ここから本文です

RED FRIDAY


急遽決まったこの企画。

【RED FRIDAY】

イメージ 1

先に謝っときます。

本人 ユルユルのやる気無し。

ただ楽しければ良いと思うことと 古道具屋にも見放され

行き場の無くなった品を誰かの手に・・・。

バタバタしたくない。

あまり会えない人とユックリ話したい。

卓球が出来ない(T_T)

その程度の思いです  ゴメンナサイ。



またfbでも何点か商品をアップし 予約や問い合わせを頂いてますが

処分寸前の程度の悪い物もありますので

当日 手に取ってご自身の目で確認して頂いてから

購入して頂いた方が良いかと思います。

イメージ 10

ミリタリー系のトランク
通常10,000円前後 → 4,000円!
イメージ 2

スチール レターケース
通常2~4,000円 → 500/1,000円
イメージ 3

小さなパーツの整理に便利だけど
何処に何を入れたか分からなくてイライラする物。
通常15,000円前後 → 5,000円
イメージ 4

金属スクラップとして捨てられる寸前のスチール書庫。
個人的にはガレージなどで遠慮なく使えるので好きです。
塗装したりステンシルしたりで愛着倍増!
金属スクラップで処分すれば200円前後 → 各1,000円
イメージ 5

一番処分したい物。
個人宅ではまず必要の無い4段の陳列棚。
持ち帰って頂ける場合 → 1,000円
配達の場合 商品無料+手間賃
イメージ 6

鉄脚
通常4,000円前後 → 各1,000円
イメージ 7

折脚のとにかくでかいテーブル。
作業台や大人数での食事に重宝しそう♪
通常6,000 → 3,000円
イメージ 8

シンガーミシン (天板張替え済み)
これ以上の値引きは出来ません。
通常38,000円 → 28,000円
イメージ 9

その他 小物も多数用意しておりますが

コレッ!と言った品物は用意しておりません。

「飛雄馬に会いたい♥」以外の気持ちで

遠方からお越し頂いたりするとガッカリされると思いますので

ご注意ください。



※本当の注意点
倉庫は田舎の静かなところにあります
道路も狭く暗くなってからのスタートですので近隣住民の方々の
迷惑にならないよう 駐車、騒音、屋外でのおしゃべり等
十分に注意してください。
倉庫前には5〜6台とボロ屋に1〜2台の駐車スペースがありますが
ユックリ飛雄馬とお話しして頂ける方は当日指定の場所にお停めください
トイレはありません・・・搾りきってからお越しください♪

【RED FRIDAY】
12/2 fri   19:00~
★ECO-KING★倉庫内
神崎郡神河町柏尾408ー1
CALL!! 090-3038-3239
 

この記事に

完成したよ!


いや〜

久々に 【ぼろやかいしゅう】での投稿ですよ♪

完成したんですよ!



ボロ家










豪邸が!

イメージ 1

平屋の屋根からカーポートの屋根までもが

全面ソーラーパネルの最先端のお家。



1年ほど前まで こんなだったよね!?
 
イメージ 2

凄いね。



お隣さんが工事中の間 流石にこのボロ屋を触る気にもなれなくて

家そのものはほぼ放置。

まっ 金も無いしね。

けどま〜 友達に助けてもらったり 一人でイゴイゴしたりで

地目変更の為だけに入れた砂利を移動し

車が余裕で入る様に進入路を広げ畑も完成。

振り返ってみましょう♪


2015年 6月30日
(購入時の状態)

イメージ 3


2015年 7月11日
(地目変更の為 砂利を入れ一部の植栽も伐採)

イメージ 4


2015年 10月5日
(ブロック塀を解体 不要な植栽を全て伐採)

イメージ 5


2016年 3月29日
(廃材のフェンスと山茶花の生垣が完成)
イメージ 6


そして現在。
左手前にあった砂利を全て右側に移動。   
後々この砂利部分は駐車スペースと玄関に続く歩道にする予定。

イメージ 7

ようやく畑のスペースも決まり 畝立て作業!

イメージ 8

今後は家の左側の倉庫を解体しつつ
外に置いてる農具を入れる小屋を廃材で作りたい。

イメージ 9

この家に住めるのは何年先になることやらね・・・。

ま〜 少しづつでも自分のペースで楽しみながらやりますよ♪


この記事に

開くトラックバック(0)

秋晴れの暖かい日。



秋晴れの暖かい日。


庭のヤマボウシの葉も赤く染まる。

イメージ 1


空気は乾燥し 風が気持ちいい。


イメージ 2


明日も晴れたらないいな。


イメージ 3


この記事に

廃家電



年末が近づくにつれ 当店の 金属屑・廃家電 置き場に

捨てられた家電や自転車が増えてくる。

イメージ 1

ここには いつの時代の物だよ!ってモノから

最先端の家電まで様々な物が集まってくる。

過去にも この件について書いたことがあるけど

今日もファンヒーターの掃除をしながら ふと思ったので書いておこう。

イメージ 2

中でも多く捨てられてるのが自転車とファンヒーター。

買い取ったファンヒーターを掃除する場合

自分はいつも外せる物を外してからエアーで埃を飛ばし

その後 拭ける場所は拭いてから最終点検します。

ま〜今日もそんな作業してたんですが

毎回毎回 凄いのよ・・・ ファンヒーター内部から出てくる埃の山。

よくこれで火が出ないね〜って思うほど。

逆に言えば この状態で使ってたのも凄いな〜って思う。


結局 何が言いたいかって!?

