ここから本文です
晴耕雨読part
老いぼれガンマンの徒然日記

書庫全体表示

マテル/ファンナー

以前も述べたがガン具のオートで一番好きなモデルはミリガバ
ではリボルバーでは…
当然、コルトS.A.A(シングル アクション アーミー)でコルト ピースメーカーの名称で有名ですね
昨年はS.A.Aがマイブームで金属モデルを中心に21挺のコレクションとなった。
そこで今日から不定期ですがS.A.Aのコレクションを紹介しましょう。
洟垂れガキ当時はテレビでは毎日の様に西部劇が放映され大人気でした。
その影響でしょうか第一次ガンブームが起き米国や英国から多くのトイガンが輸入されデパート等で販売されてます。
特に人気のあったモデルはS.A.Aです。
今から50年も前のことですから現在のモデルガンの様な精巧さは全く持ち合わせてはいませんでしたがブリキ鉄砲より知らない当時のガンマニア(ウスタンファン)には金属製でズッシリ重いS.A.Aモドキは熱狂的に受入れられました。
ただこれらのトイガンは高額でおいそれと買える代物ではありませんでした。
写真のファンナーは2挺目で1964/4(高一)に@1,400で購入してます。
最初のファンナーは1961/4(中一)に父親から買って貰いました。
価格は@1,800でした。
本当は実物に似ているマテル製シューティング シェル45(マテル45)が欲しかったのですが@2,500と高額のためにファンナーで我慢をしました。
私にとってはマテル製ファンナーは初めての本格的なガン具でモデルガン収集の原点です。 
このモデルはコイルスプリング入りの金属製空カートにプラのペレット弾差し込み飛ばすことが出来ます。
またカート底に平玉火薬を貼り付ければ発火音を楽しむことが出来たので一挺で二度美味しいモデルです。 
マテル/ファンナー
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 1イメージ 2
 



















1964/4 @1,400 発火モデル
イメージ 3イメージ 4
     エジェクターはモールド    グリップはスタッグホーンタイプ
グリップ内の穴にペレット弾を入れ空カートを差し込んで実弾?を作る。
フレームは貼り合わせの最中タイプ。
シリンダーは外部がプラ、内部が金属の二層式で薬室の障壁が取り除かれている。
シリンダー外部の凸部と内部の凹部でシリンダー全体を固定してます。
作動を繰り返すうち、凸がすり減りシリンダー内外部が空回りして壊れるのがこのモデルの欠点でした。
イメージ 5イメージ 6
マテル社のロゴマーク         作動方式はダブルアクションのみ

  • アバター

    こんちはっす!

    こ、これはぁ・・・我輩が最近になって購入したモデルガン・リターンズに掲載されていた相棒!!
    確か大卒初任給の××%の価格とか・・・スッゲ〜っすぅ!

    AUTOMAG=CLINT1

    2010/9/14(火) 午後 5:34

  • AUTOMAG=CLINT1さん、おばんでやんす。
    中学当時のお小遣いが@500/月でしたのでトイガンは超高額だと思います。
    デパートの玩具売り場には米国のマテル社、ニコルス社、ハブレー社また英国のロンスター社のトイガンが多く展示され夢の様な世界でした。
    また多くの見物客で黒山の人だかりでした。
    父親からファンナーを買って貰った時は見物客の注目を浴び誇らしかったです。(笑い
    近日、その当時のトイガンのカタログを更新しますね!

    老いぼれガンマン・忠吉

    2010/9/14(火) 午後 7:04

  • 顔アイコン

    こんにちわはじめまして♪

    これは懐かしいSAAですね。
    子供の頃は西部劇全盛時代でしたので小生もこれと同じピストルで遊んでました。
    カート内にコイルスプリング入っていて飛ばすのでリアルなんですね。
    今のBBには程距離的には勝てませんですね。
    やはり昔はモデルガンほしかったですが小遣いでは買えませんでしたしたね。
    あとウィチェスターもどきでやはりカート式の弾こめて巻き紙火薬装着して音と共に弾が飛び出るもので遊んでました。
    おもちゃのピストルは様々な種類40挺ぐらい持ってましたが処分してしまい今や懐かしい思い出です。
    S45年の第一次銃刀法規制で銃身も塞がれ黄色か白色に施さなければ所有できなくなった時は嘆かわしかったです。

    [ - ]

