千客酩酊

「ただ一人を客として催す茶事」は「一客一亭」といい↑表題は「沢山の客を酔わそう」という造語。訪問謝礼の利益から継続中。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


9月18日7時15分配信 みんなの経済新聞ネットワーク

 櫛田神社近くにある、うどん居酒屋「博多あかちょこべ」(福岡市博多区冷泉町7、TEL 092-271-0102)で提供する「やかんうどん」が人気を集めている。(博多経済新聞)

 メニューの名前は「釜あげ ずぼら」。秋田で生まれ、ずぼらにやかんでゆでたまま食べることに由来するという。同店オーナーの井上裕之さんが製粉のカタログに載っていた田舎うどん風の粉「ずぼら」と出会い、「やかんうどん」が誕生した。

 やかんに入ったうどんをすくい、納豆やネギ、かつお節、しょうが入りのつけ汁で食べる。うどんを食べ終わった後は、つけ汁にやかんの湯を注ぎ、そば湯の要領で飲む。

 井上さんは「やかんで出てくるとは知らずに驚くお客さまも」としながらも、「楽しんでもらえれば」と目を細める。さらに同店では、「見た目のインパクトで他店とは違ったうどんを提供したい」と、胚芽を混ぜた自家製麺を使うこだわりも。

 価格は、「釜あげ ずぼら」=580円、大盛り「大ずぼら」=680円。営業時間は11時30分〜15時、18時〜24時。日曜定休


個人の意見

 ラグビーでも、最近はヤカンを見なくなったのに、こんな所で見るとは。
しかも「うどん居酒屋」って、飲んだ後の「締め」が期待できそうな店ですねえ〜。

閉じる コメント(4)

やかんの口からしか、うどんをでないようにして、食の有り難みを実感できるようにしよう!ただし、たちまちクレーム!

2009/9/18(金) 午後 1:41 [ 音太郎 ] 返信する

顔アイコン

音太郎 様

埒があかん。

2009/9/18(金) 午後 5:55 加賀 三義 返信する

顔アイコン

ずぼらな私にピッタリのメニューかも…
こうゆう食べ方も嫌いじゃないですよ〜!^^

2009/9/18(金) 午後 10:35 野州力 返信する

顔アイコン

野州力 様

個人的に、真っ昼間のそば屋さんで、蕎麦焼酎を蕎麦湯で割った、お湯割りに魅力的を感じます。

思えば、大人になったら、上野、浅草か神田あたりで、天抜き(天ぷら蕎麦の、蕎麦抜き)、板わさ、焼き海苔をつまみに飲むのが憧れだったなあ〜。

亡くなった親父はハンチング被って寄席や歌舞伎を見た帰りに、こんな飲み方をして、最後にザル(せいろ)を1枚食べて締めていました。ほとんど蕎麦つゆを付けない、まねごと(作法)だけでズズっと音を立てて食べるんですが、そばの香りを楽しむためらしいです。
つまみは「オカメそばやらの上に乗っている“そば種”で飲むのが、粋なんだ」と言っていましたね。供養のつもりで、そのうち、そんな飲み方ができる店に行ってみるつもりです。

2009/9/18(金) 午後 11:18 加賀 三義 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事