜8をみんなで)
「おばけキャッチ」(1人ずつゆっくり考える)
「なかま集め」
「マイファーストゲーム・小さな畑」
「きせかえかめさん」
「ハリガリジュニア」
「ゴーストタワー」
「プキドゥキ」
「カーレース」
「ファイアドラゴン」
「あるみ缶」
「マタンガキッズ」
「星降る金貨」
「ハリネズミの追いかけっこ」(タイルを8枚に減らして)
「ストーンエイジジュニア」
「にわとりのたまご」
「おしゃれパーティー」
「オリジナルゲーム・手さぐり劇場」(5種から3種を選び出す)
「手さぐり劇場・パート2」(おわんの中のビー玉を数える)
「手さぐり劇場・パート3」(騎士たちの塔のカードを使って)
「夏休みゲーム・金魚すくい」(カードの通りの色をすくう)

☆定番で繰り返し遊んだゲーム ☆
「マイファーストゲーム・果樹園」  「うさぎのニーノ」
「にじいろのへび」              「スティッキー」
「テディメモリー」                「テンポかたつむり」
「ピノ君とおかたづけ」            「おさかなクン」
「クイップス」              「パーキングゲーム」
「クラウン」              「ネズミのメリーゴーランド」
「あひるの親子」                 「オオカミと七匹の子ヤギ」
「にんじん山のうさぎレース」       「いるかのニーノ」
「お姫様とえんどう豆」             「マーブルすくいゲーム」
「ベニーのきれいなお花」           「小さな魔法使い」
「アライグマギャング」             「マッチボール」
「カメのオリンピック」             「騎士たちの塔」
「お菓子の魔女」                  「魔法のコマ」
「ぴったりおかたづけ」             「キャプテン・リノ」
「いかだ動物園」                  「せんたく日和」
「フィッシュ・ミー」              「ソックスモンスター」
「かえるさんジャンプ」             「こぶたのレインボーレース」
「おうちへかえろう」              「雲の上のユニコーン」
 イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事