    2010/9/15(水) 午前 11:11

  • ガンコレさん、こんにちは。
    はじめまして。
    たまにガンコレさんのブログを訪問してます。
    これからもよろしくお願いします。
    このモデルをリアルで体験されているとは私と同年代でしょうか!?
    過去には自分もこの他にマテル製ウィチェスターやトミーガン、スナップノーズ、ニコルス社製、ハブレー社製等と多くのトイガンをコレクションしてましたが親戚の子供に上げてます。
    現在、所有しているのはファンナー他数点です。
    今になって処分したのが悔やまれます。(涙…
    参考までに過去のブログにペッパーボックスや海賊銃のトイガンは載ってます。
    忘れてました…(冷汗…
    ファン登録ありがとうございます

    老いぼれガンマン・忠吉

    2010/9/15(水) 午前 11:34

  • アバター

    ニコルスの一番安いデリンジャー持っていました。平ダマ火薬を使っていましたが、銀ダマ鉄砲よりも飛びませんでした。

    [ 貧乏兼業大家 ]

    2010/9/16(木) 午後 8:29

  • 貧乏兼業大家さん、おはようございます。
    素敵なモデルを持ってましたね!
    今のエアガンとは比較がならないほど威力は弱いのですが当時は発火が出来て弾が飛び出るのは新鮮でした。

    老いぼれガンマン・忠吉

    2010/9/17(金) 午前 7:31

  • 顔アイコン

    はじめまして、ホリリンと申します。
    突然ですが、前々から気になっていたこと、『ファンナー45』の右グリップの穴がなぜ空いているのか不明だったのですが、上の記事のおかげで積年の疑問がバギューンと撃ち砕かれました。
    「グリップ内の穴にペレット弾を入れ空カートを差し込んで実弾を作る」
    これは、マテル社の説明書に書いてあったのでしょうか、それとも、何かほかの記事でしょうか? 正確な出典をお分かりになる範囲で教えてください。おそらくマテルの天才ジャック・ライアンのアイデアでしょうけど…
    初手からお尋ねで恐縮ですが、よろしくご教示ください。 右急ぎ ホリリン拝

    [ hor*l*n8* ]

    2017/4/16(日) 午後 2:22

  • 顔アイコン

    再び、ホリリンです。
    要領を得ず、末尾のサインが「hor*l*n8*(horilyn88)」なぞとなっていて、失礼いたしました。
    「堀・燐太郎」と申します。
    「おもちゃ探偵・物集修(もずめ・おさむ)」が活躍する本格推理小説を書いています。

    https://www.amazon.co.jp/gp/product/4939138739/ref=ox_sc_sfl_title_11?ie=UTF8&psc=1&smid=A3DZ39O24VV6J2

    突然の謎解きのお願いでしたが、あらためましてよろしくお願いいたします。右急ぎ 駈け出しの推理作家拝

    [ hor*l*n8* ]

    2017/4/16(日) 午後 4:16

  • ホリリンさん、初めまして。
    ご質問の件ですが…
    私が本モデルの1stを入手したのが1961/4で中学一年生でした。
    当時の記憶が正しければ確かマテルファンナーの段ボール製外箱裏か内側に英語の図解入り取説と的が印刷されていたと思います。
    英語の説明は理解出来ませんでしたが図解で使用方法を知りました。
    拙いブログですがこれからも宜しくお願いします。

    老いぼれガンマン・忠吉

    2017/4/16(日) 午後 8:31

  • 顔アイコン

    矍鑠ガンマン・忠吉様

    早速のお返事、どうもありがとうございます。感謝、感激、雨霰です。
    「段ボール製外箱に英語の図解入り取説」が印刷してあったのですねえ!
    ここで、もうひとつ、疑問が生じました。「取説と的」の「的」とは何ですか?
    くどいようですが、再度、ご教示ください。
    1961/4、ボクは小学三年生でした。近所のデパート8F、玩具売場ショーウィンドウのなかで燦然と輝いていたマテルファンナー45は欲しかったのですが、買ってもらえませんでした。というより「おねだり」するという知恵も働かないボーッとした子どもでした。その当時からあまり成長しておりませんから、いまもボーッと幼児性が脱けません。
    こんな調子の昔日少年ですが、あらためましてよろしくお願いいたします。 草々
    ホリリン拝

    [ hor*l*n8* ]