大事にしようよ!ってこと

ろくに本体の掃除もしないで 去年の残った灯油も入れっぱなし。

エラーが出たら廃棄して新品を購入。

その流れ・・・   嫌やわ〜。

なんでも使い捨て。

自分で綺麗に掃除してやれば愛着も湧くし大切に使う。

そんな流れじゃダメですか?

眠くて何書いてんだか分らんくなってきた。


金属屑・廃家電 回収します
RECYCLE ECO-KING
兵庫県神崎郡市川町甘地670−2
0790−26−3239

この記事に

シンガーミシン。



こちらも定番中の定番! 網目模様の脚が特徴の足踏みミシン。

(こちらはシンガー製)

イメージ 1

引き出しの細工も含め 当時どれほどの金額で販売されていたのか・・・

気になって調べてみた。

明治43年には即金で128円(分割160円)
大正10年には3個引き出しテーブル付きが即金で144円(180円)
という記録が残っているそうです。

当時一人前の大工さんや工場のベテラン技術者の給料が
月20円ぐらいだったようです。
このことから考えると、庶民にとって当時の1円は、現在の2万円程度・・・
現在の価格に見直すと恐ろしい金額ですな。


ま〜そんなことは おいといて

過去に何台販売しただろうか・・・

イメージ 2

そのほとんどは木部の状態が悪く ミシンも機能しない状態。

時々ミシンとして使用したいとの声は聞くがその需要は少ない。

よって 過去に販売してきた物はほとんどが脚のみ。

自由に天板をつけてお楽しみくださ〜いって感じです。

しかし私が救出する その数は年々減少しているようにも思う。

イメージ 3

久々に入荷したこのミシンも天板こそシミや汚れ、捲れ等が

あるものの引き出しの状態も良し!

イメージ 4

仕事も落ち着いてるし・・・

やっちゃうか! って  エンジン掛かって

イメージ 5

バラバラ〜。

錆と埃色の脚は洗浄後 新たに黒色に塗装。

この時が来るのを見据えて保管していた一枚板を天板に。

引き出しと同じチーク色のニスを天板と洗浄した引き出しに塗装。

そして組み上げれば完成!

イメージ 6

この存在感 こそ 定番の理由かもしれんね。

イメージ 7

こんなミシンも買い取ります!

イメージ 8

RECYCLE ECO-KING
兵庫県神崎郡市川町甘地670−2
0790−26−3239

この記事に

開くトラックバック(0)


さてと パソコン内の写真が増えてきたので

更新しときましょうかね。

今までも石油ストーブ  特にアラジンは取り上げてきたけど

一度にこれだけの在庫があるのは珍しいね。

イメージ 3

こちは分解、清掃、芯交換、チェック等を終えた商品たち。
(後列の右側はニッセン)


こちらが作業中の様子。

イメージ 4

ただ黙々と 分解 清掃・・・   その繰り返し

けどやっぱり この時間がたまらなく好きなのです。

「無」になれる時間。


長年放置された物は触るのも嫌なくらい・・・

けどそんなヤツほど愛おしくなるのです。

イメージ 1

ま〜ね  石油ストーブなんてモノは単純な作りで

それほど壊れるモノでもなく

ただ芯から石油を吸って燃焼させるだけの物ですから。

消耗品の芯だけを変えてやれば良いのです。


しかし長年放置された芯は・・・

イメージ 2

内側の筒と完全に固着し上下しなくなり

それを知らずに無理にハンドルを回すと

ハンドル側が間違いなく壊れます。


古い芯を綺麗に取り除き 清掃。

イメージ 5

そして 新しい芯を装着。

イメージ 6

その他の部品も全て取り外しクリーニング。

イメージ 7

とっ ま〜 暇があればこんなことしとります。

そして今日も新たなストーブを分解・・・

イメージ 8


古いストーブも買い取ります!
RECYCLE ECO-KING
兵庫県神崎郡市川町甘地670−2
0790−26−3239

この記事に

開くトラックバック(0)

野球。




先日は地元 柏尾ベースボールクラブ の野球観戦。


ま〜この時期にカメラ持って野球観戦・・・暑いの南野。

イメージ 3

この暑さより野球に熱い男。

イメージ 2

いつもお世話になってるこの男。

この男をいかにカッコ良く撮るかが鍵。

イメージ 1

けどま〜 この人ばっか撮ってもね 熱さが増すだけなので・・・

イメージ 4

応援に来てた上のおじさんの甥っ子。

いや〜 可愛いし 涼しくなるわ♪


ここからオッサンが続きますよ!

