ここから本文です
兵庫ドイツゲーム普及協会(HDF)のブログ
兵庫県でドイツゲーム(ボードゲーム)をさまざまな場所で広めて行く活動とボードゲーム会を開催しています。

書庫全体表示

7月9日(日)(午前11時〜午後2時)、大久保のイオン明石2番街フードコート近くの「海の広場」で、NPO法人明石おやこ劇場主催ピカピカ夏祭りの「ドイツゲーム」ブースを担当しました。
イメージ 1

ドイツゲームブースは今年で6回目、兵庫ドイツゲーム普及協会としての担当は5回目になります。
今回は、ピカピカまつりが初めての新人2名を加えての7名で参加しました。

ピカピカ夏まつりは、子供達が自分達で考えた手作りのお店がたくさん並びます。
縁日のような賑わいのあるイベントです。
今年は400名の方が参加して下さったそうです。

持って行ったゲーム
イメージ 2
想定は、幼児から小学生、スタッフのお兄さんお姉さんも遊びにくるかも?
2歳から遊べるHABAのマイファーストゲームシリーズも用意しました。


10時に会場に到着。

子ども達のお店は準備が始まっていました。
私たちのブースには、テーブルが3卓と椅子が12脚を用意して下さっていました。
2テーブルをメインに、1テーブルはゲーム置き場兼予備テーブルとして使いました。
イメージ 3


開催時間の11時になり、舞台では、オープニングイベントのミニコンサート、ちびっこ達の劇が始まりました。
イメージ 4

オープニングイベントが終わって
いよいよお店の開店です!!
私たちのブース「ドイツゲームコーナー」も活動開始です!!
イメージ 5

昨年遊びに来てくれた子ども達も覚えていてくれて、また遊びに来てくれました。
保護者の方も自然と一緒に遊んで下さる方も増えてきました。
ドイツゲームコーナーが始まった頃は、「ゲームは子どもが遊ぶもの」と、お子さんがプレイしているのを見ている方が多かったので、ファミリーゲームとして定着しつつある手ごたえを感じました。

イメージ 6

すぐに卓が埋まり、予備の5卓目も稼働し始めます。
イメージ 7

子ども達のお店や工作のコーナー等いろいろあるので、3〜10分で終わるゲームを中心にどんどん回していきました。

DontBeGREEDYの戦闘力はすさまじいです!
前を横切る子の目線が釘付けになって皆歩きながら首が回転していました。
だって、コンポーネントが宝箱と宝石ですよ!!
イメージ 8

マイファースト果樹園の卓。
カラスが果樹園に到着したときは、カラスの勝ちとかみんなの負けとか言わずに、残りのくだものはカラスがもらいました、って言ってみたら結構いい感じな気がしました
幼い層には勝ち負けの結果の話は要らないかもしれないですね。
イメージ 9

今年は全体的に昨年よりお子さんの平均年齢が低いように感じました。今年の400名の参加者数は、小さなお子さんとその保護者の方が増えてきたからかも知れませんね。

終わる前の参加者が少なくなってきた頃の上からの写真です。
それでもまだ十分な人数…時間一杯居ても十分楽しめるイベントです。
1時頃には完売したお店もありました。
イメージ 10

1時半過ぎにお店は閉店し、神戸学院大学文化会SSWさんによる紙芝居を皆で楽しんでピカピカ夏まつりは終わりました。
イメージ 11

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事