ここから本文です
会社員、鉄道で世界を旅する
世界の鉄道と模型を楽しむ
フランス一周の今回の旅行で、どこかで夜行列車を見ることが出来ないかとトーマスクックの時刻表やインターネットで調べたところ、パリとトゥールーズを結ぶ夜行列車をトゥールーズで見ることが出来そうだった。

イメージ 1

ということで、またしても子どもを寝かしつけた後に駅に向かう。
駅前にホテルを取っておいてよかった。

イメージ 2

しかし、駅に向かうと改札が行われていて、切符を持った人しかホームに入ることが出来ないとのこと。
パリでTGVに乗るときもそうだったけど、フランスも自由にホームに入ることが出来なくなっていくんだろうなぁ。

イメージ 3

諦めてホテルに帰ろうとしたところ、駅のまわりに線路を跨ぐ道路から撮影できそうだったので行ってみることに。
おお!いい感じに眺めることが出来るが、架線と道路が同じ高さにあり上手く撮影が出来ない。
架線を設置したレイアウトの時と同じことが本物でも起こった。笑

イメージ 4

調べた情報によると、寝台用の客車ではなく普通の座席車を使用しているとのこと。
ドリームつばめやドリームにちりんみたいな感じ??

イメージ 5

このアングルからしか撮影できなくて、同じような写真ばかりに。

イメージ 6

遠くから眺めるとよく出来た模型みたいに見える。
次作のレイアウトでもドーム駅を制作してみたいと考えているので、ホームから間近から列車を見るのではなく、駅全体を見渡しながら夜行列車を見送ることが出来て本当によかった。

イメージ 7

定刻通りにパリへ向かって出発していったのでした。

この記事に

今回の旅行はフランス一周。パリは少しだけしか観光せずに次の目的地であるディジョンに向かった。

子供を寝かしつけた後、嫁さん頼んで一人で駅に向かう。

イメージ 1

見たかったのはこれ!朝にリヨン駅で見たthelloの折り返しである。

イメージ 2

21時53分発。夜行便の飛行機でパリに到着し、ディジョンのホテルに投宿した時はヘトヘトだったけど、こういう機会を逃すと後々後悔するので頑張った。
あぁ、あの時なんで駅にcity night lineの写真を撮りに行かなかったのだろう。という夜は数知れず。
夜行列車に興味を持ち始めたのは最近なんだけれども。

イメージ 3

駅前にホテルを取っておいてよかった。

イメージ 4

少しの停車時間でも外に出てタバコを吸う乗客たち。

イメージ 5

急いで反対側のホームに向かってみた。緩やかにカーブしている線路がいい感じ。

イメージ 6

次作のレイアウトにはカーブ駅を取り入れてみたいと思う。

イメージ 7

貨物列車がthelloを追い抜いた。カッコイイ!

イメージ 8

いよいよベネチアに向けて出発。客車の発車時は独特なショックがあってその瞬間がたまらない。

イメージ 9

夜行列車の食堂車。あぁ乗りたいなぁ。

イメージ 10

子供が大きくなったら一緒に乗ろうと思いながら駅を後にしたのだった。
それまで現役でいてくれよ(^^)v

この記事に

先日、ブログ仲間のclass401ice1さんとエルマートレインで走行会をしてきました(^^)

イメージ 1


今回は日本の景色の中を走るヨーロッパの車両たちです。

イメージ 2


やっぱり緑の中を走る姿はカッコイイ。

イメージ 3


ドイツの駅っぽい写真。

イメージ 4


やっぱりレイアウトはいいなぁ。
家でフル編成で走らせることはないし、車両が生き生きしているように感じられます。

イメージ 5


タンクの貨物が佇んでいる感じが好きだったりします。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


ヨーロッパの鉄道模型の世界は本当に情報が少なくて、
いろいろ話しているうちにあっという間に時間は過ぎていきました。

イメージ 9


とても楽しい一日でした♫

この記事に

一時期は毎月のように海外に出掛けていたのに、職種の変更による研修と転勤、子供の出産などが重なり…
最近になってやっとある程度自由がきくようになってきたので、約一年半振りに海外に行ってきました(^^)v
ドイツに行きたい!模型店巡りしたい!という意見はあっさりと却下され、フランスを周遊することになりました。三年連続のフランスです。

イメージ 1

パリに到着してすぐ、どうしても見たい列車があるから10分だけ時間ちょうだいとお願いしてリヨン駅へ。

イメージ 2

そう!パリとベネチアを結ぶ夜行列車thelloである。TGVそっちのけで写真を撮る私と早く観光行こうと言う妻の影。笑

イメージ 3

やっぱり客車はカッコイイ!

イメージ 4

イメージ 5

意外だったのがかなりの乗客が乗っていたこと。LCCが発達した現代でも客車の夜行列車に活気があるのはとても嬉しいことである。

イメージ 6

食堂車や、

イメージ 7

イタリアの客車も連結されカラフルで大変魅力的な編成となっている。

本当に短い時間だったけど、この目でthelloを見ることが出来てよかった。
いつかは乗ってみたいな(*^^)v

この記事に

レイアウト解体

昨日、2年かけて制作したレイアウトを解体した。

イメージ 1


このレイアウトプランを思い付いた時は最高のプランだと思っていたのに、
トンネル部分の多いエンドレスや、
メインにしたかったのによく見えないドーム駅など、
時間が経つにつれ不満な部分が出てきた。

イメージ 2


気に入っていたSバーンの地下駅で最後の撮影タイム。

イメージ 3


この線路は本線と繋がっていて、ICEなども乗り入れていた。

イメージ 4


先日、家電量販店で安くなっていたので思わず購入したミュンヘントラム。

イメージ 5


次作のレイアウトは路面区間を複線にするつもりなので、トラムもあと何編成か導入したいな。

イメージ 6


アクリル板の下をパンタグラフを上昇したまま機関車が入線してくるのもかっこよかったな。

イメージ 7


解体するのは少し辛かったけど、より良い次作を制作したいと思う(^^)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事