エアコンの設定を3度下げてご覧ください。



しなやかなフォーム。

イメージ 5


かなり打ちそうな男。

イメージ 6


爽やか番長。

イメージ 7


カッコイイ!・・・ プロテクター。

イメージ 17


実際 打てる男。

イメージ 8


からの・・・

イメージ 9

おい!オッサン  どこ目指しとんねん。

イメージ 10


フライ捕ったら捕ったで  ど〜よこのドヤ顔!

イメージ 11

顔!

イメージ 12

顔!!

イメージ 13

だいたいこの人違う村だけど 柏尾の人より見る日が多い気がする。



ま〜そんなのはヨシとして・・・

イメージ 14

ベンチで 「僕も打ちたいな〜」

イメージ 15

とか 言いながら

イメージ 16

イケてない大人達を「がんばれ〜」って一生懸命応援する子供が
一番印象に残った一日でした。

イメージ 18


この記事に

夕暮れ時の散歩。



夕暮れ時  カブにまたがり ちょいと散歩。

イメージ 1


いつもの 秘密の場所。

イメージ 4


わーお!  最近雨降ってね〜からな〜
ぜんぜん水ね〜し・・・

イメージ 3


水場を求めて更に上流へ〜 

あるある!   魚もいるいる!

イメージ 2


もっと寄ってみましょか〜

見えます? たくさんの魚。

イメージ 5


ここにね

上から唾落とすの・・・

じゃ〜ね

純粋な魚たちは餌が落ちてきたと

俺の唾の争奪戦。

イメージ 6

失礼。



もっと山の中走りたくて 別の道へ入ったところ

以前購入しようか迷ってた物件に人。

イメージ 7

もうすぐ70になる親父さんが一人で神戸から移住し修復中。
スゲ〜な・・・  カッコイイわ 親父さん。

イメージ 8

1時間以上お話しし 「また来るね〜」って
帰ってきた。

自分の家もそうだけど ここがどんな空間になるか♪
またひとつ 楽しみが増えた。

イメージ 9

頑張れ!親父さん!
と パグ公。

イメージ 10

この記事に

2016 夏 前半戦



暑い日が続きますが皆様 如何お過ごしでしょうか?

2016 夏

7月22日 暑い中でも俺の事心配してくれる人達。
いつも ありがとう!

イメージ 4


その翌日

7月23日 毎年恒例となっております 香住の花火大会。
今年は友人がSUPを持ってきてくれたので
花火までの時間 ユックリ楽しませてもらいました♪

ただ 沖へ沖へと繰り出すと やがて波の音は消え
お祭りで盛り上がる会場の音も全て消え無音の世界・・・感動した。

イメージ 2


じゃれ合うオッサン二人・・・ 辻井VS伏原

イメージ 1


今年は新たな友人も加わり 嫁様のお母さんとその姉さんも合流。

イメージ 3

花火の写真は一枚も撮らなかったけど やっぱ綺麗で感動。



その3日後の7月26日 父が他界。

 

父が亡くなっても泣かないのに 高校野球の試合が終了するたび 涙が出る。

イメージ 5


そんな 2016 夏 前半戦。

この記事に

先住民。



久しぶりの投稿になります。

ボロ家の方は ボチボチ廃材を燃やしたり

使わない電気配線や給湯器の撤去をしておりました。

ですので外観の絵面はなんら変わりません。






お隣はと言うと・・・

イメージ 1

綺麗に整地され 境界にブロックが積まれ スキ〜っとなってます。

お隣が綺麗になると 我が家のボロが際立ってくるのであります。


ここもそう。

ブロックから左はお隣さんで 右はウチの倉庫。

ウチの倉庫側の石垣が崩れて溝に落ちてる状態だったので

一度 上っ面の石を退けコンクリートで固めながら積み直した。

イメージ 2

そして この状態で放置してた庭と畑。

右側の通路は車を入れるにも中途半端で 

その手前のアスファルトもボロボロ。

地目変更のためだけに入れた手前の川砂利も もう必要ないだろう。

イメージ 3

て ことでっ!

イメージ 4

幼馴染の友人がユンボ貸してくれて

イメージ 5

別の友人がそれ乗って 作業を手伝ってくれた。

とりあえず 赤いスプレーから右にコンクリートで車の進入路。

その左に人の通路をと考えてる。

奥まで車を入れることができれば廃材の搬出も楽になるかと♪




一部外壁の無くなった家の中は いつのまにやら・・・

先住民。

イメージ 6


ちなみに倉庫では 卓球はもちろん ベンチプレスが加わり

イメージ 7

遊びのスペースが広がる一方である。

これでいいのだ。

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事