全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

7月12日

 
 地元のタクシーでなまはげに会いに行きました。

 男鹿の真山

 なまはげ伝説発祥の地なんだそう。

 
 ここで、なまはげの実演をしてくれるの!!

 すごい迫力あって

 生の秋田弁がたっぷり聞けて、

 興味深かった。

 なまはげは、神様なんだって。

 ずっと化け物かと思ってた・・。


 なまはげの衣装を着られるところがあったので

 しっかり身に着けてまいりました♪
 
 
 なまはげを堪能した後、
 
 
 秋田の有名なお祭り

 「竿灯祭り」

 で使われる

 竿灯

 持ち上げてきました☆


 これがまた難しいこと。

 小学生5年生でも、15キロの竿灯を持ち上げてるらしいのだけど、

 わたしは持つこともできなかった・・重すぎて。


 結局 小学生低学年の持つ5キロの竿灯持ち上げたけど

 手のひらに載せて三秒くらいしかもたなかった。。

 
 あれを腰なんかに乗せちゃうなんて、

 ほんとにすごいことだわ。

 毎日練習してるんだって。

 
 温泉に、白神山地に、なまはげに、

 欲張りな旅行だったけど、


 今度は東北の祭りめぐりしたいな。

 なんて思いながら、東京に戻ってきました。

 
 

この記事に

開く コメント(6)

7月11日

 
  天気:曇り時々晴れ間

 待ちに待った白神山地!

 ガイドさんは地元の人。

 秋田弁。

 人懐っこそうな人でした。

 
 今回は「二つ森」と「十二湖」をめぐるツアー

 参加者三人。

 私たちだけ♪貸切♪


 二つ森だから、

 森の中の散策

 かと思ったら、

 登山だった。
 
 
 標高900メートルまでは車で。

 あとの156メートルは自力で。

 二百メートルも登らないのに、結構登るの大変だったのは、

 登山道なんかほとんどなくて、

 人一人通るのが精一杯の道を登るからかな。


 世界自然遺産なだけに、

 人の手を加えていいぎりぎりまでしか整備できないんだって。


 なるほどなー。


 ブナ林は思っていた以上に良いもので見渡す限り、ブナ、ブナ、ブナ。

 推定樹齢200年のブナも意外と細いのをみて、

 自然の厳しさを目の当たりにした。


 十二湖は

 どの湖も水面が鏡のようで、

 木々の緑と山の緑が映っていて水面自体も緑色。


 ただ、青池は

 透き通る群青色だった。

 自然の色とは思えない色をしていて、


 水温が八度ということもあって、湖面に絶えず水蒸気が湧き出てた。

 人が近づくといっそう蒸気が濃くなってた。


 帰りに長寿の水を持ち帰った。

 
 秋田には、
 
 グランドキャニオンならぬ

 日本キャニオンがあった!!

 
 帰りの海岸線の道路もステキな景色でした☆ 

この記事に

開く コメント(0)

7月10日

 秋田到着。

 秋田から、男鹿まで約一時間。


 迎えに来てくれたバスの速いこと。

 スピード出してるのに、

 普通に予約表広げ始めたのには驚いた。


 見渡す限り

 田んぼと山。

 そして海。


 景色はすごくきれいだった。

 
 温泉!

 色は茶色で

 温度は55度

 熱めのお湯だったけど気持ちよかったー


 宿は古めだったけど、きれいなお部屋でした。

 結構有名人来てるみたいでサインがたくさん飾ってあった。
 
 デヴィ婦人とかも秋田にくるんだね・・意外
    

 
 男鹿半島にある寒風山にはおどろいた。

 そんなに標高は高くないのに

 なぜか山肌に木は全く生えてなくて

 芝生。

 昔からずっと芝生だったらしい。
 
 森林限界ってやつかな??

 こういうときに、もっと生物まじめにやってれば良かった

 って後悔するのよね・・
 

この記事に

開く コメント(0)

秋田

 明日から秋田。

 男鹿半島に宿泊。

 夏だけど、

 なまはげに会えるかしら。。?

 
 たのしみだわ♪

この記事に

開く コメント(0)

なっつやっすみー

やっほぃ

夏休みに突入。


たのしみだなー

たのしみだなー

白神山地!!

世界自然遺産!!


このまま休みが続けばいいのに

のに

のに。


きょうは七夕。

このまえ飾った七夕飾りは雨に濡れてないかしら。


次長の願い事



「家庭円満」




大丈夫かな、じちょー。

この記事に

開く コメント(0)

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事