ここから本文です
兵庫ドイツゲーム普及協会(HDF)のブログ
兵庫県でドイツゲーム(ボードゲーム)をさまざまな場所で広めて行く活動とボードゲーム会を開催しています。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

『第53回ドイツゲーム研修会』〜ニーズに合わせたゲーム紹介と情報交換会〜
 日時:2019年5月19日(日)10:00〜18:00 
※私たちはドイツのゲームだけではなくボードゲーム全体を、ドイツゲームと総称していますが、レポート内ではボードゲームと記載することがあります。

午前中のみ、途中退場と参加されている方はそれぞれご都合の良い時間で参加いただいております。

参加いただいた方は、ボードゲームの活用を考えていらっしゃる放課後ディの先生。そして、常連の木村先生と放課後ディサービスの先生です。

ニーズにお応えして、対象年齢に合わせたボードゲームをご紹介致しました。
マイファーストゲーム果樹園
イメージ 1

コンテンツを無くないための工夫
「一つでもなくすると遊べなくなるよ」と大事にゲームを扱う姿勢、子どもには自由にさせず、大人の管理の下で片付けをさせる事により、物を大事にする事も学んでいきます。
イメージ 2

にじいろのへび
イメージ 3

なかまあつめ
イメージ 4

おさかなクン
イメージ 5

カルバジュニア
イメージ 6

マイファースト牧場
イメージ 7

ゲームをプレイしながら、活用のヒントやインストのポイントも合わせてご紹介させていただいております。

一般的なゲームのパッケージとキッズゲームのパッケージの違い
イメージ 9


ボードゲームは、実は大人の遊びであること、それを体験していただくためにラッキーナンバーをプレイしました。
イメージ 8


ランチは、暑くなりだしたので、盛沢山の冷しゃぶ
野菜は、大根、人参、サニーレタス、紫水菜、トマト、キュウリ、ブロッコリー、ワサビ菜、そして冷しゃぶした豚肉と生ハム。
鍵庄ののりをトッピングしてごまだれでいただきました。
イメージ 10


さて、ランチタイムに木村先生がゴールデンウイーク中に参加された数学教育協議会の親子向け企画についてお話して下さいました。
主催は四国地区数学教育協議会、高松市で開催されました。
算数と関連したパズル、ゲームができると広く宣伝したところ、子どもだけで80名くらい、親子で100人以上の参加があったそうです。
参加費無料、ただし物をつくる場合には実費を頂いたそうです。
長くお話ししてもと思われて、最初に全員でしたダイスビンゴをされたそうで、好評で大変盛り上がったそうです。
午後からは講演をされたそうですが、午前中のダイスビンゴで声がかれてしまっていたとか。
木村先生は算数を楽しく学ぶための実践と研究をされていらっしゃいます。全国にはそういう方がたくさんいらっしゃって、年に一度全国大会を開催されるそうです。今年の全国大会は高松市で8月に開催されます。

午後からは
ディズニービランズ
イメージ 11

イメージ 12

ディズニーの悪役になってそれぞれの目的を果たすゲームです。このゲームではヒーローは邪魔者です。
それぞれの悪役が出演するストーリーに沿った内容で、ディズニーファンにはまた違った面白さがあります。
日本語訳されていません。
英語と格闘しながらプレイしました。

その他遊んだゲーム
Qbitz
イメージ 13

モンスターバンデ
イメージ 14

ドラゴンの谷
イメージ 15




★ゆらんこ共催ドイツゲーム研修会
〜ニーズに合わせたゲーム紹介と情報交換会〜
日時:6月23日(日)午前10時〜午後6時
場所:あかしゆらんこクラブ 保育室 
明石市西新町2丁目1番5号福清ビル2F(1 階は薬局グリーンドラッグ)
 山陽電車「西新町駅」より北へ約270m
車2〜3台は駐められますのでお声かけ下さい。
※満車の場合は、近くのコインパーキングをご利用下さい。
お声かけ下さいましたらご案内致します。

参加費:1人 500円

ご要望に沿った内容のご準備をさせて頂くためにご予約を推奨しておりますが、もちろん、飛び入りも大歓迎です!
下記掲示板で書き込み下さるか、直接ご連絡下さい。

HDF掲示板

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事