    2017/4/16(日) 午後 10:05

  • 顔アイコン

    それにしても当時のボクがノドから両手を出しても欲しかったのはバックルにデリンジャーの凝った彫刻を施したとてもお洒落なマテルの革ベルトでした。
    忠吉さんには釈迦に説法ですが、「それを腰に巻いていて、おなかに力をいれると、目の前の相手はボクが丸腰だと油断しているから、一撃で倒すことができる」という西部劇好きの店員さんの説明でした。
    「飾りバックル」ではなく「仕掛けバックル」だったのですねえ。
    あれ、ほんとうに欲しかったなあ。やれやれ…
    ホリリン拝

    [ hor*l*n8* ]

    2017/4/16(日) 午後 10:08

  • ホリリンさん、おはようございます。
    的の件ですが…
    バッファローが描かれた的ではなかったかと思いますが…
    記憶が不鮮明のためこれが正しいかはわかりません。
    バックルガンについては下記で紹介してます。
    https://blogs.yahoo.co.jp/i_hide_tomo_3527/19312084.html
    当時は海外から多種類のトイガンがデパートのショーウインドウを飾り欲しいトイガンが多数ありました。

    老いぼれガンマン・忠吉

    2017/4/17(月) 午前 8:25

  • 顔アイコン

    忠吉さん、おはようございます。
    早速のお答え、再び、ありがとうございました。

    ベースがあるSASEBOの港町で生まれ育ったので、物心ついたときには周囲には普通に外人達が町を歩いていて、その環境故か洋画の封切りも全国に先駆けて早く、繁華街のデパートやおもちゃ屋にも多くのジョークトイやアメリカ製のおもちゃが陳列してありました。
    また分からないことがありましたら、ご教示ください。 右急ぎ。ホリリン拝

    [ hor*l*n8* ]

    2017/4/17(月) 午前 11:14

  • 顔アイコン

    ガンマン忠さん、おはようございます。
    三度、ホリリンです。
    マテル製ファンナー、ebayアップの説明写真、商品同梱されていた「取扱説明書」を見つけました。忠さんが仰ったように右ページ右下に「的」の説明「バッファローが描かれた的」があり、右ページ左上にグリップの穴が「LOADER」「装填装置」と図示してあります。
    左ページ左上には「シューティング・シェル」の装填の仕方、つまり、グリップ穴「ローダー」の使用法、詳細説明が書いてあるようです。

    http://www.ebay.com/itm/Mattel-SHOOTIN-SHELL-FANNER-HOLSTER-Org-BOX-Shells-Tips-toy-cap-gun-/222469836874?hash=item33cc3c504a:g:bKQAAOSwTglYmizH

    忠さんは、幼時、この説明書をご覧になったのではないですか? 右急ぎ。 ホリリン拝

    [ hor*l*n8* ]

    2017/4/19(水) 午前 7:11

  • ホリリンさん、おはようございます。
    珍しい情報、ありがとうございます。
    当時、この取説が同梱されていたかは全く記憶がありません。
    ただ、今回のオクの商品説明写真の外箱とは異なり表蓋のないケースにファンナーが収納されていたと記憶してますが…

    老いぼれガンマン・忠吉

    2017/4/19(水) 午前 7:47

  • 顔アイコン

    初めてお邪魔します。懐かしのマテル社Fannerの写真みて昔の少年時代を思い出しました。昭和36年(小学6年生)に同級生の親友が親にFanner+ホルスター+ウインチェスターを買ってもらい、手にとって見たり試し撃ちしたり、羨ましくて、たまらなくほしくなり、お年玉や小遣いを必死で貯め、その時街で唯一の玩具を売ってる商店に一丁だけ在庫があったマテル社スナップノーズを購入しました。値段は1200円か1800円だった。手に100円札、10円札、1円札の札束(笑)を握りしめて買った時の興奮と嬉しさが 60年後の今、新鮮に蘇ってきました。薬莢の後部に貼る紙火薬は発火後に剥がし難く、プラ弾頭はBB弾のように打ちっ放しには出来ず撃った先を追って紛失しないように神経を使ったものです。

    [ toshi ]

    2019/7/24(水) 午前 3:26

  • こんにちは。
    返事が遅れて申し訳ありません。
    この当時は第一次ガンブームでTVでは❝幌馬車隊❞、❝ローンレンジャー❞、❝ボナンザ❞等々多くの西部劇が放映されておりました。
    当然、これらを観るときはこれを握りしめて主人公になり切っていました。
    この当時、弟はマテルのスナップノーズを買って貰ってます。
    価格が@1,800だと記憶してます。

    老いぼれガンマン・忠吉

    2019/7/30(火) 午前 7:37

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事